Event is FINISHED

マンション住民の高齢化に備え、千代田区民のできること

Description

孤立死がなく、認知症を予防する理想的なマンション・コミュニティを実現するには?

千代田区民は、約9割がマンション住民です。区民にとって「マンションで老いること」にどう備えるかは、大きな関心ごとです。
マンションに暮らすメリットのひとつにプライバシー重視があります。健康寿命や認知症の最新の研究から、ライフスタイルや社会性が介護や病気の予防に大きな影響を与えることがわかってきています。
住民の取り組み方次第で、孤立や孤独死を防ぎ、老年性うつや介護や認知症を予防できる可能性もあるのです。

一方で、高齢者の孤立はうつ発症や認知症になりやすい、とも言われています。また、大規模な災害の時などは、孤独死のリスクが高まります。

団塊の世代が後期高齢者となり、後期高齢者の人口が都心で一気に増えるのが2025年。そこに向けて住民の高齢化にどう備えるか。健康でいきいきと暮らす居住高齢者を増やすには、何が必要なのか。地域医療の実践経験、区内の取り組み事例を紹介 し、そこから対応すべき課題、テーマを一緒に考えたいと思います。

プログラム

1.基調講演
「在宅医療の経験から考える住民高齢化のリスクと、千代田区発のマンション・コミュニティ・モデルへの期待」
伊藤憲祐(あやめ診療所院長 在宅医師)

2.パネルトーク
「マンション生活者の視点から高齢化を考える」
及川早苗(富士見在住)、岡村さち子(内神田在住)、 伊藤憲祐(一番町在住)
*ファシリテーター:広石拓司((株)エンパブリック)

3.意見交換会
「マンション住民の高齢化時代に向けて、今、始めることは?」

開催日時 平成30年2月8日(木) 18:30~20:30
会場 高齢者総合サポートセンター かがやきプラザ 1階
   ひだまりホール (九段下)
参加費:無料

対象:千代田区民の方、区内マンション管理組合、区内地域福祉関係者の方、
区内マンション管理会社、ディベロッパーの方

定員:40名 (申し込み多数の場合、抽選)
※区内在住、区内マンション関係者の方を優先します。

主催:千代田区地域コミュニティ醸成支援事業「マンション・コミュニティ・ゼミ」

詳細はこちらから http://chiyolab.jp/archives/3035

Thu Feb 8, 2018
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
かがやきプラザ ひだまりホール
Tickets
一般 FULL
Venue Address
東京都千代田区九段南1-6-10 Japan
Directions
東京メトロ、都営地下鉄 九段下駅 徒歩4分
Organizer
ちよだコミュニティラボ
9 Followers
Attendees
1