Event is FINISHED

コーヒー教室『上級編』

Description

★「Peatixを見てきた」と言う方は500円OFF!★

KitchHikeの決済画面で、こちらをご入力くださいね。
クーポンコード:peatix500  ※1人1回まで利用可能



芳村 賢士朗(よしむら けんしろう)
自家焙煎コーヒー豆屋『ちばらき珈琲』代表
茨城県(守谷市)千葉県(柏市流山市)を中心に『ちばらき珈琲』という自家焙煎コーヒー豆屋さんを営んでおります。お店はありませんが、スーパーやショップの店頭・モデルハウスなどをお借りして営業しております。
大学生中に国際協力活動として、ラオスのコーヒー産地にてフェアトレードの現地調査を行ないました。
生産者にとって一番の幸せは、一方的な支援や援助からは生まれず、作ったコーヒー豆が売れて家族皆で生活できる日常にあると気づきました。
そこで私は自らコーヒー豆屋を営むことで、生産者と消費者の間を繋ぐフェアトレードの担い手になることを決意しました。
“コーヒーを飲む人作る人のハッピーを作るコーヒー屋”
を目指し、日々精進しております!!


これはどんな料理?

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第2部『上級編』
2月12日(月・祝)15:00~16:30
〜一つの産地であっても味わいは様々〜

産地によって味わいが様々なのは皆さんご存知かと思います。しかし実は産地の中でも沢山の品種があるので、一概に「この産地はこんな味だよね」とは言えないんです!
お米で“コシヒカリ”“ユメピリカ”と種類があるように、コーヒー豆にも様々な種類があります。
では、その違いがどれだけ味わいとして出るのか飲み比べしてみましょう👨⚕️
①品種による違い
ラオスの農家さんは約3〜5種類の品種を作っています。その中から「ティピカ・カティモール・カトゥアイ」を飲み比べてみましょう!
②村による違い
村によって地質や気候が全然違います。
すると、同じ品種のお豆であっても味わいが変わってきます。その違いを味わってみましょう!
③加工プロセスによる違い
コーヒーチェリー収穫後、生豆にするまでの加工プロセスは主に「水洗式・半水洗式・自然乾燥」の3パターンがあります。
実際の加工状況を写真で見ながら、味わいの違いを体感しましょう!
こちらのセミナーも、なかなかできないレアな体験です✨
ぜひこの機会をお見逃しなく!!

定員:8名
参加費:¥1,500
お土産:
⒈ドリップパック3つ
(ティピカ・カティモール・カトゥアイ)
⒉『ぼくがこんがりこげる前。』
ラオスのコーヒー産地を舞台に、コーヒー豆ができあがるまでのストーリーを描いた絵本。ぜひコーヒーを飲みながら読んでいただきたい!!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


★「Peatixを見てきた」と言う方は500円OFF!★

KitchHikeの決済画面で、こちらをご入力くださいね。
クーポンコード:peatix500  ※1人1回まで利用可能


食べることが好きな人をつなぐ「みん食」コミュニティサイト KitchHike - キッチハイク

公式サイト: https://kitchhike.com/

Facebook: https://www.facebook.com/Kitchhike































Mon Feb 12, 2018
3:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Kenshirouさんの食卓
Venue Address
北柏 Japan
Directions
*住所詳細は、予約完了後に確認できます
Organizer
KitchHike - キッチハイク
997 Followers