Event is FINISHED

AMED-RISTEX ヘルシーエイジングシンポジウム(2月26日・27日開催)

Description

週明け26日(月)、いよいよ開催です!


シンポジウムご参加の皆様へ

AMED-RISTEXヘルシーエイジングシンポジウム事務局でございます。

いよいよ、週明けに開催の運びとなりました。

本日現在(2/23)では、ほぼ満席となり、たくさんのお申込みをいただき、誠にありがとうございました。


【日時】

1日目:2018年2月26日(月)13:00-17:10 [受付・会場12:30~]

2日目:2018年2月27日(火)13:30-19:00 [受付・会場12:30~]

※懇親会:2日目 2/27(火) 17:30~19:00


【会場】

日本橋ライフサイエンスハブ(室町ちばぎん三井ビルディング8階) ※銀座線・半蔵門線「三越前駅」直結


【受付時にお持ちいただきたいもの】

名刺2枚 (お持ちでない方は必要ございません。)


会場にて皆様のお越しをお待ち申し上げております。お気をつけてお越しくださいませ。


AMED-RISTEXヘルシーエイジングシンポジウム

事務局



プログラム変更のお知らせ

AMED-RISTEXヘルシーエイジングシンポジウムに参加のご登録をいただきありがとうございます。2日目に登壇予定だったケンブリッジ大学のマイケル・ケリー教授のご講演を健康上の理由から急きょ、UCLのロバート・ウェスト教授に変更させていただくこととなりましたのでお知らせいたします。

また、シンポジウムに登壇される先生方より論文や本をご推薦いただいておりますので情報提供させていただきます。

Prof. Susan Michie (UCL)
1) Yardley L, Choudhury T, Patrick K, Michie S. Current issues and future directions for research into digital behavior change interventions. Am J Prev Med. 2016 Nov;51(5):814–5.

2) Patrick K, Hekler EB, Estrin D, Mohr DC, Riper H, Crane D, Godino J, Riley WT. The pace of technologic change: implications for digital health behavior intervention research. Am J Prev Med. 2016 Nov;51(5):816–24.

3) Hekler EB, Michie S, Pavel M, Rivera DE, Collins LM, Jimison HB, Garnett C, Parral S, Spruijt-Metz D. Advancing models and theories for digital behavior change interventions. Am J Prev Med. 2016 Nov;51(5):825–32.

4) Yardley L, Spring BJ, Riper H, Morrison LG, Crane DH, Curtis K, Merchant GC, Naughton F, Blandford A. Understanding and promoting effective engagement with digital behavior change interventions. Am J Prev Med. 2016 Nov;51(5):833–42.

5) Murray E, Hekler EB, Andersson G, Collins LM, Doherty A, Hollis C, Rivera DE, West R, Wyatt JC. Evaluating digital health interventions: key questions and approaches. Am J Prev Med. 2016 Nov;51(5):843–51.

6) McNamee P, Murray E, Kelly MP, Bojke L, Chilcott J, Fischer A, West R, Yardley L. Designing and undertaking a health economics study of digital health interventions. Am J Prev Med. 2016 Nov;51(5):852–60.

7) Kelly MP. Digital Technologies and Disease Prevention. Am J Prev Med. 2016 Nov;51(5):861-863

8) Michie S, Yardley L, West R, Patrick K, Greaves F. Developing and evaluating digital interventions to promote behavior change in health and health care: recommendations resulting from an international workshop. J Med Internet Res. 2017 Jun 29;19(6):e232.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5509948/

※8番が一番まとまっているように思います。

Prof. Robert West (UCL)
本(有料)
West R, Michie S. A Guide to the Development and Evaluation of Digital Behaviour Change Intervention. Great Britain: Silverback Publishing; 2016.
www. https://www.silverbackpublishing.org/products/cbc-monograph-1

Prof. Laurence Moore (グラスゴー大学)
1) Moore GF, Audrey S, Barker M, Bond L, Bonell C, Hardeman W, et al. Process evaluation of complex interventions: Medical Research Council guidance. BMJ. 2015;350:h1258.
http://www.bmj.com/content/bmj/350/bmj.h1258.full.pdf

2)Rutter, H, Savona, N, Glonti, K et al. The need for a complex systems model of evidence for public health. (published online June 13.)Lancet. 2017;

(参考)
Prof. Mike Kelly(ケンブリッジ大学)
1) Kelly MP, Barker M. Why is changing health-related behaviour so difficult? Public Health 2016; 136:109–16.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4931896/

2) Kelly MP, Russo F. Causal narratives in public health: the difference between mechanisms of aetiology and mechanisms of prevention in non-communicable diseases. Sociol Health Illn 2018;40(1):82-99



                                      (以下シンポジウム詳細)



超高齢化社会を迎え、健康増進・疾病予防・重症化予防が重視される時代となり、ウェアラブルデバイスや携帯アプリなどのデジタルヘルスを活用したプロジェクトや、社会全体をターゲットにした健康なまちづくりなどの取組が進められています。
本シンポジウムでは英国から4名の教授と日本の研究者・自治体関係者を迎え、1日目は「デジタルヘルスの開発と評価」をテーマとし、技術革新の早いデジタルヘルスの開発と評価方法、デジタルヘルスを実際の行動変容に結びつける方法などについて、事例を含めてお話いただきます。2日目は「社会にインパクトをもたらす研究とは何か」をテーマとし、デジタルヘルスに限らず、地域における健康長寿・疾病予防に着目して、政策や現場に活用できる研究には何が必要か、事例を含めてお話いただきます。



【日時】  1日目:2018年2月26日(月)13:00-17:10 [受付・会場12:30~]

      2日目:2018年2月27日(火)13:30-19:00 [受付・会場12:30~]

               ※懇親会:2日目 2/27(火) 17:30~19:00


【会場】  日本橋ライフサイエンスハブ(室町ちばぎん三井ビルディング8階)


【参加費】 無料


【定員】  150名


※同時通訳あり


【プログラム】

2月26日(月)デジタルヘルスの開発と評価
13:00-17:10(受付・会場12:30~)


13:00-13:25 開会挨拶
泉陽子 統括役(AMED)曽山明彦 事務局長(LINK-J)
シンポジウムの背景 秋月玲子 ロンドン事務所長(AMED)


13:25-14:05 Developing digital interventions to promote behaviour change in health: recommendations from an international workshop
Susan Michie 教授(UCL)


14:05-14:45 Evaluating digital health interventions: key questions and approaches
Robert West 教授(UCL)


14:45-15:15 コーヒーブレイク


15:15-15:45 インターバル速歩の大規模普及に向けた携帯アプリ開発プロジェクト
増木静江 准教授(信州大学)


15:45-16:15 超高齢社会を乗越えるための神奈川県の挑戦 ~ヘルスケア・ニューフロンティア~
山口健太郎 氏(神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進統括官)


16:15-17:00 パネルディスカッション


17:00-17:10 1日目のとりまとめ
森田朗 教授(津田塾大学総合政策学部、RISTEX「科学技術イノベーション政策のための科学 研究開発プログラム」プログラム総括) 



2月27日(火)社会にインパクトをもたらす研究とは何か
~健康長寿・疾病予防の観点から~
13:30-19:00(受付・会場12:30~/懇親会17:30~19:00)


13:30-13:40 1日目の概要と2日目の趣旨
秋月玲子 ロンドン事務所長(AMED)


13:40-14:20 Why most evidence about the causes of non-communicable diseases does not help policy makers develop optimal solutions for prevention ? (仮題)
Robert West教授(UCL)

当初、Micheal Kelly教授(ケンブリッジ大学)がご登壇予定でしたが、体調不良のため急遽変更になりました。


14:20-15:00 Process evaluation of complex interventions: mechanisms, context and system dependence
Laurence Moore 教授(グラスゴー大学)


15:00-15:30 コーヒーブレイク


15:30-16:00 JAGES HEART(日本老年学的評価研究: 健康の公平性評価・対応ツール)を用いた市町村支援研究
近藤克則 教授(千葉大学)


16:00-16:30 高齢者の虚弱化を予防し健康余命を延伸する社会システムの開発
新開省二 副所長(東京都健康長寿医療センター研究所)


16:30-17:20 パネルディスカッション


17:20-17:30 閉会挨拶 森田朗 教授(津田塾大学総合政策学部、RISTEX「科学技術イノベーション政策のための科学 研究開発プログラム」プログラム総括)


17:30-19:00 懇親会



主催:国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)
共催:国立研究開発法人 科学技術振興機構 社会技術研究開発センター(RISTEX)
一般社団法人 ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)
後援:駐日英国大使館


【お問い合わせ先】
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)ロンドン事務所
contact@amedjp-uk.org


---------------------------------------------------

《個人情報の取扱いに関して》

AMED

AMEDは、ご提出頂きました個人情報につきましては、本シンポジウムの受付・運営業務に限り使用致します。尚、ご本人の同意がある場合、または法令に基づく正当な理由がある場合を除き、上記目的以外での利用及び第三者への開示・提示は致しません。

LINK-J

●ご記入・ご提出いただいた個人情報は、LINK-Jが以下の範囲内で取得いたします。

●本イベントで撮影した写真は、ホームページ・パンフレット等に使用する場合がございます。

【個人情報保護に関する基本方針】http://www.link-j.org/privacy/

【個人情報の利用目的】 http://www.link-j.org/use/





Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#318848 2018-02-23 11:59:46
More updates
Feb 26 - Feb 27, 2018
[ Mon ] - [ Tue ]
1:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
日本橋ライフサイエンスハブ
Tickets
両日とも参加(2月26日・27日) FULL
1日目だけ参加(2月26日) FULL
2日目だけ参加(2月27日) FULL
懇親会だけ参加(2月27日) FULL
Venue Address
東京都中央区日本橋室町1-5-5室町ちばぎん三井ビルディング8階 Japan
Organizer
AMED-RISTEXエイジングシンポジウム(2日間開催)
197 Followers