Event is FINISHED

山崎亮のトークLIVE&交流会 ~もし僕たちがゼロから”理想のまち”をつくるとしたら?

Description
2月24日開催のトークLIVEは、絶対見逃せないスペシャル企画!
コミュニティデザイナー山崎亮氏と哲学者の内山節氏が「もしも、僕たちがゼロから理想のまちをつくるなら?」をテーマに、
超妄想トークを繰り広げます!

こんな仕組みの学校や公園を作りたい!こんな機能を持った住宅街を作りたい!商店街はタワマンはつくります?など、
二人が実現したいアイデアや理想のイメージを語り合いながら、誰も見たことのない”未来のまち”を、会場に設置した真っ白いキャンパスにデザインしていきます。

一体、どんなコンセプトの「まち」ができあがるのか?
どんな機能や価値観を持った「まち」をデザインするのか?
その「まち」の住民は、どんな風に働き、どんな暮らしを送るのか?

これからの社会が目指すべき姿や、誰もが幸せに暮らせる地域のあり方を、
常識や色んなしがらみを取り払ってゼロベースから考えていこうというものです。

山崎亮と内山節の「創造+対話+思考」のプロセスも可視化できる2時間のドキュメンタリーLIVE。

終了後には、会場に料理と飲み物をご用意して、盛大な交流会も開催します。
全国各地で地域づくりや課題解決に取り組むプレイヤーたちも多数参加予定です。

学生から社会人、どなたでもご参加できます。至福の時間を共有しましょう!


<登壇者プロフィール>
◆山崎亮/コミュニティデザイナー
studio-L代表、東北芸術工科大学教授(コミュニティデザイン学科長)。主な著書に『コミュニティデザイン(学芸出版社)』『ソーシャルデザイン・アトラス(鹿島出版会)』『コミュニティデザインの時代(中公新書)』『まちの幸福論(NHK出版)』など。
NTTぷらら運営のオンラインサロン「山崎亮の地域創生部」の部長を務める。

◆内山節/哲学者
1950年東京都生まれ。NPO法人「森づくりフォーラム」代表理事。群馬県上野村と東京との二拠点生活を送りながら、ローカリズムの重要性やこれからの地域、共同体のあり方について思考を重ねる。志と価値観を共有する経済社会「半市場経済」を提唱。人間にとって豊かさを追求している。著書『内山節のローカリズム言論 新しい共同体をデザインする』『新・幸福論~「近現代」の次に来るもの』など。

(日程)2018年2月24日土曜日

17時00分 開場・受付
17時30分 イベント開始(地域創生部の活動紹介など)
18時00分 ロング対談「山崎亮×内山節」(120分)
20時00分 交流会(料理+飲み物つき)
22時00分 終了

(定員)50名(完全予約制・先着)
(費用)5000円(交流会の飲食費込)

(会場)「OMOTESANDO stories」(表参道ストーリーズ)
     東京都港区南青山5-25-1「表参道」駅徒歩1分
    https://www.omotesandostories.com/spaces

(主催)NTTぷらら「部活DO!山崎亮の地域創生部」
    https://bukatsu.hikaritv.net/#/discover/14

(担当)地域創生部スタッフ・貝本正紀
    info@daisen.amalate.co.jp

Updates
  • 会場住所 は 東京都港区南青山5-1-25 に変更されました。 Orig#313160 2018-02-02 05:56:24
Sat Feb 24, 2018
5:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
OMOTESANDO stories
Tickets
参加券 SOLD OUT ¥5,000
Venue Address
東京都港区南青山5-1-25 Japan
Organizer
山崎亮の地域創生部
483 Followers