Event is FINISHED

「シナリオランド」オフラインイベント:困ったときの著作権 ~クリエイターとしてのサバイバルツールを手に入れる~

Description
「シナリオランド」では毎回、アニメや特撮作品の最前線で活躍しているゲストをお呼びし、ワークショップやトークショーなどを開催しております。

シナリオランド会員であれば無料で参加できるイベントではありますが、特別に有料にてスポット参加して頂くことも可能です。

今回1/26(金)のイベントでは、アニメーション製作会社トムス・エンタテインメントより、知財管理部長の笹平直敬氏をゲストにお迎えいたします。

コンテンツを扱うことは、イコール知財を扱うことでもありますので、クリエイターにとっても著作権は、自ら身を守るものだけではなく、創作していく上でも活用できるツールと言えます。

とはいえ著作権は、参考文献を読んでいてもなかなか身につかないものです。
そこで今回は、シナリオランドの運営者である脚本家・小林雄次(『プリキュア』シリーズ、『ウルトラマンオーブ』)と、プロデューサー・高達俊之(AIPE認定 知的財産アナリスト(コンテンツ))の2人で、笹平氏とトークも交えながら、実際に起こりうる事例も挙げて、皆さんと一緒に学んで行きます。

またとない機会ですので、ぜひご参加下さい!


【事例の一部】
・セリフの中で、実在する芸能人の名前が出てきますが、使用は問題ないのでしょうか?

・シリーズ構成という仕事が、脚本と同様に著作権を主張することはできないのでしょうか?

・今のアニメでは、パロディを行っている作品も多いですが、どこまでが許される範囲なのでしょうか?

・ようやく脚本家としてプロデビューし、TVアニメを一本書きました。
ですが、その後プロデューサーと喧嘩をしてしまい、自分の名前をクレジットの中に入れて貰えませんでした。
これは仕方のないことなのでしょうか?

・自分のアイデアが、他人に勝手に使われました。
自分のアイデアとして権利を主張することはできますでしょうか?

・昔「ゲッツ!」という言葉が流行りましたが、今執筆している作品の中でも、「ゲッツ!」を決め言葉に使うキャラクターが出てきています。
問題はありますでしょうか?

・完全オリジナルの漫画を描き上げ、出版したところ、とある作品に物語も登場キャラクターもそっくりだとネットで炎上しました。
私としては、全くその作品を知らなかったのですが、こうした場合でも、著作権の侵害になるのでしょうか?


◆プロフィール:笹平直敬
・株式会社トムス・エンタテインメント 知財管理部長
・一般社団法人日本動画協会 著作権委員会副委員長
・一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)

地上波放送局において編成・営業・メディア戦略業務を経験後、東芝・トヨタ自動車など約90社が出資した、世界初の移動体向け衛星デジタルマルチメディア放送局のスタートアップに参画。映像コンテンツの編成、アグリゲート、放送権購入業務ならびに映像・音楽分野全般の著作権業務に携わる。2009年株式会社トムス・エンタテインメントに入社。入社以来、一貫して契約業務、知的財産権管理業務ならびに原作権利者・権利者団体との渉外業務に携わり、2011年より現職。アニメ制作会社の団体である日本動画協会・著作権委員会副委員長として、アニメ業界全体の権利的地位の向上にも尽力している。


【開催概要】
◆イベント名
・困ったときの著作権 ~クリエイターとしてのサバイバルツールを手に入れる~

◆日時
・2018年1月26日(金)
・開場/19:00
・開始/19:30
・終了/21:00~21:30頃

◆場所
・あうるすぽっと(3F:会議室B2)
〒170-0013
豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F
TEL.03-5391-0751/FAX.03-5391-0752

◆入場料
・2500円(有料スポット参加料)
※シナリオランド会員であれば、イベント参加は無料になります。


【シナリオランド概要】
◆シナリオランドとは……
シナリオを中心としたクリエイター、及びクリエイターの卵、業界応援者たちが集う場です。激変するエンタメ業界の未来を担う人材の育成を応援しています。

■サロン名:シナリオランド
■サロンページ:https://lounge.dmm.com/detail/445/
■月額料金:1800円(税込)

◆特徴(1)
アニメ・特撮に強い
アニメ・特撮業界において、今まで多くの作品に携わったサロンオーナーの脚本家・小林雄次とプロデューサー・文芸の高達俊之を中心に、執筆ノウハウや最前線の情報をお伝えします。

◆特徴(2)
多彩なゲスト講師
脚本家を始め、プロデューサー、監督、俳優、声優等々……、人気作品に携わり、最前線で活躍するクリエイターがゲスト講師として参加します。

◆特徴(3)
会員限定特典
入会された方には、もれなくここでしか読めない「シナリオライター志望者のためのお助けQ&A集」(15,000字書き下ろし)を無償で提供中です。


※過去のイベントの模様
◆アニメCMの作り方
脚本家・武井彩さん(TVドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』『受験のシンデレラ』、特撮『ウルトラマンギンガS』等)から、会員一人ひとりに丁寧なご講評を頂きました!


◆アニメシナリオの考察
シナリオランドオーナーの脚本家・小林雄次と、アニメシナリオがどのように作られ、また制作現場でシナリオがどのように展開されるかを、皆さんと一緒に学びました!


◆特撮アクションとシナリオ
牙狼〈GARO〉』シリーズのアクション監督を始めとして、数々の特撮アクションに携わる大橋明さんを講師迎え、熱気の籠もったイベントとなりました!

◆脚本家がプロデュースする時代
ワークショップ:○○刑事を考える
自ら企画も行った映画『なつやすみの巨匠』を始めとして、アニメ『サクラクエスト』『黒子のバスケ』ドラマ『相棒』といった作品で多岐に活躍される脚本家・入江信吾さんを迎えてトークショーとワークショップを行いました!

◆ヒーローがヒーロー映画を撮るまでの軌跡
ワークショップ:1シーンシナリオ読み合わせ 高野八誠×脚本家
高野八誠プロフィール:ウルトラマンと仮面ライダーを両方演じ、個別のライダーを演じた唯一の俳優

◆「シナリオランド」プレイベント ~ここから始まる!アニメ・特撮シナリオの世界~
ワークショップ:ヒーロー物に登場する新しい怪獣を考える
Fri Jan 26, 2018
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
有料スポット参加 SOLD OUT ¥2,500
Venue Address
豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F Japan
Organizer
シナリオランド
65 Followers