Event is FINISHED

Aging Style x GOOD DESIGNトーク#09「最先端医療・技術とデザイン」

Description

「Aging Style x GOOD DESIGNトーク」は、医師や専門家が自ら立ち上げた、医療・健康・美容情報サイト「Aging Style」とコラボレーションし、今注目度が高い「健康とデザイン」について毎回1テーマを決め、医療従事者、デザイナー・研究者、メーカーの3者がそれぞれの専門性からの取り組みを紹介、「健康をつくるデザイン」を探ります。

今回のテーマは、「最先端医療」。

2017年度グッドデザイン賞においても、ヘルスケアから最先端医療の領域に至るまで、たくさんの医療系デザインが受賞しましたが、中でも高い注目を集めた、医療の最前線を支える「最先端医療・技術とそのデザイン」を取り上げます。

ゲストに手術支援ロボット・ダヴィンチでの手術の第一人者である渡邊 剛氏、グッドデザイン賞審査委員で本年度医療系デザインの審査をご担当いただいた安次富隆氏をお招きし、最先端医療を支える技術とそのデザインについてご紹介します。また、本年度グッドデザイン賞受賞企業にもご参加いただき、デザインが医療の現場にできることについて考えます。


技術の革新とともに、医療も思っている以上に進んでいます。日本で唯一ロボット心臓手術を行い「心臓外科のブラック・ジャック」と呼ばれる渡邊先生のお話を聞くチャンスです。ぜひご参加ください!


Aging Style x GOOD DESIGNトーク #09
「最先端医療・技術とデザイン」


日時2017 12月1日(金) 開場18:00 開催18:30 - 20:30

会場:GOOD DESIGN Marunouchi (千代田区丸の内3−4−1 新国際ビル1F)
参加費1,000税込) 
着席定員:30名 +立ち見席10席程度

パネリスト:

渡邊 剛(わたなべ ごう)

ニューハート・ワタナベ国際病院総長、日本ロボット外科学会理事長、日伯研究者協会副会長

1958年、東京生まれ。心臓血管外科医、ロボット外科医 (da Vinci Pilot)、心臓血管外科学者、医学博士、(心臓血管外科専門医、日本胸部外科学会指導医)等々。“The Best Doctors in Japan 2016-2017”に選出。

プロフィール詳細: http://doctorblackjack.net/about/profile.html


安次富 隆(あしとみ たかし)

プロダクトデザイナー ・有限会社ザートデザイン 取締役社長

ソニー株式会社デザインセンターを経て、1991年に有限会社ザートデザインを設立。2008年より多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン教授。情報機器や家電製品などのエレクトロニクス商品のデザイン開発、地場産業開発、デザイン教育などの総合的なデザインアプローチを行っている。


モデレーター:

堀井 美香氏(TBSアナウンサー)


企業プレゼンター:


川本産業株式会社 GGアブソーテック 谷口 麻衣氏

マイクロ鑷子 マイクロ鑷子(KN) 31-1110脳外科マイクロ剪刀 シャルマン株式会社 藤木 孝行氏


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#299326 2017-12-01 02:25:52
More updates
Fri Dec 1, 2017
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
座席確保(参加費1000円は当日承ります) FULL
立見席(参加費1000円は当日承ります) FULL
Venue Address
東京都千代田区丸の内3−4−1 新国際ビル1F Japan
Directions
JR有楽町駅/地下鉄有楽町駅から徒歩5分 地下鉄日比谷駅から徒歩5分 JR東京駅から徒歩10分 
Organizer
GOOD DESIGN Marunouchi
1,712 Followers