ゲンロン友の会第8期総会:国難突破総会、もしくは地獄――観光から刊行へ

Description
写真=丸尾隆一

ワンドリンク+食べ放題!! ゲンロン日本酒バーもオープン!!


仮装大会やります!!

今年のテーマは「国難突破」もしくは「地獄」です!!
プチ仮装もおすすめですっ!! 豪華賞品もありますのでぜひ!!


  • ゲンロン友の会会員のみご参加いただけます。購入前に友の会にご入会ください。
  • 本イベントは第1会場(ゲンロンカフェ)・第2会場(五反田アトリエ)・第3会場(ゲンロンオフィス)の3会場での開催となります。
  • 全会場、開場時間は14:30です。
  • 受付は第1会場となります。第2,3会場のイベントをご覧になりたい方も、あらかじめ第1会場で受付をお済ませください。
  • [トークショー1]の模様は第3会場にも中継いたします。
  • 入場料にはワンドリンクおよび第1,3会場で提供されるディナービュッフェが含まれます。
  • 追加ドリンクはキャッシュオン(現金都度購入)でのご提供となります。
  • 小学生以下のお子さまを2人まで無料で同伴することができます。3人以上のお子さまを同伴される方はご相談ください。
  • 会員+非会員ペアチケットを購入されると、会員でない方を1名同伴することができます。
  • 友の会に新規にご入会いただきまだ会員番号の届いていない方は、会員番号欄に「0000」とご記入ください。こちらで登録情報を照会いたします。
  • 当日の入場券は13,000円 (1ドリンク付き)です。
  • 当日のペアチケットは27,000円 (1ドリンク付き)です。
  • 学生の方は、学生証のご提示で、入場時に1,000円の返金(割引)をいたします。
  • 第1会場から第2会場へは徒歩約7分、第1会場から第3会場へは徒歩約2分です。受付にて地図をお渡しします。


【イベント概要】


ゲンロン友の会、年に1度の会員限定のお祭り騒ぎ!
今年もあの伝説の総会が帰ってきました!


ワンドリンク+食べ放題、トークショーありアートパフォーマンスありオークションありマジックショーありクイズ&麻雀大会あり、15:00から翌朝5:00まで、ノンストップの饗宴14時間

2017年は、東浩紀が毎日出版文化賞を受賞した「ゲンロン0 観光客の哲学」を始め、ゲンロンに所縁のある作家、批評家の方々が、力作を次々と刊行!
今年の総会は、ゲンロン的2017年刊行ツアーです!

加藤典洋、椹木野衣、津田大介、佐々木敦、さやわか、大森望、柳下毅一郎、石戸諭、小松理虔、大山顕、大澤聡、黒瀬陽平、坂上秋成、吉田雅史らの超豪華ゲスト陣によるトークショー! カオス*ラウンジ+磯村暖による熱狂のアートパフォーマンス! 恒例の寿司職人もやってきて、食事も充実! 小松理虔さんプロデュースの「ゲンロン日本酒バー」もオープン!


学割あり! 家族や友人、恋人を連れて来たい方のために、会員+非会員ペア券もご用意しました! 
恒例の、参加者の審査による仮装大賞決定も行います。テーマは「国難突破」もしくは「地獄」です!! 豪華賞品もありますのでぜひ!!(今年は更衣室のご用意がないので、プチ仮装推奨)!

「ゲンロンカフェ」「五反田アトリエ」「ゲンロンオフィス」の3会場同時開催で、 過去最高にパワーアップしたゲンロン総会、今年も見逃せない!



【メインプログラム】

  • トークショーのタイトルなどは仮です。一部変更になる場合があります。
  • メインプログラム以外にも、様々な催しものが盛りだくさんです!


→ タイムテーブルへのリンクはこちら


▶︎ 第1会場:ゲンロンカフェ


15:00-17:00 [トークショー1]

加藤典洋×大澤聡×東浩紀

1850/1930/2010ーー『もうすぐやってくる尊皇攘夷思想のために』刊行記念座談会

※ 第3会場で生中継をご覧いただけます。

18:40-19:10

東浩紀

数字で見るゲンロンのいまⅥーー『ゲンロン0 観光客の哲学』刊行&毎日出版文化賞受賞記念プレゼン

※ 第2,3会場で生中継をご覧いただけます。

20:00-21:00 アートパフォーマンス

カオス*ラウンジ+磯村暖


24:00-24:30 [トークショー6]

大山顕

ヴェンチューリからテロリズムまで——『スマホの写真論』刊行に向けて考えるラスベガス


25:00-26:30 [トークショー7]

津田大介×東浩紀

【ニッポンの放談#3】2017年徹底総括! おれたちはポピュリズムに勝てるのか——『「ポスト真実」の時代』刊行記念対談


27:00-28:00 [トークショー10]

吉田雅史

MC MA$A$HIのヒップホップ教室——『ラップは何を映しているのか』刊行記念講座



▶︎ 第2会場:五反田アトリエ


15:30-17:00 [トークショー2]

椹木野衣×黒瀬陽平

「悪い場所」再論2017——『震美術論』刊行記念インタビュー


17:30-18:30 ライブペインティング

藤城嘘


19:30-21:30 [トークショー3]

大森望×柳下毅一郎

【大森望のSF喫茶 特別編】2017年海外SFが復活した!ーー新訳『すばらしい新世界』『銀河の壺直し』&『J・G・バラード短編全集』刊行記念対談


22:30-23:30 [トークショー5]

佐々木敦

【ミニトーク】佐々木敦と新しい小説について語ろう——『新しい小説のために』刊行記念トーク


24:30-26:00 [トークショー8]

さやわか

さやわか式☆ベストハンドレッド2017――『qtµt キューティーミューティー』移籍&続巻刊行決定記念


26:00-27:30 [トークショー9]

さやわか×黒瀬陽平×坂上秋成×大澤聡

【さやわか式☆ベストハンドレッド2017 with 黒瀬陽平&坂上秋成 feat. 大澤聡】2017年とはなんだったのか? すべてのサブカル批評がここに結集する!――『1990年代論』『僕たちのインターネット史』『TYPE-MOONの軌跡』刊行記念座談会



▶︎ 第3会場:ゲンロンオフィス

  • 小松理虔さんプロデュースの「ゲンロン日本酒バー」がオープン!

15:00-17:00 [トークショー1]

加藤典洋×大澤聡×東浩紀

1850/1930/2010ーー『もうすぐやってくる尊皇攘夷思想のために』刊行記念座談会

※ 第1会場からの生中継をご覧いただけます。


21:30-23:00 [トークショー4]

石戸諭×小松理虔

ゲンロン日本酒バーで語る「ほんとうのこと」——『リスクと生きる、死者と生きる』刊行記念&『浜通り通信』刊行予定対談



【出演者紹介】

石戸諭(いしど・さとる)

1984年生まれ、東京都出身。BuzzFeed Japan(バズフィード・ジャパン)記者。2006年立命館大学法学部卒業、同年に毎日新聞入社。岡山支局、大阪社会部、デジタル報道センターを経て、2016年1月にBuzzFeed Japanに入社。単著に『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房)。


磯村暖(いそむら・だん)

1992年東京生まれ、東京在住。2016年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。2017年、ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校第2期卒業(卒業時 金賞受賞)。
主な活動に、ロンドンと東京でのレジデンスプログラム参加中に行なった個展「Two glasses of water / 2000000000000000000000000 water molecules」(The Vitrine, Central Saint Martins, ロンドン, 2017)、「A glass of water / 1000000000000000000000000 water molecules」(遊工房, 東京, 2017)や、KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭プレ企画「藝大子アートプロジェクト」への参加などがある。また2016年より自宅でパーティーを度々主催し、2017年にネパール人移民と共に行なったパーティー「HOME PARTY#1」をギャラリー空間内で再構築、再解釈したインスタレーション「HOME PARTY#2」(カオス*ラウンジ五反田アトリエ, 東京, 2017)を発表した。2017年11月には、ワタリウム美術館地下On Sundaysにて個展「Good Neighbors」を開催。現在はグローバリズムの転換期の景色を見つめ、訪れた土地や日本で出会う移民たちの故郷のヴァナキュラーな文化や宗教美術、物理学、SNS上の美学等を参照してインスタレーションや絵画を制作している。

梅沢和木(うめざわ・かずき)

撮影:水津拓海(rhythmsift)
1985年生まれ。美術家。武蔵野美術大学映像学科卒業。ネット上の画像を集め再構築し、アナログとデジタル、現実と虚構の境目を探る作品を制作し発表している。2013年に「LOVE展:アートにみる愛のかたち―シャガールから草間彌生、初音ミクまで」、「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」などの展示に参加。2010年に個展「エターナルフォース画像コア」、2012年に個展「大地と水と無主物コア」を開催。CASHIおよびカオス*ラウンジに所属。

大澤聡(おおさわ・さとし)

1978年生まれ。批評家/メディア研究者。近畿大学文芸学部准教授。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。各種媒体にジャーナリズムや文芸に関する論考を発表。著書に『批評メディア論』(岩波書店)。編著に編著に『三木清教養論集』『三木清大学論集』(ともに講談社文芸文庫)などがある。


大森望(おおもり・のぞみ)

1961年高知生まれ。書評家・SF翻訳家・SFアンソロジスト。〈ゲンロン 大森望 SF創作講座〉主任講師。著書に『21世紀SF1000』、『新編・SF翻訳講座』、《文学賞メッタ斬り!》シリーズ(豊崎由美と共著)、《読むのが怖い!》シリーズ北上次郎と共著)など。アンソロジーに《NOVA 書き下ろし日本SFコレクション》《不思議の扉》の各シリーズのほか、『星雲賞SF短編傑作選 てのひらの宇宙』など。訳書にコニー・ウィリス『ブラックアウト』『オール・クリア』など多数。2013年には『NOVA』が第34回日本SF大賞特別賞を受賞。

大山顕(おおやま・けん)

フォトグラファー/ライター。1972年11月3日生まれ。1998年千葉大学工学部修了。研究テーマは工場構造物のコンバージョン提案。工業地域を遊び場としてきた生い立ちがこの論文に結実。卒業後松下電器株式会社(現Panasonic)に入社。シンクタンク部門に10年間勤めた後、フォトグラファーとして独立。出版、イベント主催などを行っている。
主な著書に『工場萌え』『団地の見究』(共に東京書籍)『ジャンクション』(メディアファクトリー)、『ショッピングモールから考える——ユートピア・バックヤード・未来都市』(東浩紀との共著、幻冬舎新書)など。

加藤典洋(かとう・のりひろ)

1948年、山形県生まれ。文芸評論家。早稲田大学名誉教授。東京大学文学部仏文科卒。『言語表現法講義』で新潮学芸賞、『敗戦後論』で伊藤整文学賞。『小説の未来』『テクストから遠く離れて』で桑原武夫学芸賞を受賞。その他、単著に『アメリカの影』、『日本の無思想』、『戦後的思想』、『日本人の自画像』、『人類が永遠に続くのではないとしたら』、『戦後入門』、『敗者の想像力』など、共著に『日米交換船』(鶴見俊輔、黒川創)、『吉本隆明がぼくたちに遺したもの』(高橋源一郎)などがある。

黒瀬陽平(くろせ・ようへい)

1983年生まれ。美術家、美術評論家。ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校主任講師。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。博士(美術)。2010年から梅沢和木、藤城嘘らとともにアーティストグループ「カオス*ラウンジ」を結成し、展覧会やイベントなどをキュレーションしている。主なキュレーション作品に「破滅*ラウンジ」(2010年)、「キャラクラッシュ!」(2014年)、「カオス*ラウンジ新芸術祭2015『市街劇 怒りの日』」(2015年)など。「瀬戸内国際芸術祭2016」にカオス*ラウンジとして参加。著書に『情報社会の情念』(NHK出版)。

小松理虔(こまつ・りけん)

1979年いわき市小名浜生まれ。ローカルアクティビスト。いわき市小名浜でオルタナティブスペース「UDOK.」を主宰しつつ、いわき海洋調べ隊「うみラボ」では、有志とともに毎月1度の福島第一原発沖海洋調査を開催するなど、フリーランスの立場で地域に根ざしたさまざまな企画や情報発信に携わる。『ゲンロンβ』に「浜通り通信」を50回にわたって連載。

坂上秋成(さかがみ・しゅうせい)

1984年生。小説家、文芸批評家、ミニコミ誌『BLACK PAST』、『ビジュアルノベルの星霜圏』責任編集。代表作に『夜を聴く者』『惜日のアリス』(河出書房新社)、「みんなのコミック」連載中の『BIRTHDAY GIFT』など。『朝日新聞』、『産経新聞』、『共同通信』、『ユリイカ』、『cakes』、『4Gamer』、『週刊読書人』などに批評を寄稿。

佐々木敦(ささき・あつし)

撮影=新津保建秀
1964年生まれ。批評家。HEADZ主宰。〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉主任講師。『即興の解体/懐胎』(青土社)、『ex-music(L)』『同(R)』(アルテス・パブリッシング)、『「4分33秒」論』(Pヴァイン)、『シチュエーションズ』(文藝春秋)、『批評時空間』(新潮社)、『未知との遭遇』(筑摩書房)、『ニッポンの思想』、『ニッポンの音楽』(講談社現代新書)、『あなたは今、この文章を読んでいる。』(慶應義塾大学出版会)、『ゴダール原論』(新潮社)、『例外小説論』(朝日新聞出版)、『ニッポンの文学』(講談社現代新書)、など著書多数。近著に『未知との遭遇【完全版】』(星海社新書)、『筒井康隆入門』(星海社新書)、10/25発売『新しい小説のために』(講談社)がある。

さやわか

1974年生まれ。ライター、物語評論家、マンガ原作者。〈ゲンロン ひらめき☆マンガ教室〉主任講師。『クイック・ジャパン』『ユリイカ』などで執筆。『AERA』『ダヴィンチ』他で連載中。『月刊ビッグガンガン』に連載中の『キューティーミューティー』の原作を担当。著書に『僕たちのゲーム史』、『一〇年代文化論』(星海社新書)、『AKB商法とは何だったのか』(大洋図書)、『キャラの思考法』(青土社)がある。近著に『文学の読み方』(星海社新書)、『文学としてのドラゴンクエスト』(コア新書)など。

椹木野衣(さわらぎ・のい)

1962年埼玉県秩父市生まれ。1990年代初頭から東京を拠点に批評活動を始める。最初の評論集『シミュレーショニズム』(増補版、ちくま学芸文庫)は、90年代の文化動向を導くものとして広く論議を呼ぶ。また「アノーマリー」展(村上隆、ヤノベケンジほか参加、1992年、レントゲン藝術研究所)、「日本ゼロ年」展(岡本太郎、成田亨、横尾忠則ほか参加、水戸芸術館)ではゲスト・キュレーターを務めた。主著となる『日本・現代・美術』(新潮社)では日本の戦後を「悪い場所」と呼び、わが国の美術史・美術批評を根本から問い直してみせた。ほかに著書多数。2015年刊行の最新刊に『後美術論』(第25回吉田秀和賞、美術出版社)、『アウトサイダー・アート入門』(幻冬舎新書)、『戦争画とニッポン』(会田誠との共著、講談社)、『日本美術全集 第19巻 拡張する戦後美術』(責任編集、小学館)、『Don’t Follow the Wind 公式カタログ2015』(Chim↑Pomとの共著、河出書房新社)がある。また2014年に演出家の飴屋法水と「グランギニョル未来」を結成、日航機123便事故、東京電力福島第一原発事故を主題とする活動も行っている。

津田大介(つだ・だいすけ)

1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。 大阪経済大学客員教授。早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース非常勤講師。東京工業大学リベラルアーツセンター非常勤講師。一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)代表理事。メディア、ジャーナリズム、IT・ネットサービス、コンテンツビジネス、著作権問題などを専門分野に執筆活動を行う。ソーシャルメディアを利用した新しいジャーナリズムをさまざまな形で実践。ポップカルチャーのニュースサイト「ナタリー」の創業・運営にも携わる。 世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2013」選出。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)、『動員の革命』(中公新書ラクレ)、『情報の呼吸法』(朝日出版社)、『Twitter社会論』(洋泉社新書)、『未来型サバイバル音楽論』(中公新書ラクレ)ほか。2011年9月より週刊有料メールマガジン「メディアの現場」を配信中。

藤城噓(ふじしろ・うそ)

1990年東京生まれ。日本大学芸術学部美術学科卒業。美術作家。作家活動に並行して、集団制作/展示企画活動を展開する。「カワイイ」・「萌え」などの日本的/データベース的感性をベースに、都市文化や自然科学的なモチーフから発想を得た絵画作品を制作。主な個展に「キャラクトロニカ」(2013)、「ダストポップ」(2017)など。音ゲーを趣味とする(pop’n music LV47安定程度の実力)。

柳下毅一郎(やなした・きいちろう)

1963年大阪生まれ。雑誌編集者を経て英米文学翻訳家。主な訳書にR・A・ラファティ『第四の館』(国書刊行会)など。著書に『皆殺し映画通信』(カンゼン)、『新世紀読書大全』(洋泉社)など。編書に『女優林由美香』(洋泉社)など。

吉田雅史(よしだ・まさし)

1975年、東京生まれ。〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉初代総代。批評/ビートメイク/ラップ。「MA$A$HI」や「Nejel Mongrel」のアーティスト名義で、8th wonder、Immigrate Us、My Best Friend Goblin (was $10…) 等のグループで活動。レーベルAphasic Tone主宰。『ゲンロンβ』に「アンビバレント・ヒップホップ」を連載中。主著に『ラップは何を映しているのか』(大和田俊之氏、磯部涼氏との共著)。

東浩紀(あずま・ひろき)

1971年生まれ。東京都出身。哲学者・作家。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。株式会社ゲンロン代表、同社で批評誌『ゲンロン』を刊行。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)、『弱いつながり』(幻冬舎)など多数。2017年刊行の『ゲンロン0 観光客の哲学』(ゲンロン)で第71回毎日出版文化賞(人文・社会部門)を受賞。


【チケットについて】

  • チケット料金は税込価格です。
  • お支払い後のキャンセルは受け付けることができません。あらかじめご了承ください。

【その他】

  • イベントは延長となることがございます。途中、10分程度の休憩を挟みます。
  • イベント中、客席は禁煙となります。
  • 未成年の方、車でご来場の方にはアルコールを提供できません。
  • 18歳未満の方は23時以降の参加はできません。
  • 保護者が同伴しない18歳未満の方は22時以降の参加はできません。
  • 本イベントは一部インターネットでの動画配信を予定しております。ご来場のお客様は映像に映り込む可能性がございます。
  • イベント中の無断録画・録音はご遠慮ください。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#298945 2017-11-29 12:03:52
More updates
Dec 23 - Dec 24, 2017
[ Sat ] - [ Sun ]
3:00 PM - 5:00 AM JST
Add to Calendar
Venue
ゲンロンカフェ
Tickets
会員前売券 1ドリンク・立食ビュッフェ付 ※学生は当日1,000円のキャッシュバック SOLD OUT ¥12,000
会員+非会員ペア券 1ドリンク・立食ビュッフェ(各2名分)付 ※学生は当日1,000円のキャッシュバック ※非会員のみのご参加はできません SOLD OUT ¥25,000
Venue Address
東京都西五反田1-11-9 司ビル6F Japan
Organizer
ゲンロンカフェ
9,180 Followers