Event is FINISHED

小説家が教える「想いが伝わる文章」の秘密

Description

文章で自分の考えや思いをうまく伝えられない…そんなふうに困っている人はいませんか? 自分では一生懸命書いたはずなのに、誤解されてしまう。かといって、どこをどう直していいのかわからない。この講座を受けたら、なぜあなたの文章が伝わらないのかがわかるはず。いくつかのワークショップを行いながら、小説家が、伝わる文章の秘密を教えます。 


映画を見て、感想を誰かに話しているところを想像してみてください。どんな映画だったかという質問に、あなたはすらすら答えるでしょう。でも、その映画を見て何を感じどんなことを考えたかと聞かれたら、あなたは言葉に詰まってしまうかもしれません。

何を感じ、何を考えたかは、自分の心の動きをよく観察し、そこから想像し、適切な言葉を探して組み立てていくという作業を経ないと言葉にできません。自分の想いを書くというのは、それだけで創造的な作業なのです。いつも、「よかった」「面白かった」「また見たい」とひとことや「いいね!」や「スタンプ」のようなボタンひとつで済ませていると、自分の心の動きを感じ取る感性が鈍ってきます。言葉が出てこないのは、文章力のせいではなく、何も感じていないせいかもしれません。

文章を通じて自分の想いを見つめてみませんか? そして、豊かな感性を取り戻しましょう。

【内容】
いくつかのミニワークを通じて、想いを伝えるために重要なことが何かを体感してもらい、自分の文章の癖に気づいてもらいます。

【受講対象者】
・文章で自分の考えや思いをうまく伝えられない方
・一生懸命書いたのに、相手に誤解されてしまう方
・自分の文章のどこを直していいのかわからない方
・小説やエッセイを書きたい方
・自分らしいブログやレビューを書きたい方
・感性を磨きたい方
・自分の気持ちに向き合いたい方
・文章を使ったカウンセリングやセラピーを考えている方

【受講後の効果】     
・魅力的な文章を書けるようになります。
・自分の本当の気持ちに向き合えるようになれます。
・感性をさらに磨くことができます。

持ち物:筆記用具。ワークシートに記入してもらうので、消して書き直せるような筆記用具がいいかもしれません。
※書いたものを見せ合うこともあるので高価なデジタル機器での執筆は避けてください。


講師:寒竹 泉美
(かんちく いずみ)
京都在住の小説家。博士(医学)。大学院では脳科学を専攻。
京都を舞台にした恋愛小説「月野さんのギター」(講談社)で作家デビュー。小説を軸に、エッセイ、漫画シナリオ、映画の脚本・演出、演劇の脚本・演出・主演、理系ライターなど様々なジャンルの文章を手掛ける。

Sat Jan 20, 2018
1:00 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
OBPアカデミア
Tickets
受講券 SOLD OUT ¥3,340
Venue Address
〒540-6109 大阪市中央区城見2-1-61 ツイン21 MIDタワー9階 Japan
Directions
R環状線・JR東西線「京橋駅」西出口より徒歩5分 京阪「京橋駅」片町口より徒歩5分 地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク」4番出入口より徒歩1分 JR環状線大阪城公園駅から徒歩8分
Organizer
OBPアカデミア
93 Followers