Event is FINISHED

ビジネスに応用出来る演劇ワークショップー挑戦ー

Description

■ 演劇を学ぶことの重要性とメリット

近年、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学など、世界の一流ビジネススクールにおいて“improvisation(インプロビゼーション)”が重要視されています。

「インプロビゼーション」とは、「即興」を意味しており、日本では通常インプロと略されます。

クリエイティブな問題解決が求められるビジネスシーンでは、このインプロが非常に効果的です。 (参考;Learning the Art of Business improvisation→ https://sloanreview.mit.edu/article/learning-the-art-of-business-improvisation/

また、インプロに限らず「演劇を学ぶ」ことには多くのメリットがあります。 例えば、ストーリー構築力、対話能力プロジェクト管理能力の向上が挙げられます。


■ 演劇とは生きるトレーニング

前述のとおり、演劇は様々な利益を私たちに与えてくれます。

そこで今回Theater Innovation Lab.(TIL)では「演劇」を通して、ビジネスでも通用する表現力を磨くことに挑戦していきます。

本イベントの中では、皆さんが良く知っている物語を使って演じてもらい、終了後に

「自分てこんな表現ができるのか」

「こうしたら、相手に、他者に伝わるんだ。」

など、演技について振り返ります。

つまり、次に活かすにはどうすればよいかということを頭と体を使って行動し、自由に議論して頂きます。

ぜひ、この機会に演劇の世界にも触れてみてください。


「ビジネスに応用出来る演劇ワークショップ」

【開催概要】

・日時:2月3日(土) 13:30~16:00[受付13:15]

・場所:元住吉(詳細は参加者に直接ご連絡致します)

・参加費:当日支払い 1,200円

・特別枠:ライター・カメラマン 無料(先着各1名)

・定員:10名 (最低履行人数:6名)

(※他のサイトでも募集しています。定員になり次第締め切りとなりますので、お早めにお申し込みください。)

※特別枠について

イベントの記事を書いてくださるライターとカメラマンを募集しています。経験者の方はもちろん、「撮影するのが好き」「書きたい意欲」のある未経験の方も大歓迎です!

▼こんなことが学べます!

・瞬発力と対話能力が鍛えられる

・演出(他者の意見)をつまり、人の話を瞬間的に聞け、実行する力の育成。

・振り返りで日常生活にどう応用できるか。

・瞬発力、修正能力、自己表現能力、空間把握能力、対話力向上などなど。


【当日予定のプログラム】 2時間

1. 「はじめに」

・TILについて

・アイスブレイク

2.「ビジネスの現場で活用できる表現力を磨く」

①虫食い台本をお渡しして、話し合いと練習。

②発表

③総評

3.「終わりのあいさつ」

・次回開催アナウンスなど

▼こんな方におすすめです!

・創造的な学びを得たい方

・様々な業種の人や社外での交流を通し、気付きを得たい方

・視野を広げ、新しいことや次のステップに挑戦したい方

◎講師紹介 SAWADEE・YOKOHAMA(サワディー・ヨコハマ)/Stage Director

横浜市出身。 大学時代演劇研究会に所属し、スタッフとして劇団立ち上げに参加。その後、シアターグリーン学生演劇祭にて主演として初舞台を踏み、佳作受賞に貢献。

一度、演劇の世界から離れ、数学の塾講師として働いていたが、演劇の情熱は冷めずに、某俳優養成所に入学。

現在は、ビジネスに活用できる演劇ワークショップに興味を持ち、情熱を捧げている真っ最中。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#311643 2018-01-27 13:08:41
More updates
Sat Feb 3, 2018
1:30 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
川崎市 国際交流センター
Tickets
当日払い(1200円) FULL
ライター枠 FULL
カメラマン枠 FULL
Venue Address
日本、〒211-0033 神奈川県川崎市中原区木月祗園町2−2 Japan
Organizer
Theater Innovation Laboratory
14 Followers
Attendees
7