Event is FINISHED

〜絶賛アンコール第二弾開催〜「66Loveモダン講談会」超絶伝統話芸・講談のチカラを聴こう!

Description

伝統話芸史上最高のエンターティナーのチカラ!

「講談師見てきたような嘘をつき」という言葉があります。

講談のルーツは歴史上あったことを、見てきたように語る日本の伝統話芸です。ラジオやテレビがなかった時代の講釈師は、爆発的な人気を誇るエンターティナーで、日本中に「釈場」と呼ばれる講談専用の舞台があり、釈台を前に張扇でパパンと叩きながら数多くの「見てきたような嘘」を披露していたといいます。裏を返せば、その話術が真に圧倒的なチカラだったことを証明しています。

日:2018130日(水)開始 1900 2130

会場:3×3LabFuture 千代田区大手町1-1-2 JXビル1

お問い合わせ:shogaia@i.softbank.jp

演:真打 宝井琴梅、二つ目 宝井梅湯、女流二つ目 神田すず

  催:一般社団法人 66Love協会 http://66love.info


日本伝統話芸の粋を伝える出演者!

■講談協会常任理事 真打宝井 琴梅(たからい きんばい)

演題「正直車夫」

昭和41 12代目田辺南鶴に入門、昭和50 真打昇進、琴梅を襲名、NHKテレビ『日本の話芸』の出演ほか、新作、古典の両面を読む。辻講釈、出前講談、農業講談、キンバイ米栽培、新潟県南魚沼市に「梅桜亭」オープンなどユニークな活動を。著書「おらぁ日本のマンマが食いてぇ」、CD「シンセサイザーコウダン」「JAZZコウダン」、 DVD「辻講釈シリーズ」など

■二つ目宝井 梅湯(たからい うめゆ)

演題「黒田節の由来」
1976726日生まれ山形県南陽市出身、山形県立米沢工業高等学校卒業、名前の由来/師匠の梅、故郷赤湯温泉の湯、芸風/若手ながらも落ちついたじっくり引き付ける。

■女流講談師 二つ目神田 すず(かんだ すず)

演題「宮本武蔵」

平成18年8月師匠、神田すみれに入門平成22年9月二ツ目昇進

Tue Jan 30, 2018
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
3×3LabFuture
Tickets
A席 SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
東京都千代田区大手町1-1-2 JXビル1階 Japan
Directions
地下鉄大手町駅C10出口徒歩2分
Organizer
一般社団法人66Love協会
115 Followers