Event is FINISHED

雑賀俊朗監督が考える今の映画業界とこれからの映画業界

Description

中国最大の映画祭、金鶏百花映画祭にて数々の賞を受賞した映画監督が、自らの経験を基に、これから映画業界に携わる方々へ向けたメッセージ。

映画を製作したいが、どこにどう企画をもっていったら良いのか…
どうプレゼンしたら…?など、悩んでいるこれから映画業界を目指す方にオススメです。

映画業界で必要とされることや日本映画産業と世界の映画産業との違い、これから目を向けなければいけない点などをお話します。

映画業界に携わりたいとお考えの方はもちろん、映画が好きな方、雑賀監督が作る映画が好きな方も大歓迎。

▼内容

■現在の映画業界について
■映画業界の仕事で求められること・必要とされること
■日本映画産業と世界の映画産業の違い
■気づかされたきっかけ
■企画~製作にいたるまでのプロセス

▼対象

【超初級~初級】

●参加対象
・これから映画業界を目指す方
・映画監督を目指している方
・映画業界に携わりたい方
※映画が好きな方でお話を聞きたい!という方も大歓迎です!

●受講後像
・映画業界で働く上で必要なことがわかるようになります。
・これからの映画業界で持つべき視点に気づくことができます。

▼講師

saiga
雑賀俊朗
大学卒業後、泉放送制作に入社し、数多くの作品のディレクターやプロデューサーを務める。
2001年「クリスマス・イヴ」で劇場映画監督デビュー。
その後、「ホ・ギ・ラ・ラ」(02)、 「RABU 艶舞剣士」(04/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭出品)と続けて監督作を発表。
2008年、鹿児島の遠泳を題材にした「チェスト!」を監督。同作は第8回角川日本映画エンジェル大賞を受賞し、 香港フィルムマートの日本代表作品に選出された。
その他の監督作品に「海の金魚」(10)、 「リトル・マエストラ」(12/上海国際映画祭日本映画週間正式招待)、「神話の国の子ども」(15)などがある。
「カノン」(16/金鶏百花映画祭 国際映画部門作品賞 監督賞 女優賞/ 上海国際映画祭 公式部門日本映画週間ゴールドクレイン賞 最優秀作品賞 最優秀所援助優勝 審査員特別女優賞)

▼参加費



4,000円+税

<各種割引制度あり!>
フェローズから就業中 2,000円+税

フェローズ登録者 3,200円+税

クリステメルマガ登録者 3,600円+税

※遠方からお越しの予定の方へ※

開催3日前までに開講の有無を決定させていただいております。
開催人数に達しなかった場合は、開講見合せとなります。
遠方からお越しの場合は、事前にご連絡いただけますと
お申し込み状況をお伝えすることは可能です。


Mon Feb 5, 2018
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
株式会社フェローズ 東京本社 7Fセミナー室
Tickets
4,000円+税/メールにて決済方法をご案内します FULL
Venue Address
東京都渋谷区恵比寿西1-7-7EBSビル7F Japan
Organizer
Fellows Creative Academy
2,565 Followers