Event is FINISHED

第48回こんぼ亭月例会「自分の感情とうまくつき合うために役立つ「道具」としてのマインドフルネス」

Description
こんぼ亭月例会秋冬公演第5弾を行います。
ぜひ、お越しください。
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
第48回こんぼ亭月例会
自分の感情とうまくつき合うために役立つ「道具」としてのマインドフルネス
2018年2月17日(土) 13時開演
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 世界中で注目されるマインドフルネス
 最近、メディアでマインドフルネスがよく取り上げられてますね。グーグルやP&Gなど、有名な企業でもストレス対処や作業能率によい影響があるとして社内研修が行われています。トップアスリートのメンタルトレーニングでも活用されています。アメリカではマインドフルネスの訓練を受けた末期がんの患者さんは、受けていない人と比べてモルヒネの量が少なくても痛みに耐えることができるという報告もあります。
 
マインドフルネスとは?
 日本マインドフルネス学会によると、マインドフルネスは「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれない状態で、ただ観ること」と定義しています。さらに「観るは、見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れる、さらにそれらによって生じる心の働きをも観る、という意味」としています。
「なぜそんなことが自分の感情とうまくつき合うために役に立つの?」と思われる方も多いと思います。
 今回のこんぼ亭月例会では、マインドフルネスがどのように自分の感情の波とつき合うのに役立つのか、どうしたら、マインドフルネスが身につくか説明します。またマインドフルネスは頭で理解するよりも、練習して実践することで役立つので、練習の仕方を参加した皆さんにも体験してもらいたいと思っています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
出演者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〇遊佐安一郎さんさん(長谷川メンタルヘルス研究所代表理事
 境界性パーソナリティ障害に対する心理療法の権威であり、家族療法、認知療法、弁証法的行動療法 の日本における第一人者。
〇精神疾患を持つ当事者
★こんぼ亭亭主(ご案内役):
 伊藤順一郎(メンタルヘルス診療所しっぽふぁ~れ院長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日時:2018年2月17日(土)13:00~16:00(12:30開場)
会場:行徳文化ホールI&I ホール (千葉県市川市末広1-1-48)
・最寄駅:東京メトロ東西線 行徳駅より徒歩5分
 アクセス:http://www.tekona.net/gyotoku/access.php
参加費:事前申込 3,000円 コンボ賛助会員の方は2000円
    当日申込 3,500円
※お振り込み後のキャンセルにつきましては、ご返金いたしません。
 ご注意ください。
お問合せ:NPO法人コンボ「こんぼ亭」係
      TEL: 047-320-3870      FAX: 047-320-3871


Sat Feb 17, 2018
1:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
行徳文化ホールI&I
Tickets
事前申込み:一般 SOLD OUT ¥3,000
事前申込み:コンボ賛助会員 SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
千葉県市川市末広1-1-48 Japan
Directions
東京メトロ東西線行徳駅より徒歩7分
Organizer
認定NPO法人地域精神保健福祉機構
267 Followers
Attendees
60