Event is FINISHED

大家の学校(講師:畠山千春・坂田夏水)6/25(月)

Description

大家の学校の講義を1回だけ受講したい方を募集します!

「大家の学校」は、大家を一つの職能として暮らしをつくることを学ぶ学校です。
領域を横断して大家の職能を体系的に学び、不動産とまちの課題を解決する人材を育てます。


大家を「まちの採用担当」と銘打ち、住人と大家の関係性づくりを丁寧に行い、賃貸住宅ながら住人が積極的にコミュニティを育てる賃貸住宅をつくった青木純が発起人。
大家や建築・不動産、メディア、デザイナーなど、実践者として活動している各分野のプロフェッショナルが自身の経験をもとに培ったノウハウから、賃貸住宅やまちを楽しく豊かにする手法をレクチャーします。

今回は、コースを1回だけ受講したいという方を募集。
「毎回は受講できないけど、この日なら受けられる!」
「この講師の話を聞いてみたい!」という方のお申込みをお待ちしております。

◎大家の学校 概要
・期間/2018年5月14日(月)- 2018年7月30日(月)
・時間/隔週月曜日(7月のみ変則) 
 ■講義1
 時間:19:00-19:50
    50分 レクチャー
 ■講義2
 時間:20:00-21:30
    50分 レクチャー
     10分  休憩
    30分 トークセッション
・定員/各回5名


◎今回の講義 ※敬称略
※下記のリンクを開く際は、マウスの右ボタンを使って
「新しいタブで開く」で開くと便利です!


▶︎講義1(畠山千春)
6/25(月)
19:00-19:50 暮らしの舞台をつくる方法論 畠山千春(いとしまシェアハウス) 

移住地で実践する消費されない暮らし方
自給自足する豊かなシェア暮らしの運営者
畠山千春

新米猟師兼ライター

1986年生まれ。法政大学人間環境学部卒業。カナダ留学後NGO/NPO支援・映画配給会社に就職、3.11をきっかけに「自分の暮らしを自分で作る」活動をスタート。2011年から動物の解体を学び鳥を絞めて食べるワークショップを開催。2013年狩猟免許取得、狩猟・皮なめしを行う。
現在は福岡県にて食べもの、エネルギー、仕事を自分たちで作る「いとしまシェアハウス」を運営。
2014年に木楽舎より『わたし、解体はじめました―狩猟女子の暮らしづくり』を出版。第9回ロハスデザイン大賞2014ヒト部門大賞受賞。
ブログ:ちはるの森


▶︎講義2(坂田夏水)
6/25(月)
20:00-21:30 地域とつながる場づくり論Ⅱ 坂田夏水(夏水組) 

暮らしの舞台を鮮やかにデザインする
ライフスタイルを彩る愛ある賃貸の伴奏者
坂田夏水

夏水組 代表

武蔵野美術大学建築学科卒業。アトリエ系設計事務所、工務店、不動産会社勤務を経て、2008年に夏水組設立。女性特有のリノベーションや内装デザインが注目を集めている。
また、書籍などを通し、生活スタイルが変化しやすい女性に「気軽なリノベーション」を提案中。
著書は『夏水組のパリ風手作りインテリア』(KADOKAWAメディアファクトリー)、『夏水組インテリア・コレクション』(けやき出版)、『夏水組の「家デコ」レシピ』(学研パブリッシング)「リフォーム&インテリア アイディアBOOK」(KADOKAWAメディアファクトリー)など。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#344604 2018-06-12 13:14:46
Mon Jun 25, 2018
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
講義1(畠山千春) SOLD OUT ¥16,200
講義2(坂田夏水) SOLD OUT ¥21,600
Venue Address
東京都豊島区目白2-1-1目白NTビル7F Japan
Organizer
まめくらし
420 Followers