Event is FINISHED

Japan Times Satoyama カフェ #3

Description

第3回 Japan Times Satoyama カフェを開催いたします!!

【概要】
日時:125日(木曜日)19:00-20:30
 ・19:00-20:00 Satoyamaカフェ
 ・20:00-20:30 ディスカッションを交えながら交流会
会場:一番町第二TGビル(東京都千代田区一番町2−2) 
実践者:村上律子氏
    株式会社しまの会社代表/NPO法人しまの大学理事
     (https://www.shimano-kaisha.co.jp/
司会進行:吉田雄人
    前横須賀市長/早稲田大学環境総合研究センター招待研究員
参加費:1,000
テーマ:「瀬戸内海 弓削島の地域型DMO ~里海×里山に生きる〜」
主催:Japan Times Satoyama推進コンソーシアム


愛媛県の離島、弓削島。

この島で人と人、人と自然の支え合いによる自立を目指し、周囲を巻き込みながら積極的な活動を続ける村上律子さん。村上さんが代表を務める「しまの会社」は、山や浜で採れる「摘み菜」や、伝統製法の「藻塩」をブランド化し、島に新しい富と活力を生み出した。

「しまの会社」では、島内だけでなく近隣諸島への配食サービス、民泊サービス、島内の女性グループが作る地域の資源を活用した手作り品や野菜、海産物などを販売する直売所の運営など、活動は島民を巻き込み、さらに加速している。

今回は、精力的に島の活性化を推進する、村上さんをお招きして第3回 Japan Times Satoyamaカフェを開催いたします。


*「弓削塩」で握ったおにぎりや島で採れた野菜もご試食いただけます。

<村上律子さま プロフィール>

㈱しまの会社代表取締役、NPO法人弓削の荘理事、NPO法人しまの大学理事、ゆげ女性塾代表、おいでんさいグループ代表。

1948年愛媛県上島町(旧弓削町)生まれ。38年間行政に携わり早期退職。

1993年「ゆげ女性塾」を設立し、環境問題に対し女性の視点を活かした活動を開始。

2004年には弓削島の16の女性グループで「おいでんさいグループ」を結成。直売所の運営や特産品の開発、体験交流。公的支援の行き届かないお年寄りへのボランティア活動などを行う。このグループのメンバーで出資し、2008年「(株)しまの会社」設立。

コミ二ティカフェ「しまでCafe」では食の安全にこだわり、摘み菜を主に地元素材にこだわった手料理を提供。特産品開発販売、耕作放棄地の再生などにも取組む。2010年には製塩の歴史を伝えるためNPO法人弓削の荘を設立。「東寺献上 弓削塩」の製造販売、塩をテーマにした「日本・フランス交流美術展 LeSeL・塩」などを開催する。同年、島の問題解決を島内外の人たちで取組む「NPO法人しまの大学」を設立。香りと癒し学部、摘み菜学部、商品開発学部、天命実現学部等、毎月授業開校。5年前より愛媛大学医学部との協働でカルピス、㈱カネカ両企業のモニター事業展開中。参加住民約270人。

Thu Jan 25, 2018
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
一番町第二TGビル
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
東京都千代田区一番町2-2 一番町第二TGビル Japan
Organizer
Japan Time Satoyama推進コンソーシアム
206 Followers