Event is FINISHED

【朝渋 Vol.51】著者と語る朝渋『ファンベース: 支持され、愛され、長く売れ続けるために』著者・佐藤尚之さん

Description

渋谷・道玄坂で毎週開催している会員制朝活コミュニティ「朝渋」。
2
8日(木)は特別編『著者と語る朝渋』です。


ゲストにお迎えするのは、
2月5日に発売の『ファンベース: 支持され、愛され、長く売れ続けるために』の著者であり、「さとなおさん」の愛称で呼ばれ、ネット/リアル問わず幅広いファンを獲得してる佐藤 尚之さんです。

当日のトークセッションでは、現在の活動の中心である「コミュニケーション・ディレクター」「コミュニティ作り」などに関して盛り沢山のお話を展開していただきます。


こんな人にオススメ
・コミュニティ作りに興味がある
・ファンを増やすことの大切さを学びたい
・会社に所属することとフリーで働くことの違いが気になる


ファンベース: 支持され、愛され、長く売れ続けるために
http://amzn.asia/6RxDNBM

「著者と語る朝渋」ですので、もちろん皆さんからの質問にもたくさんお答えいただける予定です。木曜日の朝早い時間になりますが、奮ってご参加ください。


▼ゲストプロフィール

佐藤 尚之

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。

独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。

大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。

朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。

「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

花火師免許所持。



▼内容紹介

人口急減やウルトラ高齢化、超成熟市場、情報過多などで、新規顧客獲得がどんどん困難になっているこの時代。

生活者の消費行動を促すためには「ファンベース」が絶対に必要だ。それは、ファンを大切にし、ファンをベースにして中長期的に売上や価値を上げていく考え方であり、その重要性と効果的な運用の方法を、豊富なデータや事例を挙げて具体的に紹介する。

『明日のプランニング』に続く、さとなおの最新マーケティングの必読書。

<目次> はじめに ファンベースは、あなたが思っているより、たぶん、ずっと重要だ

第一章 キャンペーンや単発施策を、一過性で終わらせないために

第二章 ファンベースが必然な3つの理由

ファンベースが必然な3つの理由

(1)ファンは売上の大半を支え、伸ばしてくれるから

(2)時代的・社会的にファンを大切にすることがより重要になってきたから

(3)ファンが新たなファンを作ってくれるから

第三章 ファンの支持を強くする3つのアプローチ~共感・愛着・信頼

「共感」を強くする

A ファンの言葉を傾聴し、フォーカスする

B ファンであることに自信を持ってもらう

C ファンを喜ばせる。新規顧客より優先する

「愛着」を強くする

D 商品にストーリーやドラマを纏わせる

E ファンとの接点を大切にし、改善する

F ファンが参加できる場を増やし、活気づける

「信頼」を強くする

G それは誠実なやり方か、自分に問いかける

H 本業を細部まで見せ、丁寧に紹介する

I 社員の信頼を大切にし「最強のファン」にする

第四章 ファンの支持をより強くするる3つのアップグレード~熱狂・無二・応援

「熱狂」される存在になる

J 大切にしている価値をより前面に出す

K「身内」として扱い、共に価値を上げていく

「無二」の存在になる

L 忘れられない体験や感動を作る

M コアファンと共創する

「応援」される存在になる

N 人間をもっと見せる。等身大の発信を増やす

O ソーシャルグッドを追求する。ファンの役に立つ

第五章「全体」をどう組み合わせ、構築するか

全体構築の3つのパターン

(1)中長期ファンベース施策のみで構築する

(2)短期・単発施策でファンをゼロから作っていくところから始める

(3)ファンベース施策を軸に、短期・単発施策を組み合わせていく

第六章 ファンベースを楽しむ(もしくは実行の際のポイントの整理)


あとがき

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#311100 2018-01-25 10:43:49
More updates
Thu Feb 8, 2018
7:30 AM - 9:00 AM JST
Add to Calendar
Venue
Book Lab Tokyo(ブックラボトーキョー)
Tickets
【早割】参加チケット(ドリンク込) SOLD OUT ¥1,080
【通常】参加チケット(ドリンク込) SOLD OUT ¥1,620
Venue Address
渋谷道玄坂2-10-7 新大宗ビル1号館 2F Japan
Directions
各線渋谷駅から徒歩7分
Organizer
朝渋〜渋谷ではじまる会員制朝活コミュニティ〜
1,321 Followers