“フランスと日本の観光・まちづくり”から学ぶ、インバウンドを味方につけるチカラ TOKYO LOCAL THINKING -vol.33-

Description

【イベントの趣旨】

今年は、”EDITORYインバウンド元年”と称し、数回に分けて海外・インバウンドに精通したゲストをお招きしています。笑い話から、ビジネスシーンで役立つお話まで、インバウンド時代を迎え撃ち、味方につけるチカラを得られるトークイベントを企画しています。

今回のゲストは、セバスチャン・デュバルさんです。

セバスチャンさんは、フランス生まれ。
様々な国で滞在し、その経験を通じて観光業に従事されています。
現在は観光のマーケティング会社の株式会社マーケティング・ボイスに所属。
その他、ご自身で動画でのプロモーション活動も行っています。

今回、セバスチャンさんにご紹介いただくのは、
フランスと日本の観光比較やまちづくりからみるインバウンドの施策や課題について。

日本とフランスでは、そもそも観光のウェブサイトのUIデザインには違いが!
外国人目線から見る、日本とフランスの違いはいかに!?
そして、お金をかけずに、まちにあるものを活かしていく秘訣を伝授し、
今後のインバウンドで成功するためのポイントをお話しします。


・外国人からみた、これからの日本のインバウンドは?

・訪日外国人旅行者が集まる町って?

・具体的な施策って何が効果的?

・今あるモノを活かして、インバウンド対応したい!

・観光はもちろんだけど、外国人を長期で滞在させるにはどうしたらいい?


などなど、

参加者のみなさんとコミュニケーションをとりながら、質問・疑問に答えて頂きます!

楽しいトークの中から、地域活性やインバウンドに繋がるヒントが学べる会です。

ぜひお気軽にご参加ください。


【 トークゲスト 】

Sébastien Duval(セバスチャン・デュバル)
株式会社マーケティング・ボイス マーケティング・プロデューサー

私はフランスで生れ、欧州を縦横し、中国を訪ね、日本に定住する前には、米国と韓国でも滞在し仕事をしてきました。私は温厚で優しい人々、様々な絶景、露天風呂、驚きの数々…そんな日本が大好きです。更に、極めて鮮明な記憶が沢山あります:北海道釧路市で息をのむような星空、白川郷での宿泊、富士山の頂上からの日の出、草津白根山の火口湖、鳥取県の巨大な砂丘、札幌市の雪祭り、西表島のマングローブとジャングル、佐渡ヶ島のアース・セレブレーション、納沙布岬の流氷、沖縄諸島のジンベエザメ、初めて食べたアイヌ料理、初めて作った金箔の宝飾品…
14年間以上をアジアで過ごし、現在は東京の郊外(東京都町田市)に住んでます。東京都新宿区のマーケティング会社「マーケティング・ボイス」で、マーケティング・プロデューサーをしてます。日本語・英語・フランス語で、心理学、経営、工学、情報学(特にバーチャル・リアリティとsmart clothes)を勉強して、フランスでは修士号三つを取得し、日本の総合研究大学院大学では博士号も取得しました。つい最近旅行産業経営塾を卒業して、日本で添乗員・ツアーガイド・日本の上級救命技能(心肺蘇生・AED他)などの資格や認定も取得しました。
私は毎日瞑想をし、良くウォーキングし、家でビーガン・ベジタリアン・フランス料理を作ったり、(仕事の為に)時々レストランで日本の伝統的な和食料理やハラール対応食品を食べたりしています。最近では、仏教伝道協会で「仏教を初歩英語で学ぶ」を受講する事、長年会ってない友達と再会する事、日本の昔話(物語)がテーマのツアーを企画・ガイドする事などに取り組んでいます。あなたも日本が大好きですか?ここに住んで、毎日日本文化と自然を楽しんで、ご自身が決めた方法で、より良い世界を作りましょう!


【 懇親会 】

後半の懇親会では、ゲストの方はもちろん、参加者同士でフランクに交流して頂ける場となっております。今回はベジタリアン料理をご用意いたします。また、ドリンクもご用意しておりますので、ぜひご賞味ください☆

また、懇親会の終わりにPRタイムを設けていますので、
「PRがしたい!」という方は、チラシや名刺などをお持ちください!


========================

■イベント概要

日時:2017年1月25日(木) 19:30よりイベント開始(開場は19:00)

会場:EDITORY(エディトリー)神保町 2F

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-12-3 安富ビル 2F


参加費(おつまみ&ドリンク付)

前売:1,500円

<開催スケジュール>

19:00  開場

19:30  トーク開始

20:00  交流会スタート ※トーク内容によっては時間が前後する場合がありますのでご了承ください。

21:30  終了



■主催:EDITORY 神保町(『THINK! TOKYO LOCAL』プロジェクト事務局)

EDITORY 神保町http://www.editory.jp/  
THINK! TOKYO LOCALプロジェクト:http://thinktokyolocal.com/

■プロジェクト発起の背景

主催のEDITORY(エディトリー)神保町は、コワーキングスペース(シェアオフィス)やイベントスペースの運営を通して、EDITORY 会員や街、企業などとのコラボレーションを生みながら、地域で活動する人々との関係性を積み重ね、様々な交流の場を創ってきました。
さらに神田の街に還元できる活動として、『THINK! TOKYO LOCAL』プロジェクトが2014年10月よりスタートしました。

トーキョーローカルエリア(主に神田エリア)で活躍する人を応援する「PEOPLE」、地元住民、企業、学生などが集まり、一緒にまちの賑わいづくりについて考える「THINKING」、様々なプロジェクトを実行に移す「ACTION」の3つテーマに活動しています。


2017年4月22日,23日の2日間に渡り、コーヒーの街・神田神保町・錦町PRの一環として地域のコーヒー店と共同で「COFFEE COLLECTION around KANDA NISHIKI-CHO 2017 SPRING」を開催しました。毎回大盛況で、数多くの方が足を運ぶなど、街の賑わいも生み出すコワーキングスペースです。

http://coffeecollection.tokyo/



『EDITORY 浅草橋』

モノづくりの文化が根付く台東区浅草橋の駅から徒歩1分、「モノづくり」をコンセプトにした新しい形のシェアオフィス。
こだわりのアンティーク家具や、カラフルな内装は、まるでパリのアパルトマンのよう。
ワークショップや撮影など幅広く利用されています。

http://asakusabashi-editory.jp/

Thu Jan 25, 2018
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
前売 講演会&懇親会チケット ¥1,500

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jan 24, 2018.

Venue Address
東京都千代田区神田神保町2-12-3 安富ビル2F Japan
Organizer
EDITORY神保町
777 Followers