大家の学校4期 開校式&オープニングパーティー

Description
愛ある賃貸住宅を育てる、愛ある「大家の学校」4期の開校式&オープニングパーティーを行います!

場づくりを丁寧に積み上げるReBuilding Center JAPANの東野唯史さんをお呼びします。
レクチャーへのご参加をお悩みの方もまずはお試しに、ぜひご参加ください!



東野さんの講義の後は、HAGISOの軽食でパーティーも開催!



これからの暮らしについて、美味しいご飯を食べながら語りましょう!
ぜひお越しください。


【日 時】 
 5月7日(月)19:30〜21:30(開場19:00)

【内 容】 
19:30~19:45 開校式「大家の学校とは」
19:45~20:30 レクチャー ReBuilding Center JAPAN 東野唯史さん
20:30~21:30 懇親会
 ※タイムテーブルは多少変更する場合もございます

【場 所】 
KLASS
〒113-0022  東京都文京区千駄木3-34-10 2F

【定 員】 
35名程度 (定員になり次第申し込みを締め切らせていただきます)

【申 込】
 peatixにてチケットをご購入ください


【参加費】
 5000円

【ゲスト】
ReBuilding Center JAPAN 東野唯史さん

84年生まれ。名古屋市立大学芸術工学部卒。
2014年より空間デザインユニットmedicalaとして妻の華南子と活動開始。全国で数ヶ月ごとに仮暮らしをしながら「いい空間をつくる」を合言葉に店舗のデザイン・施工・運営アドバイスを行う。2015年の夏に新婚旅行でいったポートランドでReBuilding Centerに出会い、2016年秋、建築建材のリサイクルショップReBuilding Center JAPANを長野県諏訪市に設立。


【大家の学校について】
「大家の学校」は、大家を一つの職能として、暮らしをつくることを学ぶ学校です。

家を愛する人は、まちを愛する。まちに開くことで賃貸住宅の建物そのものもまちの経済循環をつくりだす投資先のひとつとなり、まちに魅力的なコンテンツが生まれはじめる。これを地道に連鎖させてつくられたエリアの価値なくして、建物の価値そのものも持続しません。
そこで、賃貸住宅をただの箱ではなく暮らしの舞台に編集し、欲しい暮らしをつくる住人を採用する大家の学びの場をつくることにしました。

校長は、家業を継いで大家になった約5年間で育つ賃貸住宅の文化をつくり上げてきた、株式会社まめくらし代表の青木純氏。
大家業をされている方だけでなく、欲しい暮らしをつくりたい!という方もヒントが得られるかもしれません。


【連絡先】
株式会社まめくらし
mail@mamekurashi.com




Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#328489 2018-04-04 05:51:08
More updates
Mon May 7, 2018
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
KLASS
Tickets
参加費 ¥5,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of May 6, 2018.

Venue Address
東京都文京区千駄木3-34-10 Japan
Organizer
まめくらし
405 Followers