Event is FINISHED

TOBACCO会議 vol.03 わたしたちの知らないたばこの世界〜たばこにまつわる「歴史」と「科学」〜

Description
来年度、尼崎市でたばこの喫煙・マナーに関する条例が策定されます。それに関連して、今回「楽しんだり学んだりしつつ、たばこに関する意見交換ができるような場をつくろう」ということで、3種類のワークショップ(意見交換)の場を準備いたしました。

今回は、わたしたちの知らないたばこの世界〜たばこにまつわる「歴史」と「科学」〜と題して、専門家のお話しをお聞きしつつ、みんなで考えていくことのできる時間にしたいと思います。

たばこを吸っている人も、たばこが苦手な人も、家族が吸っていて自分は嫌だと思っている人も、たばこの匂いを嗅いだら思い出す人がいるという人も、どなたでもお越しください。

■日程
2018年1月20日(土)14:00〜16:30

■場所
武庫地区会館 尼崎市武庫の里1-13

■参加対象
歴史・文学に関心のある方、たばこについて学びたい方な

■内容
第1部は、たばこに関する歴史やたばこに含まれる成分の紹介、日本や諸外国のたばこについて知る学びの時間です。第2部は、集まった参加者でたばこに関するマナーや、喫煙環境についての意見交換会を行います。

■タイムスケジュール
14:00〜 オープニング
14:10〜 たばこの歴史について
14:55〜 たばこの科学について
15:40〜 休憩
15:50〜 意見交換
16:30  クロージング

■ゲスト
尼崎市長 稲村 和美(いなむら かずみ)氏
たばこと塩の博物館学芸員 鎮目 良文(しずめ よしふみ)氏
国立保健医療科学院生活環境研究部長 欅田 尚樹(くぬぎた なおき)

■定員
50名

■参加費
無料

■ファシリテーター(進行役)
藤本 遼(ふじもと りょう)尼崎ENGAWA化計画/場を編む人
1990年4月生まれ。兵庫県尼崎市出身在住。尼崎ENGAWA化計画代表。コンセプトは「あわいと余白のデザイン」。現在は、イベント・コミュニティの企画運営、会議・ワークショップのファシリテーション、対話・協働に関する研修など、場づくりやまちづくり、公共空間の活用に関する仕事・活動を行う。代表的なプロジェクトは、「amare(あまり)」、「尼崎ぱーちー」、「尼崎傾奇者(かぶきもの)集落」など。クリエイティブアウォード関西2015グランプリ受賞。「ソトコト」2017年3月号掲載。

■問い合わせ・申し込み
尼崎市健康福祉局保健部事業推進担当
TEL:06-4869-3053
FAX:06-4869-3057
Email:ama-kenkouzoushin@city.amagasaki.hyogo.jp
※お申し込みの際は、①参加日程、②お名前、③電話番号、④お住まい、⑤年齢、⑥現在の状況(吸う人・吸わない人・吸っていた人)をメール・FAXでお送りいただくか、尼崎市コールセンター(06-6375-5639)でお伝えください。

尼崎市コールセンター
平日 8:30~19:00
土・日・祝日 9:00~17:00

※視覚障害、聴覚障害の方やお子さま連れでも、安心してご参加いただけます。誘導・筆談・手話通訳・託児(満1歳以上の就学前の子ども)が必要な方は、お申し込み時(開催日1週間前まで)にお伝えください。ただし、定員に達した場合はお断りすることがあります。

Sat Jan 20, 2018
2:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
武庫地区会館
Tickets
参加費無料 FULL
Venue Address
兵庫県尼崎市武庫の里1-13 Japan
Organizer
尼崎ENGAWA化計画
4 Followers