藤岡淳一×高口康太×高須正和×山形浩生「中国のものづくりはホンモノなのか?」 『「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ』(インプレスR&D)

Description
昨年11月に、藤岡淳一さんの著書『「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ』が発売されました。

同書は、「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かした一冊です。

そこで、この刊行を記念して、刊行イベントを開催します。出演者は、同書の著者・藤岡淳一さん、『現代中国経営者列伝』 (星海社)の著者・高口康太さん、『メイカーズのエコシステム』(インプレスR&D)の著者・高須正和さんとその解説を担当された山形浩生さん。

中国に関する本や、メイカーズ本の著者が集まり、「中国のものづくり」の最前線について語っていただく予定です。

お楽しみに!

※終演後に、ご希望の方にはサインをいただける予定です

【出演者プロフィール】
藤岡淳一(ふじおか・じゅんいち)

1976年生まれ。株式会社ジェネシスホールデイング代表取締役社長、創世訊聯科技(深セン)有限公司董事總經理。KDDI∞Labo社外アドバイザーを兼務。2011年に中国・広東省深セン市で起業し、現在は日本企業のICT・IoT製品の製造受託に取り組む。そのかたわら、スタートアップ企業の量産化支援を手がけ、案件相談や支援要請が殺到している。ニコニコ技術部深セン観察会や深センSEG Maker日本人ブースなど日本のメイカー、起業家を支援。

高口康太(たかぐち・こうた)
フリージャーナリスト、翻訳家。1976年、千葉県生まれ。千葉大学人文社会科学研究科(博士課程)単位取得退学。二度の中国留学経験を持ち、中国をフィールドの中心に『週刊東洋経済』『Wedge』『ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト』などの雑誌・ウェブメディアに、政治・経済・社会・文化など幅広い分野で寄稿している。座右の銘は「実事求是」。中国の現実から感じた自らの驚きを、そのまま読者に伝えることを目指している。独自の切り口から中国・新興国を論じるニュースサイト「KINBRICKS NOW」を運営。著書に『なぜ、習近平は激怒したのか――人気漫画家が亡命した理由』(祥伝社)がある。ツイッターは@kinbricksnow

高須正和(たかす・まさかず)
DIYイベントMaker Faireのアジア版に、世界でいちばん多く参加。日本と世界のMakerムーブメントをつなげることに関心があり、日本のDIYカルチャーを海外に伝える『ニコ技輸出プロジェクト』や『ニコ技深圳観察会』の発起人。MakerFaire 深圳(中国)、MakerFaire シンガポールなどの運営に携わる。連載、著書『メイカーズのエコシステム』(インプレスR&D)、『世界ハッカースペースガイド』(翔泳社)など。
https://medium.com/@tks/takasu-profile-c50feee078ac

山形浩生(やまがた・ひろお)
評論家、翻訳家。野村総合研究所研究員。オープンソース、コピーレフトの活動に参加しており、ローレンス・レッシグの翻訳、オープンソースやLinuxに関する著書、訳書も多数手がけている。また、自身の翻訳や著作の多くも、フリーで公開している。著書に『新教養主義宣言』『要するに』(ともに河出文庫)、『訳者解説』(バジリコ)ほか。

【出演】
藤岡淳一(株式会社ジェネシスホールデイング代表取締役社長/創世訊聯科技(深セン)有限公司董事總經理)
高口康太(フリージャーナリスト/翻訳家)
高須正和(メイカーフェア深圳/シンガポール)
山形浩生(評論家/翻訳家)

【日時】
2018年2月22日(木)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink

Thu Feb 22, 2018
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Feb 21, 2018.

Venue Address
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F Japan
Organizer
本屋B&B
22,802 Followers