Event is FINISHED

アフリカの視点:ミレニアルズとメディア発信の意義 via『WIRED』

Description

クロストーク「アフリカの視点:ミレニアルズとメディア発信の意義」

日時  2017年12月16日(土)13時〜15時00分
会場  渋谷ヒカリエ8/ Creative Lounge MOV aiiima 1
概要  9月発売の『WIRED』日本版VOL.29で、「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」という特集を組み、自身もケニア在住経験があるWIRED日本版編集長の若林恵氏と、ナイロビを中心にクリエイティブ表現の活動を行う2ManySiblingsのヴェルマ・ロッサ氏とオリヴァー・アシケ氏の3名に、それぞれの制作・発信活動の意図を通じた「アフリカの視点」の発信の重要性やおもしろさ、難しさについてお話を伺う。

共催 WIRED日本版(コンデナスト・ジャパン) | Maki & Mpho


▼登壇者プロフィール


2ManySiblings(トゥー・メニー・シブリングス): ケニア・ナイロビを中心に活動する、姉・ヴェルマ・ロッサと弟・オリヴァー・アシケのクリエイティブ・アートユニット。インスタグラムやタンブラーを通じて、オルタナティブなファッションやビジュアル・ストーリーを発信するかたわら、若手クリエイターたちをキュレーションしたファッション・音楽・カルチャーのイヴェント「Thrift Social」の開催や、ケニア国内外クリエイターや、UKやオランダのミュージアムなどとのコラボレーションも行う。


若林恵:『WIRED』日本版編集長。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。大学卒業後、平凡社に入社。『月刊 太陽』のスタッフとして、記事の編集に携わる。2000年にフリー編集者として独立し、以後、『Esquire日本版』『TITLE』『LIVING DESIGN』『BRUTUS』『GQ JAPAN』などの雑誌、企業や大使館などのためのフリーペーパー、企業広報誌の編集制作などを行ってきたほか、展覧会の図録や書籍の編集も数多く手がけている。また、音楽ジャーナリストとして『intoxicate』『MUSIC MAGAZINE』『CD Journal』等の雑誌で、広範なジャンルの音楽記事を手がけ、近年では音楽レーベルのコンサルティングなども行う。


マキ(モデレーター)ファッション・インテリアブランド「Maki & Mpho」共同創業者兼マネジングディレクター。南アフリカ出身のテキスタイルデザイナー、ムポ・ムエンダネとともに、デザインを通じて、アフリカの多様な視点を世界に発信することをミッションに活動する。

Updates
  • Title was changed to "アフリカの視点:ミレニアルズとメディア発信の意義 via『WIRED』". Orig#302400 2017-12-15 12:04:19
Sat Dec 16, 2017
1:00 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
渋谷ヒカリエ8/ Creative Lounge MOV aiiima 1
Tickets
通常チケット SOLD OUT ¥3,000
学割(学生証の提示をお願いします) SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 8F Japan
Organizer
Maki & Mpho
147 Followers