レジリエンスプラクティス勉強会(講演会) #3

Description

テーマ:「ストレスVS.レジリエンス」



第1部:特別講演「ストレスチェックをしてみたものの・・・?」


「世界一簡単!ストレスと上手につき合う方法」の堀北祐司氏から

こんな方へ直球メッセージ

・ストレスチェック義務化は導入したが日常のストレス対応に苦慮している方
打たれ弱くストレスが溜まりがちな方
ストレスが溜まりがちな部下を持つ方

NHKスペシャルも認めた「ストレス対応メソッド」を紹介します




2部:レジリエンスディスカッション  

「堀北祐司×レジリエンス」

うつ病復帰後16年再発なしの「堀北祐司」の心を解剖する。

【現在のレジリエンスを体現している心】

     VS

【過去のウツ病になったお客様相談室時代の心】


を比較し、なぜレジリエンスを手に入れたのかを解説します。



10,000件のクレーム対応」⇒「うつ」⇒「カムバック」⇒「人気講師」


まさに壮絶な「レジリエントライフ」を経験した「ミスター・ストレス」の「レジリエンス要因」は何か。レジリエンスプロデューサー堀沢紳が探る、堀北祐司氏を支える「レジリエンス力」と「強み」とは?


「堀北祐司氏、驚きのレジリエンスバランスチェック!!」



こんにちは、堀北です。
ストレスについて、
どうやって対応するのか。
どう うまく付き合うか。
クレーム対応をし始めてから
僕は年がら年中、そんなことを考えています。


仮にストレスが来た!?という
ときに行うこと。
あるいは、その前に行うこと。


最近のお気に入りは、


【大木を抱くというもの】


これイイですよ♪
実はこれ、ある有名な経営者がやっていたことなんです。案外、意外な人がやっているんですよね。
この大木を抱くという技
正確には、離島に行きエネルギーチャージをするというもの。
どの木を抱いているのかは、わかりませんが・・・


これをやっていた【有名社長】はだれでしょう?
そんなお話
いたします。






堀北 祐司(ほりきた ゆうじ)


クレーム対応アドバイザー・ストレスマネジメント研究家



■経歴 大手家電メーカーのエンジニアとしてスタートするも、出来が悪く、突然、お客さま相談室に異動。お客さま相談室にて、 1年目より責任者として抜擢される。クレームを嫌がる同僚が2~3年で退職する中、10数年勤務し、通常1つの製品の窓口のみを 担当するところを、汎用性のあるクレーム対応のノウハウを身につけていたため、5つ以上の製品窓口責任者となり、 約10,000件以上のクレーム対応に関わる。開発部門から突然の異動のため、お客さま相談室の存在意義について常に考えていた。 クレーム対応をし終えるだけでなく 商品への改善提案を果敢に挑戦し意義を見出した。その成果として、800人超の相談員の中から 「改善提案コンテスト」にて全国1位となり表彰される。 途中、ハードなクレーム等に悩み、うつ病と診断されるも仲間の助けもあり克服した経験を持つ。 独自に考案した300超のエクササイズで、14年以上、うつ病の再発には至っていない。 現在は、独自メソッドが注目され NHK スペシャル 「キラーストレス」に出演するなど、話題の研修講師として活躍中。出演したテレビ番組は、大きな反響を 呼び、書籍化された。著書に、世界一簡単!「ストレス」と上手につき合う方法(三笠書房)がある。雑誌「家主と地主」連載中。


■得意分野 クレーム対応。ストレス対応。クレーム対応から学ぶ、苦手な人の取扱説明書。 職場コミュニケーション。




堀北祐司著
「世界一簡単!ストレスと上手につき合う方法」



要 旨
多くの人がストレスを「なくす」ことを考えるところ、「上手に付き合う」という考え方が新鮮 です。 また、ストレスとの付き合い方の実例が63も紹介されてるので、誰でもいくつかは 自分にあうものが見つかると思います。 「さぁ、盛り上がってきたね」と口 に出してみる方法や、「いやな気分は退散させる」のページで紹介されている「炭酸水を 飲む」方法、「見えないモノを大切にする」のページで紹介されている「神社に参拝する 」方法などなど。 とにかく「楽しみながら試してみる」のがコツです。



堀沢 紳プロフィール

レジリエンスプロデューサー

一般社団法人レジリエンスコンサルタント協会 代表理事

ドンウォリ合同会社 代表


1952年東京生れ。横浜市立大学卒


1975電通に入社。クリエイティブ職として様々な企業の事業戦略・広告戦略に携わるも30歳前半で限界を感じ営業部へ移動。営業人生25年間で世界的メーカーの担当として業績を拡大、グローバルアカウントマネジメント局の局長として最大120人のチームに育てる。


40年間の会社員生活の終焉が見えたころ、メンタルヘルス・マネジメントやポジティブ心理学を学ぶ中で「レジリエンス」と出会い、生涯かけて取り組むテーマに位置づけ、「人生の後半戦こそ人は輝くべきだ」と起業を決意。


2015年「こころと仕事のポジティブサポート」を理念にドンウォリ(Don’t Worry!)合同会社を設立。2016年より「ストレスは心のウイルス。レジリエンスは心の免疫力。」をキャッチフレーズに、あらゆる人生のネガティブライフイベントを前向きに受け止められる「意味付け論」を説く「レジリエンスプロデューサー」として活動開始。


20176月一般社団法人レジリエンスコンサルタント協会を設立、「レジリエンス」の普及のため「レジリエンスコンサルタント🄬養成(認定)」事業に着手。また、各種セミナーやブログで、「ストレスvs.レジリエンス」「メンタルの底力」「メンタルを落とさないレジリエントシンキング」「攻めのメンタル。守りのメンタル。」といった独自のメッセージを発信している。趣味はフットサルと女子プロゴルフ観戦。


キャリアコンサルタント (国家資格)

産業カウンセラー

レジリエンスコンサルタント🄬

認定レジリエンス・トレーニング講師

日本ポジティブ心理学協会会員 

日本産業カウンセラー協会会員

健康管理士一般指導員 

天風会会友


イベント案内

イベント名:第3回レジリエンスプラクティス勉強会(講演会)~「ストレスVS.レジリエンス」

日時:3月19日(月)19:00-21:30

場所:アクアショウルーム 東京都中央区築地2-26-11築地MKビル1F

参加費:3,000円(税込み)*現地払い可

主催:ドンウォリ合同会社

問合せ:info@dontworry.co.jp











Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#316678 2018-02-16 05:50:15
More updates
Mon Mar 19, 2018
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
アクアショウルーム
Tickets
自由席 ¥3,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Mar 18, 2018.

Venue Address
東京都中央区築地2-26-11築地MKビル1F Japan
Organizer
レジリエンスプラクティス勉強会
9 Followers