イベントは 終了 です

第1回 VTuberハッカソン

詳細
審査員に玉置Pを追加し、会場での貸し出しデバイスを追記しました。(2018年2月16日12時)
*スポンサーのPsychic VR Lab様の提供で、2月22日に無料の3Dスキャン会を実施します。詳細や応募はこちらから。
募集ページで開催日時が2/24 9:00-12:00となっておりますが、正しくは2/24 9:00〜25 21:00になります。


みんなで一緒にバーチャルなキャラクターに命を吹き込んでYouTubeで配信しよう──!

VR系ウェブメディア「PANORA」では、ここ1ヵ月ほどで爆発的に注目を集めるようになったバーチャルYouTuber(VTuber)の最新ニュースを連日のように報じています。

特に印象的だったのが、「バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん」こと「ねこます」さんのインタビュー記事です。「やらなければ、はじまらない...」と可愛いキャラクターを生み出したい一心でイラストやCGの勉強を始め、5年以上も制作を続けてスポットライトが当たったというシンデレラストーリーに感動した方も多いはず。

そんなキャラクターを生み出したい人たちを後押しして、「VRコンテンツをつくるのって面白い!」と気づいてもらうために、PANORAとVR開発者のコミュニティー「SVVR Japan」は、共同で「VTuberハッカソン」を企画しました。

ハッカソンとは、「ハック」と「マラソン」を組み合わせた造語で、いくつかのチームに分かれてメンバーが目的に向かってアイデアを出し合い、実際にその場で開発して短期間でコンテンツをつくるというお祭りになります。

今回のテーマは、CGキャラクターを制作し(または許諾をとって借りて)、1分30秒の番組構成を考えたうえで、動きや声を入れて動画をつくって、YouTubeに投稿するというもの。どんな見た目や性格の3Dアバターに、どんなことをさせたらユーザーの心に突き刺さるキャラクターになるのか。もちろんキャラは人でも動物でもOKですし、性別も問いません。

参加者としては、ハッカソンで多いプログラマーだけでなく、デザイナーや声優、シナリオライター、ビデオエディターなど、幅広いジャンルの方々を求めています。もちろんプロ・アマ関係なし! ここで生まれたキャラクターをブラッシュアップして、そのままVTuberとして活動するもよし。さらに別のVRコンテンツに昇華させるもよし。創作のきっかけとして、ぜひご参加ください。

こんな方に参加して欲しい!
*アマチュアも歓迎
・プログラマー
・VRコンテンツ開発者
・ゲーム開発者
・シナリオライター
・声優
・グラフィックデザイナー
・3Dモデラー
・ハードウェアエンジニア

テーマ
バーチャルキャラクターをつくって(または許諾をとって借りて)、1分30秒の番組構成を考えたうえで、動きや声を入れて動画をつくり、YouTubeに投稿する。
*キャラクターモデルを借りる場合、権利者に事前の許諾が必須となります。またオリジナルキャラのみで、二次創作のキャラクターは参加できません。

開催概要
・開催日時:2018年2月24日(土)09:00 〜 25日(日)21:00
・開催場所:アカツキ オフィス(東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 8階)
・参加費:無料
・募集人数:ハッカソン参加者 52名、試遊会の見学者20名
*試遊会のチケットは売り切れておりますが、見学をご希望の場合、スポンサー枠でご用意できます。文末の運営までお問い合わせください。
*見学者は25日17時からの入場となります。基本的に24日の見学は受け付けておりません。

ルール
・1人以上のチームを編成する
・オリジナルのCGキャラクターをつくるか、二次創作ではないオリジナルキャラモデルの許諾を権利者に取って利用
・何らかの方法でキャラクターを動かす
・キャラクターにセリフを喋らせる
・その様子を1分30秒の動画として編集して、YouTubeに投稿する
・番組内で使用するすべての素材の権利が問題ない状態にする
・公序良俗に反するコンテンツを開発しない

・最優秀賞:1作品
*審査員による審査の結果、最も優秀と認められた作品をひとつ選出します

・各企業賞
第1回VTuberハッカソンでは多くの企業にサポートをお願いする予定です。その企業による審査の結果選ばれた作品に贈られます。企業賞名は決まり次第発表します。

・オーディエンス賞
投稿したYouTubeの動画で、ハッカソン終了から成果物デモ展示イベント前までに再生数が一番多かった作品を表彰します。発表は展示イベント内で行います。

審査基準
・完成度:デモが可能かどうか、成果物をきちんとYouTubeにアップできているか
・VTuber度:VTuberという呼称のイメージに合っているか
・熱狂度:投稿作品が閲覧者の心をくすぐりそうか

会場審査員
近藤 “GOROman” 義仁
株式会社エクシヴィ代表取締役 社長/ゲームプログラマとしてコンシューマタイトル制作に関わり、描画エンジン・アニメーションエンジン等を開発。2012年Oculus Rift DK1に出会い自らVRコンテンツの開発を行いVR普及活動をはじめる。2014年からOculus Japan Teamを立ち上げ、現在はエクシヴィにてVRコンテンツを開発。個人でも”GOROman”として、VRのコンテンツ制作や普及活動を広く行う。代表作は「Mikulus「、「Miku Miku Akushu」などで、キャラクター×VRのコンテンツを数多く手がけている。2016年FaceRig × Live2Dで自ら美少女になってゲーム実況を行う「中の人(二次元)になる方法」を発表。2018年1月にはエクシヴィにてバーチャルキャラクター配信システム「AniCast」サービスを発表した。

にゃるら
ライター、コラムニスト。ブログ「根室記念館」にて「キミは『バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん』を知っているか!?」を取り上げたことにより、ねこます氏のチャンネル登録者数が急増し、世に押し出す原動力となった。現在、「ねとらぼ」と「pixivision」にて連載中。著書に『秋葉原 裏の歩き方』(彩図社)がある。

玉置 絢(たまおき じゅん)
バンダイナムコエンターテイメント CS事業部 「サマーレッスン」プロデューサー/ディレクター。VRキャラクター体験コンテンツの定番作「サマーレッスン」の試作デモから製品版まで全てのキャラクターの体験設計・演出を担当。2015年の東京ゲームショウでは、「モーションキャプチャーをリアルタイムに利用して、サマーレッスンのキャラクターと会場で生交流できる」ステージを実現するも、バーチャルYouTuberまでは思いつかず……おしい! あ、2月22日にディスク版「サマーレッスン」の新商品と、「メガネ&日焼け」をキャラにセットできる新アイテムが出ます(ダイマ)。


バーチャル審査員
YouTubeに投稿された動画を後日遠隔で見て、1作品を選んで寸評をいただきます。審査結果はオーディエンス賞とともに、PANORAのサイトにて発表します。

シロさん





輝夜月さん


●開発環境
PCやモーションキャプチャー、VRゴーグル、カメラ、録音などの機材は持ち込み可能です。
*持っていない方向けに、下記の機材を会場で貸し出します。
Perception Neuron:10セット / Noitom Ltd. (モーションキャプチャーデバイス)
e-skin / Xenoma(スーツ型のスマートアパレル)
VIVE:5セット / HTC(VRゴーグル)
VIVEトラッカー:10セット / HTC(モーショントラッカー)
TSUKUMO 開発用PC:5セット / Project White
Xtion 2 / ASUS
オーディオインターフェース TASCAM US-1:2台 / TEAC
マイクロフォン TASCAM TM-80 / TEAC
デスク用マイクスタンド TASCAM TM-AM2 / TEAC
・ヘッドホン Beyerdynamic CUSTOM STREET / TEAC
・ビデオキャプチャー「MonsterX U3.0R」:1台 / SKNET
・ウェブカメラ「C922 PRO STREAM WEBCAM」:3台 / Logicool
AITalkWebAPI / エーアイ(合成音声API)
琴葉茜・葵 / エーアイ(画像・MMDモデル)
るみ / KiLA(MMD・背景モデル)
*ほかバーチャルアーティストの芸能事務所「AVA」所属のLUMiとのコラボを検討中です

●タイムテーブル
1日目
09:00 受付・入場開始
09:30 開会式・ルール説明
10:00 ハッカソン開始・チーム編成。以降開発

2日目
17:00 ハッカソン終了
17:00 審査会プレゼン・試遊会開始
19:00 審査員による審査会議/参加者は懇親会
20:00 試遊会・懇親会終了/審査結果発表
21:00 撤収開始/現状復帰
22:00 完全撤収

●当日のお願い
・Peatixから発行される参加証をご持参ください
・初心者歓迎ですが、開発に必要なハード・ソフトの操作ならびに XRコンテンツ制作に関する知識は自習をお願いします。

●イベントハッシュタグ

●会場設備
・ゲスト用Wi-Fiをご利用いただけます
・電源は譲り合いです
・各自電源タップや延長コードをご用意ください
・会場には就寝設備や仮眠設備はありません
・飲食は可能です。飲み物は予め多めにご持参ください
・未成年の方も参加できるイベントですのでアルコール類は厳禁です
・ニオイが強い飲食物は避けてください
・床やテーブル・イスを汚さないようにしてください
・万が一床にこぼしてしまった場合にはすぐにお声掛けください
・スーツケースで持ち込めないサイズの物品の持込はご遠慮ください。
・会場内は高温・禁煙・火気厳禁です
・発火・発煙する装置類はご利用になれません
・電気ポットは持ち込めません。お湯は当日運営までご相談ください
・防火装置が反応する高温を発する器具やデバイス類もご利用になれません
・もちろんタバコもダメです

●参加条件
・終了後、撤収前に会場の後片付けと清掃を手伝っていただきます
・VR/AR/MRヘッドマウントディスプレイ類を所持していなくても参加可能です
・事前に編成したチームでの参加応募も可能です。参加申込時に代表者名を申請してください
・本イベントは夜間を通して行います。運営の都合上、満18歳以上の方に限定させていただきます
・満18歳以上、満20歳未満の方は、21時に自宅に到着できる時間までに会場を退出、朝は10時前後に会場へ戻るという参加時間の制限を付けさせていただきます。

●審査兼試遊時間について
・審査員が審査していないタイミングで参加者同士がコンテンツを試せる時間です
・審査員による審査を優先していただきます
・成果物の説明などのために必ず一名以上は説明担当として残ってください

●スポンサー
シルバースポンサー



ブロンズスポンサー

*引き続きフード協賛やライセンス協賛、ハードウェア・ソフトウェア協賛を募集致しております。試遊会の見学をご希望の場合、スポンサー枠でご用意できますので、文末の運営までお問い合わせください。


デバイスパートナー(ご提供順)



HTC


KiLA

ASUS




ドリンクスポンサー


取材・見学のお申し込み
社外秘の機器類が多数持ち込まれる可能性が高いイベントですので、イベント運営の都合上、取材や見学の方は事前にお申し込みいただいた方のみとさせていただきます。問い合わせは文末の運営へお願いします。

運営
・主催:PANORA(株式会社パノラプロ)
・共同主催・運営:SVVR Japan 
・会場提供:株式会社アカツキ 

問い合わせ先
event@svvr.jp

追加情報
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#318667 2018-02-23 02:58:54
過去の更新
2018/02/24 (土)
9:00 - 12:00 JST
カレンダーに追加
会場
アカツキ
チケット
ハッカソン参加 満席
見学チケット 受付終了 ¥1,500
会場住所
東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 8階 日本
主催者
PANORA
フォロワー数: 1,271