Event is FINISHED

佐藤大×さやわか×東浩紀「サイバーパンク放談 #2 ーー『ブレードランナー2049』は傑作なのか、あともろもろ」 @storyriders @someru @hazuma

Description

【イベント概要】


アニメ版『カウボーイビバップ』『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の脚本家で無類のサイバーパンク狂いの佐藤大と、『ゲンロン0 観光客の哲学』でサイバーパンクを批評の題材にした東浩紀、あらゆるサブカルに精通する評論家さやわかの3人が、サイバーパンクの未来と可能性を語り尽くす!

昨年8月に「サイバーパンク・リバイバル――復活した没入(ジャック・イン)的想像力とその可能性」と題して鼎談した3人による、新たなサイバーパンク放談!


佐藤大さんから、当日のトークで話題にしたい作品リストが届きました!

今回は、サイバーパンクのブームがホントに到来している海外のテレビシリーズやゲームの現状あたりと、やはりテーマパークとVR とARの関係、そして、その背景にある物語とUIの関係についてなどを話したいです。(佐藤大)

◎ 映像

「ブレードランナー・ブラックアウト」アニメ短編

「レディ・プレイヤー1」映画

「ミュート」映画

「ウエストワールド」テレビシリーズ

「MR ROBOT」テレビシリーズ

「オルタード・カーボン」テレビシリーズ

「フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ」テレビシリーズ

「エクスパンス 巨獣めざめる」

◎ ゲーム

Blade Runner 2049: Memory Lab - VR Game

Observer - The Year is 2084

RUINER



さやわかさんから、当日のトークで話題にしたい作品リストが届きました!


◎ 映画
「クローバーフィールド・パラドックス」
(配信されたばかりでまだ見てないですが…SWも含め、J・J・エイブラムスっていい監督なのか問題…)

「オルタード・カーボン」
(中国マネー礼賛の今どき珍しいですがサイバーパンクってそういや中国じゃなくて日本のイメージなんですよね)

◎ 小説
カウフマン&クリストフ「イルミナエ・ファイル」
(UI・デザインを見せる、そして断片化されたテキスト情報が物語を作るということで、すごくゲーム的。前回の話題になった、テーマパークで物語はどこに生まれるかという話につなげたい)

◎ ゲーム
「VRChat」
(ナックルズのアバターが大勢で女性型アバターに群がって舌なめずりをしたり「DO YOU KNOW THE WAY?」と話しかけまくる無法地帯になっている)

「The Red Strings Club」
(Va-11 Hall-Aと同じサイバーパンク世界のバーテンダーもの。流行ってるのか…?)

GET EVEN
(黒瀬さんオススメ)

(小島プロの新作。ダークソウル的な生死観?記憶の継承というゲームの比喩)

(ブレードランナーの世界に入れるVRという倒錯)

◎ 事件
コインチェック騒動がvirtualですね。




↓ 前回のダイジェストはこちら!(ダイジェスト動画は無料でご覧いただけます)



また、前日の2/8(木)には、前回イベントの再放送も行います!
そちらもぜひご覧ください!

◆ 2/8(木)18:00-
【再放送】佐藤大×さやわか×東浩紀
「サイバーパンク・リバイバル
ーー復活した没入(ジャック・イン)的想像力とその可能性」
(2017/8/4収録)


【登壇者プロフィール】


佐藤大(さとう・だい)

1969年生まれ。19歳の頃、主に放送構成・作詞の分野でキャリアをスタートさせる。その後、ゲーム業界、音楽業界での活動を経て、現在はアニメーションの脚本執筆を中心に、さまざまなメディアでの企画、脚本などを手がけている。「ストーリーライダーズ株式会社」を代表取締役。脚本代表作として、TVアニメ『カウボーイビバップ』、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』、『サムライチャンプルー』、『交響詩篇エウレカセブン』、『エルゴプラクシー』、『FREEDOM』、『スペース☆ダンディ』、『怪盗ジョーカー』、『パズドラクロス』。TVドラマ『ノーコン・キッド ぼくらのゲーム史』、ゲーム『バイオハザードリベレーションズシリーズ』など。

Twitter : @storyriders


さやわか

1974年生まれ。ライター、物語評論家、マンガ原作者。〈ゲンロン ひらめき☆マンガ教室〉主任講師。『クイック・ジャパン』『ユリイカ』などで執筆。『AERA』『ダヴィンチ』他で連載中。著書に『僕たちのゲーム史』、『一〇年代文化論』(星海社新書)、『AKB商法とは何だったのか』(大洋図書)、『キャラの思考法』(青土社)など。近著に『文学の読み方』(星海社新書)、『文学としてのドラゴンクエスト』(コア新書)、『僕たちのインターネット史』(亜紀書房、ばるぼらとの共著)。マンガ原作に『キューティーミューティー』がある。

Twitter : @someru


東浩紀(あずま・ひろき)

1971年生まれ。東京都出身。哲学者・作家。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。株式会社ゲンロン代表、同社で批評誌『ゲンロン』を刊行。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)、『弱いつながり』(幻冬舎)など多数。2017年刊行の『ゲンロン0 観光客の哲学』(ゲンロン)で第71回毎日出版文化賞(人文・社会部門)を受賞。

Twitter : @hazuma


【チケットについて】

  • チケット料金は税込価格です。
  • ゲンロン友の会会員証または学生証のご提示で、当日の入場受付時に500円のキャッシュバックをいたします。会員割引と学生割引の併用はできません。学生証は国立公立学校または学校法人が発行したものに限ります。
  • お支払い後のキャンセルは受け付けることができません。あらかじめご了承ください。

【入場・座席について】

  • 開場は開演1時間前の18時となります。
  • 座席はチケットの申し込み順ではなく、当日ご来場いただいた順でのご案内となります。
  • 100名以上のイベントの場合、座席はご来場の時間によっては、見づらいお席やお立ち見席になる可能性がございます。お早めのお越しをおすすめいたします。
  • ゲンロン友の会上級会員(クラス30以上)の方は、クラスに従って座席予約のサービスがございます。ご利用の方は会員番号を明記のうえ、info@genron.co.jp にご連絡ください。

【そのほか】

  • イベントは延長となることがございます。途中、10分程度の休憩を挟みます。
  • イベント中、客席は禁煙となります。
  • 未成年の方、車でご来場の方にはアルコールを提供できません。
  • 18歳未満の方は23時以降の参加はできません。
  • 保護者が同伴しない18歳未満の方は22時以降の参加はできません。
  • 本イベントはインターネットでの動画配信を予定しております。ご来場のお客様は映像に映り込む可能性がございます。
  • イベント中の無断録画・録音はご遠慮ください。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#314726 2018-02-08 05:51:29
More updates
Fri Feb 9, 2018
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
前売入場券1ドリンク付 ※当日、友の会会員証/学生証提示で500円キャッシュバック SOLD OUT ¥2,600
友の会会員限定指定席 前売分 1ドリンク付、共有サイドテーブル・電源あり ※ キャッシュバックはありません ※複数予約される場合は、お連れの方が会員でなくても結構です SOLD OUT ¥2,600
Venue Address
東京都西五反田1-11-9 司ビル6F Japan
Organizer
ゲンロンカフェ
9,740 Followers