Event is FINISHED

2/10(土)【無料/好評につき10名増席】実例からみるHoloLensアプリ開発とWindows Mixed Reality/主催:VRプロフェッショナルアカデミー

Description


『実例からみるHoloLensアプリ開発とWindows Mixed reality』


【概要】


Mixed Reality(以下
MR)技術の先駆的デバイスであるHoloLensの開発実例に焦点を当て、MR技術を使ってどんなアプリが登場したのか?それを実際に開発するためにはどうすればいいのか?などご紹介します。

更に、パネルディスカッションにて、昨年話題になったアプリを『この機能はどうやって実装するのか?』など、今だから聞ける開発ノウハウを開発者目線でパネリストに伺っていながらディスカッションしていきます。


【対象者】


HoloLensアプリの開発に興味がある方

・これからHoloLensアプリの開発を検討している方

・プログラミングレベル(初級から中級)の方



【定員】100名

※好評につき急遽10名増席しました!



【開催日時】


2月10日(土)14:00〜19:00
(※会場のセキュリティの関係上、15時以降の入場は出来ませんので
ご注意ください)

【会場】


マイクロソフト本社、セミナールーム
東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
JR品川駅より徒歩4分


【タイムスケジュール】


14:00 : 開場

   ⬇ VR体験会ミニ

15:00 : イベントスタート
   

「Windows Mixed Reality 」

現実世界とデジタルな世界を融合する Windows Mixed Reality。その世界を実現するための HoloLens をはじめとするデバイスや、各種事例を通じてWindows Mixed Reality がもたらす新しい体験をご紹介します。

講師:高橋 忍 (日本マイクロソフト株式会社 テクニカル エバンジェリスト)


   ⬇

『Windows Mixed Reality アプリ開発概要』

Unity を使って、HoloLens をはじめとする Windows Mixed Reality に対応したアプリを開発することができます。このセッションでは、アプリ開発に必要な環境から開発の考え方、そして基本的な開発の流れからWindows Mixed Reality に固有の機能の実装方法などをデモを交えてご紹介します。

講師:高橋 忍 (日本マイクロソフト株式会社 テクニカル エバンジェリスト)

   ⬇

17:00:HoloLens開発事例紹介


『「HoleLenz」、「日本列島VR」のアプリ開発の実際』

講師:脇塚 啓 (合資会社 VoxcellDesign 代表)

   ⬇

18:00 : パネルディスカッション

〜『今だから聞ける!HoloLensアプリ開発ノウハウ(仮)』 〜

パネリスト:高橋 忍 (日本マイクロソフト株式会社 テクニカル エバンジェリスト)

      脇塚 啓 (合資会社 VoxcellDesign 代表)

      江口 将史株式会社ホロラボ ビジネスディベロップメント,
                     テクニカルディレクター

      石井勇一(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
           エデュケーションアカウントマネージャー)

モデレーター:月田 直樹 (VRデザイン研究所 VRエンジニア)

   
19:00 : イベント終了(予定)


※尚、都合により講師やスケジュール等を含め変更になる場合がございますのでご了承ください。


講師紹介

日本マイクロソフト株式会社
テクニカル エバンジェリスト

高橋 忍 氏

日本マイクロソフトでテクニカルエバンジェリストととして、主にクライアントアプリケーション開発技術を中心に啓もう活動を行っています。

特にWindows のアプリ開発やMixed Reality、またUI/UX技術に加えて最近はクラウド技術にいたるままで、セミナーやハンズオン、もしくは各種案件を通じて開発者のための支援活動を続けています。



合資会社 VoxcellDesign 代表
脇塚 啓 氏

業務用訓練シミュレータ製造メーカー勤務を経て2003年に合資会社VoxcellDesignを設立。リアルタイムレンダリングCGを主軸に3DCG全般の制作を行いつつ、近年はUnityを使用したオリジナルコンテンツの開発を進める。

代表作:『日本列島VR』

日本列島VRとは数値情報を元に日本の国土をVRで体験出来るコンテンツ



HoleLenz

HoleLenzとはHoloLensを用いて壁や床など好きな場所に穴を開けることが出来るコンテンツ。穴を開けた先には富士山が見え、更に4種類の時間別の景色を穴の先に見ることが出来る。



株式会社ホロラボ

ビジネスディベロップメント, テクニカルディレクター

江口 将史

元日本マイクロソフト株式会社 エンタープライズ製品テクニカル エンジニア。2016年11月に開催された日本初の HoloLens ファースト タッチ & トライ イベントに通訳者兼デモンストレーターとして従事。以後、Microsoft Tech Summit や de:code など大型イベントの HoloLens ブースを担当を経験。Unity 公式認定資格である Unity Certified Developer 取得。2018年2月より株式会社ホロラボ勤務。



ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
エデュケーションアカウントマネージャー
石井 勇一 氏

某大手電機メーカでトランザクションサーバーの開発に10年間従事。そののち同社の人材育成業務に希望異動。主に組込み制御、スマートフォンのためのプログラミング研修領域を担当。その傍ら趣味で続けていたUnityによるゲームやVRアプリ開発を続けていたらいつしかUnity勤務に。現在はエデュケーションアカウントマネージャーとして活動をしており、Unity認定試験などUnityの公式認定試験の普及に従事中。




参加方法

右記にあるチケットフォームからチケットを取得してください(当日受付にてチケットをご提示ください)

※事前登録がない方は、当日入場出来ませんのでご了承ください。



★Microsoft Windows Mixed Realityとは

©Microsoft 2018

Windows Mixed Reality (以下Windows MR)は、マイクロソフトのARからイマーシブな(没入型)VR、ホログラムに至るまでの技術を統合したプラットフォームです。

Windows MRは、それらの技術を体験出来るデバイスとしてHoloLensWindows Mixed Reality対応のイマーシブデバイスが用意されています。



協力:日本マイクロソフト株式会社


主催:株式会社VRデザイン研究所


問合せ先:VRプロフェッショナルアカデミー・オープンカレッジ事務局

info@vracademy,jp

何かご不明な点、質問等はお気軽にお問合わせください。



VRプロフェッショナルアカデミー/株式会社VRデザイン研究所

VRプロフェッショナルアカデミーは、実践的な職業訓練を行い、即戦力のエンジニアを育成する日本初で唯一のVR専門のプロフェッショナルスクールです。VR/AR/MRの専門的知識と技術を習得し、コンテンツ開発ができるエンジニアを育成します。


■VRアカデミーは無料説明会を開催しています

日  時:平日開催 11:00〜21:00
場  所:東急東横線・日比谷線 中目黒駅から徒歩2分
説明時間:1時間
説明会内容:学校説明会、VR/MR体験会
参加申込み方法

下記リンクよりVRアカデミーの無料説明会ページにアクセス。
サイト内にある申込みフォームよりご入力ください。


■ VRデザイン研究所の5つの活動

日本のVRマーケットを盛り上げるために5つの活動を推進しています

  1. 「VRプロフェッショナルアカデミー」即戦力のVRエンジニアを育成するスクールの運営。
  2. 企業向けVRビジネスの研究会「VRビジネスフォーラム」の企画・運営。
  3. 一般向けVR体験会「東京VRコンテンツフェス」の企画・運営。           次回⇒ 2/24開催 https://vrfes2018-spring.peatix.com/view
  4. 「VRエクスペリエンスラボ」VR/AR/MRコンテンツの企画・受託開発。
  5. VR情報専門誌「VRランナー」の編集・発行。



Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#313888 2018-02-05 10:06:05
More updates
Sat Feb 10, 2018
3:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット FULL
Venue Address
東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー Japan
Directions
JR 品川駅 港南口よりスカイウェイにて直結 徒歩 3 分 京浜急行 品川駅より 徒歩 6 分
Organizer
VRプロフェッショナルアカデミー /主催:株式会社VRデザイン研究所
986 Followers