Event is FINISHED

Textile x Tech 「一枚の布」から始まる アイデアソン

Description
Textile x Tech 「一枚の布」から始まる アイディアソン

概要:
100banch×ふんどし部が共同お送りする、「一枚の布」とウェアラブルデバイスを掛け合わせる事で新価値を創造するアイデアソンです。

現在、パナソニックで技術開発中の「WEARABLE MAKER PATCH」。曲げ伸ばしが可能な回路基板であり、様々なセンサーを組み込むことができるデバイスです。

WEARABLE MAKER PATCHとは|
https://industrial.panasonic.com/jp/electronic-materials/products/wearable-maker-patch

このように、ウェアラブルの新しい可能性が各方面で探求されていますが、今回、100BANCHではプロダクトアイデアを様々なバックグラウンドの参加者がチームになって考案し、最後には簡単なプロトタイプまで作成するアイデアソンを実施します。

優秀な案が出た際には、パナソニックなどへの提案を行ったり、ウェアラブルプロダクトの作成につなげていくことを目指します。

テーマは「一枚の布」

風呂敷、浴衣、手ぬぐい、ふんどしをはじめとする「一枚の布」がテーマです。

西洋と対をなす東洋。世界から見ても独自な文化を持ちますが、20世紀から今日まで、身につけるものは西洋中心で世界が進んできました。
そこで、今回は一見不便だと思われていた東洋の衣服・繊維文化に対して、テクノロジーを加えることで、新価値創出の挑戦を行います。1日完結型アイデアソンになりますが、皆様の挑戦をお待ちしております。

クリエイター、ファッションデザイナー、エンジニアを巻き込んで、ふんどしや風呂敷をはじめとする「一枚の布」を新たなプロダクトにすべくアイディエーションしましょう!

新たな衣服・布のあり方に挑戦する気概のあるクリエイターの方、どしどしご参加ください。優秀賞を取ったチームのアイディアはslush.tokyoでの展示も考えています。


用意するもの:
世界中の一枚の布的な下着、プロダクト
MESH
ふんどし
マスク
ストール
風呂敷
抱っこ紐
ISSEY MIYAKE
matohu
etc.

定義:
西洋の「筒型の布」と相対する、羽織る、畳む、結ぶことによって機能を成す衣服・布を「一枚の布」とする。

詳細:
午前はセンシングデバイスの特性を理解するためにMESHを用いたワークショップを行い、午後に「一枚の布」ワークショップを行います。センシングデバイス自体に触ったことのある人も、ない人も、午後のワークショップに向けてアイスブレイクして行きましょう。

2/11 10:00-18:00
会場:100BANCH 3F Loft
JR渋谷駅新南口徒歩2分
参加費:1000円(ランチ込み)

内容:
10:00-11:00 概要・趣旨説明
11:00-13:00 アイスブレイク、 MESHワークショップ
13:00-14:00 ランチ休憩
14:00-18:00 メインワークショップ

運営:
100banch
株式会社ふんどし部
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#312849 2018-02-01 08:10:18
More updates
Sun Feb 11, 2018
10:00 AM - 1:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
100BANCH 3F Loft
Tickets
参加チケット(ランチ込み) SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-27-1 Japan
Organizer
100BANCH
559 Followers