Event is FINISHED

宮治淳一×中村俊夫×サエキけんぞう 「今明らかになるリアルな60年代ポップスの曙~湘南サウンドVSムッシュかまやつ」 『MY LITTLE HOMETOWN. 茅ヶ崎音楽物語』宮治 淳一著『エッジィな男 ムッシュかまやつ』サエキけんぞう&中村 俊夫著 刊行記念

Description

60年代、音楽には様々なキセキが起こりました。加山雄三の湘南サウンド、日本にロックをもたらしたムッシュかまやつとスパイダース。

その全貌を初めて解き明かしたといえる2冊の本がほぼ同時に刊行されました。

60年代には、まだまだ我々の知らない魔法が沢山詰まっています。

宮治~中村~サエキが知った真実をぶつけ合うことにより、この夜新しいポップスの夜明けが始まる!宮治淳一=サザンオールスターズの名付け親が綴るチガサキ・ミュージックが起こした奇跡の数々。大スター、加山雄三の真実の姿、ロックの黎明期喜多嶋修の伝説的なキャリア他。

サエキ&中村=ムッシュ&スパイダースはどうロックに取り組み、ビーチボーイズ等の外タレを超えたか?

はっぴいえんどとムッシュかまやつ、ムッシュとサイケデリック。

それぞれのエピソードに、お互いの知識がスパークし、新たな発見が現場で産み出されます。

今、最先端のポップの現場に参加してみませんか?

【宮治淳一 プロフィール】

音楽評論家、ディスクジョッキー。1955年、神奈川県茅ケ崎市に生まれる。小学生時代にビートルズ、ヴェンチャーズなど、英米のロックンロールにはまり、以後洋楽を志す。ワーナーミュージック・ジャパンで洋楽編成を務め、ミュージック・ライブラリー&カフェ「Brandin」を経営。 サザンオールスターズの名付け親としても知られている。

【中村俊夫 プロフィール】

1954年東京都生まれ。音楽企画制作者/音楽著述家。駒澤大学経営学部卒。音楽雑誌編集者、レコード・ディレクターを経て、90年代からGS、日本ロック、昭和歌謡等のCD復刻制作監修を多数手がける。共著に『みんなGSが好きだった』(主婦と生活社)、『ミカのチャンス・ミーティング』(宝島社)、『日本ロック大系』(白夜書房)、『歌謡曲だよ、人生は』(シンコー・ミュージック)など。

【サエキけんぞう】

アーティスト、作詞家、1980年ハルメンズでデビュー、86年パール兄弟で再デビュー、作詞家として、沢田研二、小泉今日子、サディスティック・ミカ・バンド、ムーンダイダーズ他多数に提供。著書「歯科医のロック」他多数。2003年フランスで『スシ頭の男』でデビュー、12年「ロックとメディア社会」(新泉社)でミュージックペンクラブ賞受賞。2016年「35世紀」ハルメンズX(ビクター)現在毎日曜NHKラジオ第一 「サエキけんぞうの素晴らしき80's」放送中

  • 出演 _

    宮治淳一(音楽評論家、ディスクジョッキー)
    中村俊夫(音楽企画制作者/音楽著述家)
    サエキけんぞう(アーティスト、作詞家)

  • 時間 _

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _

    1500yen + 1 drink order

Fri Feb 16, 2018
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
22,582 Followers