Event is FINISHED

松井剛×嶋浩一郎「世界を動かす『社会記号』」『欲望する「ことば」』(集英社)刊行記念

Description
一橋大学教授・松井剛さんと、B&Bの経営にも携わる博報堂ケトル・嶋浩一郎の新刊『欲望する「ことば」』が昨年12月に発売されました。

ある日生まれ、いつの間にか社会に定着したことば。例えば、「インスタ映え」「加齢臭」「女子力」「草食系男子」「おひとりさま」「イクメン」「美魔女」「スーパーフード」「下流社会」「リア充」「公園デビュー」「ブラック企業」「自撮り」「終活」等を、著者は「社会記号」と呼んでいます。

「社会記号」は、私たちの思考や生活様式を変え、市場にも大きな影響を及ぼします。なぜ、人は新しいことばを求めるのでしょうか。ことばは、私たちの言語化できない欲望をどのように言い当てるのでしょうか。メディアはそこでどんな役割を担うのでしょうか。

消費者行動論の研究者である松井さんと、PR業界の嶋が、社会記号の誕生プロセスを検証しながら、その成立条件や社会的要請など、多角的に考察。知っているようで知らない、ことばのダイナミクスを解き明かした一冊です。

今回、同書の刊行を記念して、刊行イベントを開催します。

出演者は、著者の松井剛さんと、嶋浩一郎。

本の中だけでは語りきれなかった事例や、社会記号が生まれるプロセス、社会記号の持つ力と意味など、たっぷりと語っていただく予定です。

マーケティングの担当者や、研究者はもちろん、ビジネスに関わるすべての人必見の内容です。

お楽しみに!

【出演者プロフィール】
松井剛(まつい・たけし)

一橋大学商学研究科教授。1972年生まれ。博士(商学)。専門はマーケティング、消費者行動論、文化社会学など。著者に『ことばとマーケティング――「癒し」ブームの消費社会史』、共著に『「学問」はこんなにおもしろい! 』、共編著に『1からの消費者行動』など。

嶋浩一郎(しま・こういちろう)


編集者・クリエイティブティレクター/博報堂ケトル代表取締役社長・共同CEO。1968年生まれ。1993年上智大学法学部法律学科卒業。1993年博 報堂入社。企業のPR活動・情報戦略に携わる。01年朝日新聞社に出向。スターバックスコーヒーなどで販売された若者向け新聞「SEVEN」編集ディレクター。02年から04年に『広告』(博報堂)編集長を務める。02年「本屋大賞」を企画。06年「博報堂ケトル」を設立。2012年、内沼晋太郎氏との共同事業として、本屋「B&B」を東京下北沢に開業。カルチャー誌『ケトル』の編集長、エリアニュースサイト「赤坂経済新聞」編集長などメディアコンテンツ制作にも関わる。著書に『嶋浩一郎のアイデアのつくり方』(ディスカヴァー21)、『企画力』(翔泳社)、『このツイートは覚えておかなくちゃ。』(講談社)、『人が動くものが売れる編集術 ブランド「メディア」のつくり方』(誠文堂新光社)、『なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか』(祥伝社新書321) がある。

【出演】
松井剛(一橋大学商学研究科教授)
嶋浩一郎(編集者・クリエイティブティレクター/博報堂ケトル)

【日時】
2018年3月22日(木)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#321239 2018-03-05 13:31:39
Thu Mar 22, 2018
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F Japan
Organizer
本屋B&B
22,567 Followers