Event is FINISHED

【公開講座】課題解決のためのグラフィックレコーディング入門:議論を可視化し、揺さぶるファシリテーションの手法を学ぶ

Description

2月10日(土)10:00-12:00、東京大学本郷キャンパスにて、「課題解決のためのグラフィックレコーディング入門:議論を可視化し、揺さぶるファシリテーションの手法を学ぶ」を開催します。

 

社会課題の複雑化にあわせて、企業や地域を中心に対話の場作りを通じた課題解決のための実践がふえています。そのためのワークショップやファシリテーションの手法は数多く開発されていますが、近年「グラフィックレコーディング」と呼ばれる課題解決の手法が注目を集めています。グラフィックレコーディングとは、議論や対話のプロセスを構造化して、ビジュアルとしてリアルタイムで描きだす手法です。単なる情報整理や記録だけでなく、場の議論を整理し、フィードバックを与えることで課題解決を促進するファシリテーションの手法としても役立ちます。

 

今回のワークショップでは、Tokyo Graphic Recorder の清水淳子さんをゲストにお招きし、課題解決のためのグラフィックレコーディングの方法について講義と演習を通して学びます。

 

グラフィックレコーディングに関心がある方、ワークショップなどの記録の方法に関心がある方、ファシリテーションスキルの幅を広げたい方など、是非お気軽にご参加ください。絵を描くのが苦手な方でも、大歓迎です。

なお、当日の午後(13:30-17:00)には公開研究会「ビジュアルコミュニケーションを科学する」を開催します。

https://peatix.com/event/340937

午前の研究会を踏まえてもうちょっと深く「議論や対話の可視化について学びたい!」というWDA会員の方はぜひお越しください。


○ゲスト

清水淳子(Tokyo Graphic Recorder/Yahoo! JAPAN UXデザイナー)

多摩美術大学情報デザイン学科卒業後、Web制作会社でデザイナーに。2012年WATER DESIGN入社。ジャンルを超えた横断的な事業開発や商品流通を生むためのビジネスデザインに携わる中で議論の可視化に興味を持つ。2013年Tokyo Graphic Recorderとして活動開始。同年、Yahoo! JAPAN入社。UXデザイナーとしてアプリ開発に携わる。またグラフィックレコーディング黒帯として社内の会議の議論の可視化を行う。2017年 東京藝術大学美術研究科 情報設計室にて議論の可視化に関しての研究と実践を続ける。著書に『Graphic Recorder ―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書』(BNN新社)がある。

http://tokyo-graphic-recorder.com/



○企画/運営

安斎勇樹(東京大学大学院 情報学環 特任助教/株式会社ミミクリデザイン 代表取締役)

東京大学大学院 情報学環 特任助教。東京都出身。私立武蔵高校、東京大学工学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。商品開発、人材育成、地域活性化などの産学連携プロジェクトに多数取り組みながら、多様なメンバーのコラボレーションを促進し、創造性を引き出すワークショップデザインとファシリテーションの方法論について研究している。主な著書に『ワークショップデザイン論-創ることで学ぶ』(共著・慶応義塾大学出版会)、『協創の場のデザイン-ワークショップで企業と地域が変わる』(藝術学舎)がある。



○日時

2018年2月10日(土)10:00~12:00(9時45分開場)



○場所

東京大学 情報学環・福武ホール B2F 福武ラーニングスタジオ

http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/index.html



○参加費

3000円(ソフトドリンク・お菓子代を含む)

※領収書はPeatixから発行可能です

※WORKSHOP DESIGN ACADEMIA(WDA)基本コース会員の皆様は3,000円割引きさせて頂きます

http://www.mimicrydesign.co.jp/wda/



○定員

先着40名程度



○学生スタッフ募集

学生の方(社会人学生は除く)に限り、数名ボランティアスタッフを募集します。

無料でご参加いただける変わりに、設営撤収などの運営補助をお手伝いいただきます。

希望の方はPeatix上からメッセージでご連絡ください。



○参加にあたってのご注意

・本イベントの様子は写真や映像で記録させて頂きます。写真記録はブログなどでイベントレポートとして掲載する場合があります。目的外使用は致しません。

・チケットを事前にご購入いただく必要がございます。お申し込み後の返金は出来ません。

・本イベントにご参加いただいた方は、株式会社ミミクリデザインのメールニュースを配信させていただきます。

・キャンセル待ちなどのシステムがありません。希望のメッセージをいただいても返信ができない場合があります。



Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#308870 2018-01-17 12:43:18
More updates
Sat Feb 10, 2018
10:00 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京大学 情報学環・福武ホール B2F 福武ラーニングスタジオ
Tickets
参加チケット(一般) SOLD OUT ¥3,000
参加チケット(WDA会員) FULL
Venue Address
東京都文京区本郷7-3-1 情報学環・福武ホール Japan
Organizer
安斎勇樹|ワークショップを科学する
1,895 Followers