Event is FINISHED

11/29「Most Likely to Succeed 」日本語字幕版上映会 @Peatix Japan in Ebisu

Description
「Most Likely to Succeed」 は、人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀の子ども達にとって必要な教育とはどのようなものか?というテーマについて、「学校は創造性を殺しているのか?」TEDトークで著名なケン・ロビンソン卿、カーンアカデミーのサルマン・カーン氏、ハーバード・イノベーション・ラボ所属の、トニー・ワグナー氏などの有識者や多くの学校取材を2年間積み重ねられ制作されたドキュメンタリー作品です。2015年の公開以来、3000以上の学校や公共施設、教育カンファレンスなどで上映されています。我々も、昨年度の6月以来10回上映会を実施し、今まで300名を超える方々にご覧をいただき、大変好評をいただいております

この秋日本語字幕が完成し、初の東京での上映会が実現することになりました。お席は限られておりますので、早めのお申し込みをお待ちしております。



「教育ドキュメンタリー作品の中で最高峰の一つだ」 Education Week
「すべての親と教師が必ず見るべき作品だ」 Film Threat

映画鑑賞後は、テーマ別のディスカッションを予定しております。以前のディスカッションの様子をご覧ください。

映画概要:

現在の教育システムは、1893年の工業化時代に考えられた仕組みであり、世界の経済がそれ以来大変化を遂げている一方で学校教育システムの変化は遅れている。「21世紀に活躍する人材に必要な資質と育む環境はどうあるべきか?」、という大きな課題について、大勢の教育関係者の取材や、2000年の開校以来未来型教育を研究・実践しているHigh Tech High Schoolについての密着取材を実施し、どのように生徒の可能性を最大限に広げる教育を実施することができるのかというテーマを掘り下げた作品。

2015年に、サンダンス映画祭、トライベッカ映画祭、クリーブランド国際映画など、数多くの映画祭での公式作品され、現在全米50州での上映会終了後もなお様々な学校や公共機関などで主催される上映会が継続されている。

日本語でのあらすじを事前に知りたい方は、FutureEdu Tokyo 作成のあらすじ記事をご覧下さい。また、カリフォルニアでの上映会に参加された、EdTech Women Tokyo 橋本さんによるブログ記事がアップされました。合わせてご参考ください。

イベント概要:

会場:Peatix Japan 株式会社イベントスペース
住所: 東京都渋谷区恵比寿4-6-1 恵比寿MFビル 8F (恵比寿駅東口から徒歩3分)


スケジュール:

18:30 - 開場
19:00 - 19:10 - ご挨拶と、映画の背景のご紹介
19:10 - 20:40 - 映画上映
20:45 - 21:30 - 少人数グループでのディスカッションと、全体での共有
21:30 - 22:00 - 全体懇親会

上映会主催パートナー: 

Peatix Japan

上映会主催: 

FutureEdu Tokyo

FutureEdu Tokyo について
21世紀教育について教育者、親という立場を超えて話し合う場を設けたいという思いで始まった有志団体です。2016年の6月以来、過去8回本作品の上映会活動を続けています。現在計算スピードや技術の向上により、今までにないスピードで、人工知能、ロボット、など新産業革命が始まっています。不確実性が高まり大きな変化が起こり始めている今、どのような教育、教育環境を目指すべきなのかという問いに対してのヒントになる情報発信やワークショップも行なっています。



Wed Nov 29, 2017
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
映画鑑賞+ディスカッション参加 (1000円 当日払い) FULL
お弁当付き映画鑑賞+ディスカッション参加(2500円 当日払い) FULL
Venue Address
東京都渋谷区恵比寿4-6-1 Japan
Directions
恵比寿駅東口から徒歩3分
Organizer
FutureEdu Tokyo
541 Followers