Event is FINISHED

macération à musique - 音楽と食とワイン with Beau Paysage

Description
macération à musique(マセラシオン ア ミュジク)

音楽と食とワイン。全てを一つにして自由にハッピーに楽しもう。
 
日本の奇跡のワインと言われるボーペイサージュの作り手、岡本英史。クラブジャズシーンの旗手、DJ松浦俊夫。今最も注目されるレストランの一つkabi.。最高の生ハムを提供するサルメリア69。全てを一つにして。一回のマセラシオンが世界とあなたを変える。
 
そこに理屈なんか要らない。岡本英史とkabi ソムリエチームがセレクトした、マセラシオンのワインをフリーフローで。ラベルを隠してサーブするのは、先入観無く美味しいワインを楽しんで欲しいから。
 
参加者一人一人が発酵するぶどうの粒。それをマセラシオンする松浦俊夫の音楽。発酵ボーイズと言われるkabiの料理。長期熟成の生ハムの旨味。会場を上から見たら全てが1つになって、発酵中のタンクの中の様子のように見立てて。
 
”岡本英史より
 
ぶどうに力がないと発酵助剤を加えないとちゃんと発酵しない。同じように音楽、DJ、お料理、お酒そして参加者一人一人に力がなければちゃんと盛り上がれない(=発酵しない)と言えるのではないかと考えました。
 
そこの空間を一つの発酵槽(キュベ)と見ることによってすべて発酵に見えてきました。当日は、参加者もスタッフも全員が一つの発酵槽でいい発酵ができるように全員で一つの「発酵」という時空間の作品を作り上げるイメージでできるといいなと思います。”

【お知らせ】
今回、イベントを記念して、岡本英史より参加者の皆さんと一度はお話したい、マセラシオンしたいとの思いから、ボーペイサージュのワインをお一人様一杯、岡本より感謝を込めて皆さんに自ら直接サーブいたします。 こちらはブラインドではありません。滅多にないこの機会、お見逃しなく。
 
ーーーーー

開催概要
名称  :macération à musique(マセラシオン ア ミュジク)
一般参加:12,000円/人(チケット A:限定 150名)
コミュニティクラブメンバー限定価格:9,000円/人(チケット B:限定10名)
*キャンセル不可。飲酒を伴うイベントですので、20歳未満の方はお申し込み頂けません
会場:Farmer's Market Community Lounge(*Farmer's Market会場奥の暖かい室内になります。)
 
コンテンツ
ワインと食と音楽のイベントです。
ワインは、ボーペイサージュ岡本英史とkabi ソムリエチームがセレクトしたマセラシオン(醸し)ワイン。赤白泡様々なタイプをご準備します。ワインはエチケットを隠してサーブします。注ぎ手と会話しながら、美味しいワインを先入観無く楽しんで頂きます。(一部ボーペイサージュのワインも!)食は、kabiのこの日のスペシャルバイキング。ワインとフードはある限りフリーフロー!人数分の十分な量をご準備しますが、品切れの際にはご容赦下さい。生ハムは、受付で引き換えコイン配布。目の前で切りたての生ハムをお一人様一皿ご提供します。当日、ハヤシコウがデザインしたポスターとTシャツ、前掛けを販売します。希望者にはハヤシ コウがボディペイントします。
 
 
参加者プロフィール:岡本英史|主催&ワインセレクト
山梨大学付属発酵科学研究施設を修了した後、1999年にボーペイサージュを設立。「ワインは人が作るものではなくて畑で生まれるもの」という岡本は、化学肥料除草剤は一切使わず、全行程で亜硫酸無添加(一部は瓶詰め直前に少量添加)。人間に、そして地球に優しいワインを作る。それは彼のワインに書かれた言葉「グラス一杯のワインで地球は変わる」にも現れている。また一人一人の価値観と消費行動をリンクできる仕組みの構築を目指す”バタフライプロジェクト”に取り組んでおり、一人ひとりが自分の生活が与える影響をコントロールできるようにしようという活動を行なっている。岡本のワインにかける情熱は、ノンフィクション「ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち」にも記されている。(今秋、映画化予定。)
 
 
参加者プロフィール:安田 翔平|フード(写真:右)
大阪の料理学校を卒業した後、フランスに渡る。帰国後、大阪「ラ・シーム」白金台「ティルプス」で勤務。2015年12月から約1年間デンマーク1つ星レストラン「Kadeau」のシェフを務める。2017年11月、東京・目黒に発酵をテーマにしたレストラン「Kabi」をオープン。今東京で最も注目を集めるレストランの一つとなっている。
 
参加者プロフィール:江本賢太郎|ワインセレクト(写真:左)  
大阪の料理学校を卒業した後、フランスへ渡り「Maison Decoret」で研修。帰国後「レカン」、麹町「オープロヴァンソー」で勤務、その後カリフォルニアUCデービスへ留学。更にオーストラリアに渡りワイン醸造を学び、2015年メルボルン「NORA 」マネージャーシェフソムリエに就任。現在は、2017年11月東京・目黒にオープンしたレストラン「Kabi」のシェフソムリエを務める。
 
 
参加者プロフィール:新町賀信|生ハム
1996年のパルマハム日本輸入解禁から生ハムを切り続ける先駆者。理想の生ハムを追求し、提供するのは生ハムの塊の中心部分のみ。また日本には無かった大型のハムスライサーを初めて輸入。更に自身で機械に改良を加え、唯一無二の極薄切りの生ハムを切り出す。成城「サルメリアロッキュー」の店頭の他、各種イベントにスライサーを持ち込み最高の切り立て生ハムを提供する。
 
 
参加者プロフィール:ハヤシコウ|デザイン、ボディペイント
株式会社ミズコルビノデザイン代表。多摩美術大学卒、都内イタリアン勤務の後、イタリアのマルケ州ウルビーノISAに留学。帰国後は都内ワインバー勤務の後、ミズコルビノ・デザインを設立。イタリアやスイスのブランドのグラフィックや、イタリアンを中心とした飲食店のロゴマークや、内装およびメニュー、ワインリストの監修。(イタリアに関連した番組や記事の監修も)近年では『えんとつ町プペル』のロゴの他、キングコング西野亮廣が関わるデザインも多く手掛ける。
 
 
参加者プロフィール:松浦 俊夫|DJ
1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。5作のフルアルバムを世界32ヶ国で発表し高い評価を得る。2002年のソロ転向後も国内外のクラブやフェスティバルでDJとして活躍。またイベントのプロデュースやファッション・ブランドなどの音楽監修を手掛ける。2013年、現在進行形のジャズを発信するプロジェクトHEXを始動させ、Blue Note Recordsからアルバム『HEX』をリリース。2018年春、イギリスの若手ミュージシャンらをフィーチャーした新プロジェクト、Toshio Matsuura Groupのアルバムをワールドワイド・リリース予定。InterFM897 "TOKYO MOON"(毎週水曜17:00)Gilles Peterson’s Worldwide FM ”WW TOKYO” (第1&3月曜19:00) 好評オンエア中。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#316451 2018-02-15 09:38:35
More updates
Sat Feb 17, 2018
2:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Farmer's Market Community Lounge
Tickets
A)一般参加 SOLD OUT ¥12,000
B)会員参加 SOLD OUT ¥9,000
Venue Address
東京都渋谷区神宮前5-53-70 Japan
Directions
渋谷駅 徒歩 7分、表参道駅 徒歩 5分
Organizer
Farmer's Market Community Club
2,604 Followers