Event is FINISHED

ゲストバリスタ + ワークショップ(満席) - Beyond Coffee Roasters / 神戸

Description
今年第一弾のイベントはBeyond Coffee RoastersのBunnさんによるゲストバリスタ。11月よりKurasuで提供させていただいているBeyondさんのコーヒーは絶大な人気を誇っています。

ドリップ提供ラインアップ。豆販売も行う予定です。
エチオピア Ethiopia GESHA VILLAGE Natural process
コスタリカ Costa Rica Hacienda Sonora Villa Sarchi Black Honey
グアテマラ Guatemalla Antigua
東ティモール East Timor Letefoho Tunu fahi-village


ゲストバリスタ後にはコーヒーの挽き目・微粉を検証するワークショップの予定しております。
(1/4日現在ワークショップは満席となりました)


コーヒーミル(グラインダー)によって本当にコーヒーの味って変わるものなの?
コーヒー豆の挽き目、均一性ってなぜそんな大切なの?
微粉がでるのとでないのと違いがあるの?

スペシャルティコーヒーを語る上では欠かせないグラインドサイズ(挽き目)とその均一性。

今回のワークショップでは浅煎り、深煎り豆を使用し、それぞれ挽き目を変えたらどうなるのか、またKRUVEで粒度調整をしたらどうなるのかを試行していきます。煎り具合や違うコーヒーにより、それぞれに向いた挽き方、粒度を皆さまと共に導き出します。

なぜスペシャルティーコーヒー業界の人たちがそんなにグラインダーや挽き目にこだわりを持つのか、その疑問が解き明かされるワークショップです。

KRUVE
挽いた豆を目的の粒度に均一にするためのシフター(ふるい)。
2段のふるいと15種類のフィルターで、ミクロンの単位で105通りのグラインド調整が可能。
簡単に微粉を取り除けるなどといった落とし込みができることにより精度の高い抽出が可能になると話題になり、2015年より世界大会のレベルでも多くの競技者が使用することで注目を集めています。

参加方法:
お名前、お電話番号を書き記し、cafe@kurasu.kyoto まで参加応募のメールをお願いします。先着順とさせていただきます。
参加費用 2,000円 当日カフェにて精算ください
定員 6名 (初心者 プロ問いません)
所要時間 18:00- 約1時間半
講師:Beyond Coffee Roasters 代表 BUNN(木村 大輔)氏

イベントの流れ
浅煎りのエチオピアゲシャを使い、粒度違い x KRUVE有り無しの4通りの比較、カッピング。
深煎りの東ティモールをKRUVE有り無しでハリオV60を使用し抽出、比較。
質疑応答


Beyond Coffee Roasters BUNN(木村 大輔)氏

前職の関係で世界中のコーヒー文化、専門店に触れた後、2013年、神戸市にBEYOND COFFEE ROASTERSをオープン。オランダ製焙煎機のギーセンで焙煎されたスペシャルティーコーヒーは浅煎りから深入りまで甘くクリーンな味わい。多彩に感じられるフレーバーはまるでBUNNさんの個性そのもの。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#306025 2018-01-08 00:52:38
More updates
Mon Jan 8, 2018
3:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Kurasu Kyoto
Tickets
イベント参加はメールください FULL
Venue Address
京都府京都市下京区東油小路町552 Japan
Organizer
Kurasu
64 Followers