Event is FINISHED

Futurist meetup 〜バイオとITが考えるSFを超えた未来〜 第1回『腸内細菌叢データとAIで、私たちの生活は変わるか?』

Description

テレビや雑誌でも頻繁に取り上げられる腸内細菌。

漫画「もやしもん」に登場したり、少女漫画雑誌『なかよし』ではイケメン腸内細菌をモチーフにした「はたらく細菌」が連載されるなど、身近な存在になってきました。

また2年ほど前より、腸内細菌の検査サービスが日本でも発売され、健康との関連が注目されています。


しかし、腸内細菌と体調や病気との因果関係は、現時点では十分に明らかになっているとは言えません。


腸内細菌と健康との関連を明らかにするためには、腸内細菌のDNA解析・食事/運動/睡眠習慣のデータを数千人規模かつ時系列で解析することと、

マウス等ではなく人を対象として、腸内細菌叢を変化させたときの体質や疾患の影響を調査する必要があります。


では、この大量のデータからの疾患予測にAIはどう活用できるのか?

また、疾患以外に腸内細菌のデータを使ってどんなサービスが提供できるか?


バイオ側・IT側それぞれの話題提供をきっかけに、SFを超えた未来のサービスを考えるワークショップを開催します。


【プレゼンター】

<バイオ> 橋本遥 / Haruka Hashimoto

DG Lab Biotech事業開発。合成生物クラスタで、金属イオンをリサイクルできる遺伝子組み換え酵母を開発。人体と生命分子の美しさが好き。最近の興味は、ゲノム編集を用いた事業がいかに反発なく実用化されるか。

京都大学大学院 農学研究科 応用生命科学専攻 M.A.


AI 秋吉信吾 / Shingo Akiyoshi

DG Lab AIエンジニア。メインは自然言語処理&Web屋。武器はベイズとグラフ理論と深層学習。密かに興味があるのは、バイオインフォマティクスやBMIなど、生体+工学。16年くらい前に、NapsterクローンのOpenNap開発に携わる。

大阪電気通信大学 コンピューターサイエンス専攻 M.A.


【こんな方におすすめ】

・バイオインフォマティシャン、wet 研究者、医師/栄養士

AIエンジニア、web/app 起業家

・バイオ×ITの未来を信じるすべての人


【開催概要】

日時:2018221日(水) 19時~21

場所:デジタルゲートビル 9階(東京都渋谷区恵比寿南3-5-7https://goo.gl/maps/Xuxqo4o6Sfy

定員:20 (予定)

参加費:無料

申込:このpeatixよりお申し込みください


【プログラム】

19:00~ オープニング・参加者自己紹介

19:20~ バイオ側『腸内細菌データの使いみちは? ~医療、食、what else?~』

19:35~ IT側『AIはバイオの研究・事業化にどう活用すればいいのか?』

19:50~ ワークショップ『腸内細菌叢データを使って提供できる新たなサービスとは?』

20:10~ 発表

20:30~ 懇親会

21:00  終了

内容は変更の可能性があります。ご了承ください。


【次回予告】

日時:201837日(水) 19時~21

テーマ:仮想通貨と健康データ ※変更の場合はご了承ください

Wed Feb 21, 2018
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Digital Garage
Tickets
一般 FULL
仮申込み(増席orキャンセルの際にご参加可能。2/19までに事務局よりご連絡します) FULL
Venue Address
DG Bldg., 3-5-7 Ebisu Minami, Shibuya-ku, Tokyo 150-0022, Japan Japan
Organizer
DG Lab Bio
494 Followers