Event is FINISHED

はじまりの哲学〜制御する心から、上演する心へ〜 | NIPPON DESIGN CENTER | POLYLOGUE Talk Session

Description
はじまりの哲学〜制御する心から、上演する心へ〜
講師:下西風澄
日程:2018年2月9日│金│18:30〜20:00
場所:株式会社日本デザインセンター13階 ポリローグ

人工知能が登場して、人間そのものは変わるのか、変わらないのか。クリエイティブは変わるのか、どうなるのか。そんな漠然とした疑問に対して「哲学」の目で見ると見えてくるものがある。というわけで、哲学者 下西風澄さんをお招きして、「はじまりの哲学〜制御する心から、上演する心へ〜」と題し、お話を伺います。後半は、意見を交わし合う自由な雰囲気で進めたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

こんな方におすすめです。
・AIと人間の心の違いに、関心がある方
・人間の思考がどう変わっていくのかに、関心がある方
・西洋と東洋、思考の違いに興味がある方

公演概要:「人工知能の歴史は、およそ紀元前450年頃に始まった」と言った哲学者がいる。もちろん、2500年前にコンピュータなどない。しかしこのとき、ギリシアで誕生した哲学者ソクラテスが、人間に「思考の革命」をもたらした。ソクラテスによる思考の革命は、以後二千年以上にわたって西洋の「知」の中心を支え続け、人工知能を創りだすまでに至った。ソクラテスの革命とはなんだったのか?それを理解することは、西洋近代化を経た現代の私たちに染み付いた「思考の慣習」の起源を理解することでもある。この講演では、「哲学」という学問のはじまりに、現在の科学や文化の根底に潜む世界像を見出して、それをいまいちど解体してみることによって、私たちの思考を問い直してみたい。(文=下西風澄)

下西風澄 Shimonishi Kazeto

一九八六年生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学後、哲学を中心に執筆活動を行う。主な論文・執筆に「フッサールの表象概念の多様性と機能」(『現象学年報第三十三号』)、「色彩のゲーテ」(『ちくま』二〇一四年八〜十月号)、「文学のなかの生命」(『みんなのミシマガジン』連載中)、「詩編:風さえ私をよけるのに」(『GATEWAY 2016 01』)など。kazeto.jp

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#313709 2018-02-05 01:52:00
Fri Feb 9, 2018
6:30 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
日本デザインセンター13F ポリローグ
Tickets
一般席 FULL
Venue Address
東京都中央区銀座4-9-13 銀座4丁目ビル13F Japan
Organizer
POLYLOGUE | NIPPON DESIGN CENTER
108 Followers