Event is FINISHED

第76回HCD-Netサロン「AIとUXデザイン 〜ユーザーのためのAIを設計するために」

Description
【イベント名】
第76回HCD-Netサロン「AIとUXデザイン 〜ユーザーのためのAIを設計するために」

【概要】
AI(人工知能)は、今、もっとも熱いトピックのひとつです。プロダクトやサービスのなかに、AIが含まれたものも増えてきました。

ただ、そのブームゆえに、プロダクトやサービスの開発の現場で、「とりあえずAIを入れてみた」「ブームだからAIを採用した」「AIというと売れるから」など、ユーザーが本当に求めていることを吟味しないまま、AIを使うケースも散見されます。

私たちUXデザイナーは、AIの壮大なビジョンを語る前に、まず手元にある、「AIが、どのようにユーザーと接すると、ユーザーは嬉しいのか」「ユーザーの体験のなかでAIはどういう役割を果たすべきなのか」という体験をきちんと設計することを考える必要があります。

本セミナーでは、UXデザイナーが「ユーザーのためのAIを正しくデザインする」ということを考えます。

キーノートセッションには、日本のゲーム分野のAI開発の第一人者である、日本デジタルゲーム学会理事の 三宅 陽一郎 氏をお招きしました。

ゲームは、AIの実践がとくに進んでいる分野のひとつです。プレイヤー(ユーザー)を助け、時にはプレッシャーを与え、劇場感をつくり、楽しませる。そのノウハウは、他分野のUXデザインにも、たいへん参考になるものです。

今後、AIの広がりにつれ、UXデザイナーが、AIのインターフェースや、AIも含むユーザー体験を設計する機会が、ますます増えていきます。

「ユーザーのためのAIを正しくデザインする」ことに興味をお持ちの方、ぜひご参加ください。

★なお「テーマ提示セッション(羽山)」のスライドは、以下に公開しています。
「AIとUXデザイン 〜ユーザーのためのAIを設計するために」


担当事業部:HCD-Net広報社会化事業部


■日時:
2018年1月26日(金) 19:30~21:30 (受付: 19:10~19:30)

■会場:
富士通 FUJITSU Knowledge Integration Base PLY
JR蒲田駅から徒歩10分

■定員:50名(先着順)

■参加費:
HCD-Net正会員/賛助会員:3,000円
HCD-Net学生会員:1,000円
一般:5,000円
一般学生:2,000円

■対象者
・HCD-Net会員全般
・HCD専門家
・HCD/UXDの実践者
・IT・システム・製造業に携わる方
・スタートアップ・新規事業に携わる方
・WEB/アプリケーションの企画・開発に携わる方
・教育関係者・研究者(アカデミア)

■対象コンピタンス
A5.ユーザー体験の構想・提案能力
A7.新製品・新事業の企画提案能力
A8.製品システム・サービスの要求仕様作成能力
C4.手法・方法論開発能力

■参考:
人間中心設計(HCD)コンピタンスマップ(HCD-Net)
https://drive.google.com/file/d/16FT9ZwG94hgBmrn5OK_31t4zxKfZ5D41/view?usp=sharing


■プログラム:
19:10 開場
19:30 スポンサーセッション 富士通PLYのご紹介
19:40 テーマ提示セッション
 「AIとUXデザイン 〜ユーザーのためのAIを設計するために」 (羽山 祥樹氏)
20:00 キーノートセッション
 「AIで作るUXデザイン」 (三宅 陽一郎氏)
21:00 質疑応答
21:30 終了

★なお「テーマ提示セッション(羽山氏)」のスライドは、以下に公開しています。
「AIとUXデザイン 〜ユーザーのためのAIを設計するために」


■講師:

三宅 陽一郎氏
日本デジタルゲーム学会理事

デジタルゲームの人工知能の開発者。ゲームAI開発者としてデジタルゲームにおける人工知能技術の発展に従事。国際ゲーム開発者協会日本ゲームAI専門部会設立(チェア)、日本デジタルゲーム学会理事、芸術科学会理事、人工知能学会編集委員。共著『デジタルゲームの教科書』『デジタルゲームの技術』『絵でわかる人工知能』(SBCr) 、著書『人工知能のための哲学塾』(BNN新社)、『人工知能の作り方』(技術評論社)。


羽山 祥樹氏
特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構(HCD-Net) 評議委員

HCD-Net認定 人間中心設計専門家。使いやすいウェブサイトを作る専門家。担当したウェブサイトが、雑誌のユーザビリティランキングで国内トップクラスの評価を受ける。専門は人間中心設計、ユーザーエクスペリエンス、情報アーキテクチャ、アクセシビリティ。CNET Japanブロガー。ライター。NOREN。
2年ほど前より、IBM Watson を主に、AIを用いたシステムのUXデザインを手がける。 #IBMChampion for 2018 受賞。


■参加申し込み方法
下記よりお申込みお願いします。

セミナー:


【注意事項】
■賛助会員様について
※賛助会員様は2名までは「HCD-Net賛助会員」種別にて参加可能です。3名以降の方は「一般」種別となりますので、予め2名様を社内にてご調整ください。
登録される場合は正副代表者の方のお名前でご登録いただき、参加の方にpeatixチケット譲渡機能をご利用いただくか、または当日は代理の旨受付でお申し出ください。

■領収書および請求書について
※請求書及び領収書の発行はお受付致しかねます。
※領収書が必要な方は、Peatixで発行される領収データをご利用ください。
http://help.peatix.com/customer/portal/articles/221024

■キャンセルについて
・キャンセル前提のお申込みはご遠慮願います。
・やむを得ずキャンセルが必要となった場合は、イベント開催日前日の1月24日(水)17:00までにお申し出があった場合はキャンセル手続きを承ります。それ以降のキャンセルにつきましてはお受け出来かねますので、何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。
・キャンセル時の返金につきましては、Peatix Help「チケットをキャンセルしたい」をご参照ください。

■当日はメディアの取材・撮影が入る可能性があります。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#309679 2018-01-20 07:17:54
Fri Jan 26, 2018
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
富士通 FUJITSU Knowledge Integration Base PLY
Tickets
HCD-Net正会員 SOLD OUT ¥3,000
HCD-Net賛助会員 SOLD OUT ¥3,000
一般 SOLD OUT ¥5,000
一般学生 SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都大田区新蒲田1-17-25 Japan
Directions
JR蒲田駅から徒歩10分
Organizer
人間中心設計推進機構(HCD-Net)
825 Followers
Attendees
50