Event is FINISHED

French Comedy de Noël

Description
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
French Comedy de Noël
-Don’t you wanna peep international humor !?-
(日本語は下記しております。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
【Event Summary】
\ Internartional Comedy Night produced by French 3 comedy musketeers♪ /
Why don't you spend Christmas Eve on December 24th internationally and have a pleasant holy night ? We will have a fun time at "INBOUND LEAGUE" opened in 20th October.
Either by yourself, with your family or with your lover ! Please enjoy valuable time filled with global laughter in three languages ​​of Japanese · English · Français.

【Date and Time】
Sunday, December 24, 2017
15: 00-17: 00
--
14: 30 - Doors Open
15:00 - Event start
17:30 Event end
Withdrawal · Party preparation
17: 30 - 20: 00 Christmas party ※Applicant only
【Place】
INBOUND LEAGUE 8th Floor
5-15-14 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022
03-6709-8057
【Registration】
MAX 20 people
Application form:http://ptix.at/fDJfoc
【Event Fee】
1,500yen
※ It can be enjoyed at half price of rakugo event of Shinjuku neighborhood!
※ Separate fee will be charged for the Party.

【Cast Performers · Activities】
■Yacine Belhousse (From France / Stand-up comedian)
Performing in English / English performance / Stand-up en anglais
■ Stéphane Ferrandez (From France / Rakugo - Story teller)
Performing in French / French performance / Contes en français
■Cyril Coppini (Rakugo)
Performing in Japanese / Japanese Performance / Rakugo en japonais

【Profile (Detail) 】
■ Yacine Belhousse (From France / Stand-up comedian)
Made in France Cosmopolitan Frenchman Yacine Belhousse is at the forefront of a new generation of comedy currently burgeoning in Paris. The Parisian standup who opened for Eddie Izzard on his recent French tour is coming to Japan to perform an all-English show for the first time. Yacine touches on all the typical French subjects including cheezy-garlic-baguettes with berets. But most of all he wants to know: “Voulez-vous laugh-ez avec moi ce soir?”

■Stéphane Ferrandez (From France / Rakugo - Story teller)
1973 Born in Lyon, artist and human love artist Stephen Ferrand. In 2009, He stayed in Kyoto with director Sandrine · Gabria for half a year and studied rakugo from Japanese rakugo. Sandrine · Gabria In 2010, they organized a dance called "Histoires tombées d'un éventail" and currently speak French Rakugo based on experience in Japan wearing kimonos in French-speaking countries It is showing off. Since 2011, he has appeared in "Japan Expo" (Paris · Marseille · Belgium) which is also talked about in Japan, holds a rakugo workshop at the Japanese Culture Center in Paris, and in March 2012 he will be present in Japan (Kyoto · Osaka · Nagoya · Tokyo · Sendai · Fukuoka) We are also hosting a tour, I came to Japan again from the end of March 2013 and also performed French Rakugo throughout the country. Director Sandrine Gabria who stayed in Kyoto for half a year is directing Stephen's oral presentation. In 2014, she plans to host "Avignon Theater Festival's vaudeville" in collaboration with the Japanese 噺 家 三 竜 亭 竜 楽 and Hayashiya Duta at the biggest theater festival in Europe "Avignon Theater Festival" (held in July).

■Cyril Coppini (Rakugo) duck duck copy 2 (Cyril · copyni)
Full-edition Japanese rakugo performance by French people!
Performing at a dinner show, an elderly home / welfare center, corporate events, etc.
~ Mercy my rakugo party (business trip) ~ I will go to see your smile!
In 1973 he was born in Nice in Southern France and started to study Japanese in high school, visited Japan in September 1997 (Fukuoka), to the "Kyushu Japanese-French Studies Hall" Work. I went to Tokyo in 2001 and currently belongs to Anstitute Francais Japan in the French Embassy in Japan. In 2010, he met Rakugo and Hayashiya Kenta in Osaka and got to know Rakugo in full swing. He participated in "Rakugo International Convention in Chiba" held in 2011 and won third place. I accompany him in coordination and interpretation of the French performance of Sansutei Ryugaku who plays rakugo in foreign languages, and he is active in spreading rakugo overseas abroad. In July 2014, oral performances were held with Ryusuke and Mr. Kota at the world's biggest theater festival "Avignon Festival". In October 2015, "Rakugon society by French people" in Japan, December the same year realized the tour of Switzerland.
From 2015, they will also demonstrate & lecture series "RAKUGO to the world" at the Meiji University Nakano Campus and the domestic NHK Cultural Center. In addition, he is in charge of the French version of comic book "Ikuruko Son" (Shogakkan) published on Rakugo. From 2016, regular appearance at Asakusa Toyokan.

------------------------------

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「French Comedy de Noël」
-Don’t you wanna peep international humor !?-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
【概要】
\フランス人お笑い3銃士による、国際的な異色混合のComedy Night ♪/
12月24日のクリスマスイブは国際的で、愉快な聖夜を過ごしてみませんか?
今年の10月にOPENした「INBOUND LEAGUE」で楽しい時間をお届けします。
お一人でも、家族連れでも、恋人同士でも良し!日本語・English・Françaisの3言語による、グローバルな笑いに満ち溢れた貴重な時間をどうぞお楽しみください。

【日時・タイムスケジュール】
2017年12月24日(日)15:00〜17:00
14:30 - 受付
15:00 - イベント開始
- 17:00 イベント終了
17:00 - 17:30 撤収・パーティー準備
17:30 - 19:00 クリスマスパーティー
※希望者のみ(出演者の方を囲んで懇親会予定)
【場所】
INBOUND LEAGUE 8階
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-15-14
03-6709-8057
【参加予定人数】
15〜20名
【入場料】
1500円
※新宿界隈の落語イベントの半額で楽しめます!
※懇親会は別途料金をいただく予定です。
【申し込み】
http://ptix.at/fDJfoc
【出演者・演目】
・Yacine Belhousse (From France / Stand-up comedian)
Performing in English / 英語パフォーマンス / Stand-up en anglais
・Stéphane Ferrandez (From France / Rakugo – Story teller)
Performing in French / フランス語パフォーマンス / Contes en français
・Cyril Coppini (Rakugo)
Performing in Japanese / 日本語パフォーマンス / Rakugo en japonais

【プロフィール】
■Yacine Belhousse (From France / Stand-up comedian)
フランスが産んだコスモポリタンなフランス人ヤシンヌ・べルースは、現在、パリで急成長してきている新世代コメディの最前線で活躍している。最近、フランス講演をエディイザールのオープンしたパリの劇場でやっていたのだが、それを全編英語でのショーに変え、日本ツアーに満を辞してやって来る。ヤシンヌは、すべての典型的なフランスのテーマに触れながら話をするが、彼が何よりも一番知りたいことは「Voulez-vous laugh-ez avec moi ce soir?」

■Stéphane Ferrandez (From France / Rakugo – Story teller)
1973年リヨン生まれ、芸術や人間を愛するアーティストステファン・フェランデス。
2009年には演出家のサンドリーヌ・ガーブリアと京都に半年滞在し、日本の落語家から落語を学ぶ。
サンドリーヌ・ガーブリア2010年には『Histoires tombées d’un éventail(扇子から落ちた話)』という口演を開催し、現在、着物を着て日本での経験を元にしたフランス語落語をフランス語圏の国で披露している。
2011年より、日本でも話題の「ジャパン・エキスポ」(パリ・マルセイユ・ベルギー)に出演し、パリの日本文化会館で落語のワークショップを開催し、2012年3月に日本国内(京都・大阪・名古屋・東京・仙台・福岡)でもツアーを開催している。
2013年の3月末から再度に来日し、全国各地でフランス語落語も行いました。京都に半年間一緒に滞在した演出家のサンドリーヌ・ガーブリアがステファンの口演を演出している。
2014年にはヨーロッパ最大の演劇フェスティバル「アヴィニョン演劇祭」(7月開催)で、日本人の噺家三遊亭竜楽と林家染太と共演し、「アヴィニョン演劇祭の寄席」を開催予定。

■Cyril Coppini (Rakugo) 尻流複写二(シリル・コピーニ)
フランス人による全編日本語の落語パフォーマンス!
ディナー・ショーや老人ホーム/福祉センター、企業イベントなどで出演中
~メルシー僕の落語会(出張編)~ 皆さんの笑顔に会いにいきます!
1973年に南仏のニースで生まれた尻流複写二は、高校時代に日本語の勉強を始め、 1997年9月に来日(福岡)し、フランス政府公式機関である「九州日仏学館」に勤務。
2001年に上京し、現在、在日フランス大使館内アンスティチュ・フランセ日本に所属。 2010年大阪の落語家・林家染太との出会いをきっかけに本格的に落語を教わる。
2011年に開催された「落語国際大会イン千葉」に出場し3位を獲得。外国語で落語を演 じる三遊亭竜楽のフランス公演のコーディネートや通訳で同行し、落語の海外普及にも積極的である。
2014年7月、世界最大演劇祭『アヴィニョン・フェスティバル』で竜楽さんと染太 さんと口演を開催。2015年10月は日本国内「フランス人による落語会」、同年12月はスイ ス・フランスのツアーを実現。
2015年より、明治大学中野キャンパスや国内のNHK文化センターで「RAKUGOを世界へ」 という実演&講演会シリーズも行う。また、落語をテーマにした漫画『どうらく息子』(小学館 刊)のフランス語版を担当。2016年より、浅草東洋館にてレギュラー出演中。
Sun Dec 24, 2017
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
INBOUND LEAGUE 8F
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
東京都新宿区新宿5-15-14 INBOUND LEAGUE Japan
Directions
都営新宿線・副都心線・丸ノ内線「新宿三丁目駅」出口E1より徒歩2分 ・ 都営大江戸線「東新宿駅」出口A3より徒歩7分 ・ JR各線「新宿駅」東南口より徒歩10分 ・ 丸ノ内線「新宿御苑前駅」出口3より徒歩10分 ・ 西武新宿線「西武新宿駅」南口より徒歩12分
Organizer
INBOUND LEAGUE
45 Followers