お金の育て方カレッジSpecial

Description

Fintech(フィンテック)やビットコインなどの仮想通貨などが、昨今ニュースを賑わせていますが、これらの出現によって「お金」が不要になることはありません。

「お金」を取り巻く環境が目まぐるしく変化するなかで、個人における資産運用について、どのように考え、実行していくべきなのか?これからの時代における資産運用のヒントが得られる場をつくりたい、クラウドクレジットはそんな想いで「お金の育て方カレッジ」シリーズを開催しております。


325日(日)は、「お金の育て方カレッジSpecial」と銘打ち、アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)にて、竹中平蔵氏及び山崎元氏をゲストとして迎え、特別な回を開催いたします。


【こんな方におすすめです

・これからの資産運用を考えたい
・資産運用のイマを知りたい
Fintech(フィンテック)と資産運用の関係性を知りたい
・これから本格的に資産形成・資産運用をしていきたい
・新しい投資先を見つけたい


プログラム・タイムテーブル:

・12:30~ 開場 
・13:00~ 開会挨拶
・13:05~ 基調講演①(竹中平蔵氏)
・13:55~ 休憩
・14:05~ クラウドクレジットによるプレゼンテーション
・14:25~ パネルディスカッション①(仮想通貨)
・14:45~ パネルディスカッション②(新しい資産運用)
・15:00~ パネルディスカッション③ (山崎元氏、広木隆氏)
・15:50~ 休憩
・16:00~ マネックスグループによるFinTechの取り組み
・16:20~ パネルディスカッション④(クラウドファンディング) 
・16:50~ 基調講演②(瀧俊雄氏)
・17:50~ 閉会挨拶

上記タイムテーブル及び内容は現在調整中であり、予告なく変更になることがあります。

途中での入退場も可能です。





登壇者

竹中 平蔵(たけなか へいぞう):

一橋大学経済学部卒業後、1973年日本開発銀行入行、1981年に退職後、ハーバード大学客員准教授、慶応義塾大学総合政策学部教授などを務める。2001年、小泉内閣の経済財政政策担当大臣就任を皮切りに金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。2004年参議院議員に当選。2006年9月、参議院議員を辞職し政界を引退。現在、慶応義塾大学名誉教授・東洋大学教授。ほか公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、株式会社パソナグループ取締役会長、オリックス株式会社社外取締役、SBIホールディングス株式会社社外取締役などを兼職。


山崎 元(やまざき はじめ):

東京大学経済学部を卒業後、三菱商事に就職。以後12回の転職(→野村投信→住友生命→住友信託→シュローダー投信→バーラ→メリルリンチ証券→パリバ証券→山一證券→DKA→明治生命→UFJ総研)を経て2005年より楽天証券経済研究所客員研究員を務める。現在、投資と投資教育のサービス・コンサルティング会社であるマイベンチマーク代表取締役を兼任。また株式投資や資産運用を中心に、多数の原稿執筆をこなす。


瀧 俊雄(たき としお):

株式会社マネーフォワード 取締役 マネーフォワード Fintech 研究所長 慶應義塾大学経済学部を卒業後、野村證券入社。野村資本市場研究所にて、家計行動、年金制度、金融機関ビジネスモデル等の研究業務に従事。スタンフォード大学MBA、野村ホールディングスの企画部門を経て、2012年よりマネーフォワードの設立に参画。自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」、ビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」などを展開。経済産業省「産業・金融・IT融合に関する研究会」に参加。金融庁「フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議」メンバー。


杉山 智行(すぎやま ともゆき):


2005年東京大学法学部卒業後大和証券SMBCに入社し、金利、為替の自己勘定取引チームで日本国債への投資業務等に携わる。2008年ロイズTSB銀行東京支社に入行し、資金部長として支店経営陣に対してリテール預金の獲得など日本での事業機会について助言を行う一方、運用子会社の日本における代表及び運用責任者を兼任。20131月にクラウドクレジット株式会社を設立し、投資型クラウドファンディング・サービスを展開。日本の個人投資家と世界の資金需要者がWin/Winの関係を作るサポートを行う。


------------------------------

クラウドクレジット株式会社

第二種金融商品取引業
関東財務局長(金商)2809
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 加入



【ファンドの手数料等およびリスクについて

ご出資いただく際の販売手数料は頂いておりません。
なお、出資金に対して、最大3.00%の運用手数料を運用開始時に(又は運用開始時及び2年度目以降毎年度に)いただきます。また、為替手数料その他の費用をご負担いただく場合があります。為替相場の変動、国の政治的・経済的なカントリーリスクや債務者の債務不履行等により、 元本に欠損が生じるおそれがあります。ファンドの種類ごとに、手数料等およびリスクの内容や性質が異なります。
ご投資にあたっては匿名組合契約書や契約締結前交付書面をよくお読みください。


【セミナーについて】
本案内に記載のセミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行なうことがあります。


■当イベントについて
当イベント「お金の育て方カレッジ」はクラウドクレジットの主要株主であるマネックスベンチャーズ株式会社がスポンサーとなっております。




マネックスグループ概要

マネックスグループ(東証一部上場)は個人向けを中心とするオンライン証券子会社を日本(マネックス証券)・米国(TradeStation証券)・香港(マネックスBOOM証券)に有するグローバルなオンライン金融グループです。社員数約900。世界に12拠点を持ち、全従業員数の約6割を北米が占めます。社名のMONEXは、MONEYYを一歩先のXに換えており、未来の金融、新しい時代におけるお金との付き合い方を、既存の金融機関に任せないで自分たちでデザインして提供していこうという意味が込められています。




クラウドクレジット概要

クラウドクレジットは新興国などのお金の需要がある国と投資需要のある日本の投資家の方をつなぐサービスを展開するフィンテック企業として20131月に設立。これまでに多くの国を投資対象国として展開し、お客様からご投資いただいた金額は累計50億円を突破しております。





Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#316710 2018-02-16 07:05:13
More updates
Sun Mar 25, 2018
1:00 PM - 5:50 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
お金の育て方カレッジSpecial ¥1,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Mar 24, 2018.

Venue Address
東京都港区六本木6丁目10 Japan
Organizer
クラウドクレジット株式会社
768 Followers