Event is FINISHED

【満席御礼】COILセミナー vol.11 ドイツから学ぶワークライフバランスと障害者スポーツ ~なぜ地域スポーツが健康保険の適用対象となるのか?~

Description

COILセミナーvol.11

ドイツから学ぶワークライフバランスと障害者スポーツ  ~なぜ地域スポーツが健康保険の適用対象となるのか?~

ワークライフバランスとスポーツの普及には密接な関係性があります。スポーツが生活に根差したドイツの事例を通して、障害者のスポーツ参加について考察します


ドイツでは6000を超える地域型スポーツクラブで、60万人を超える障害者が定期的なスポーツ活動を行っています。これには、国民の3人に1人がスポーツクラブに登録し、定期的なスポーツ活動を行っているドイツのスポーツ文化が大きく影響しています。

ドイツで障害者スポーツを学んだ弊社代表の橋本が実際の体験や調査をもとに、最近注目が高まるドイツのワークライフバランスなど社会的な背景も含め、最新の取り組みを紹介します。

日時 2017125日(火)1830分~2000分(開場1815分)

会場 東京国際フォーラム ガラス楝会議室 4F G410

講師 橋本 大佑(一般社団法人コ・イノベーション研究所 代表理事)

主催 一般社団法人コ・イノベーション研究所

協力 公益社団法人日本フィランソロピー協会

定員 40

セミナー参加費 早割(1119日まで)1,620

前売        2,160

※前売完売につき当日券の販売はございません。

※介助者の方は無料です。

セミナーの流れ

第一部 『ドイツの障害者スポーツと社会背景』

国民の3人に1人が地域型スポーツクラブで活動するドイツで、どのように障害者スポーツが普及しているか?

第二部 『アクセシビリティから考えるドイツの障害者スポーツ』

障害のある女性のスポーツ実施率が高いドイツの実践例を通してアクセシビリティとスポーツ参加の関係性を学びます

講師紹介 橋本 大佑

(一般社団法人コ・イノベーション研究所 代表理事/ドイツ障害者スポーツ協会公認リハビリテーションスポーツ指導者B

筑波大学で障害児教育を学んだ後、渡独。日系企業に勤めながら地域で健康保険の適用範囲でスポーツが指導できるリハビリテーションスポーツ指導者資格(車いすスポーツ)を取得。2009年に日本に帰国した後、2013年に独立。2016年、一般社団法人コ・イノベーション研究所を設立し、代表理事に就任。スポーツを通じた障害者の社会参加促進に取り組み、国内外で障害者スポーツの指導法や、障害理解に関する講師を務める。

COILセミナー

コ・イノベーションセミナー(COILセミナー)では、人格と個性を尊重して支え合い、多様性を相互に認め合える「共生社会」を解決すべき社会課題として捉え、多様なステークホルダーを巻き込み、解決につなげることで、社会的な価値だけではなく、経済的な価値を創出することを目的として、専門的な知識を持つゲスト講師の講演や、東京2020に関する最新トピックス、新しい時代における人材開発や組織開発に関するセミナーを実施します。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#299861 2017-12-04 07:01:33
More updates
Tue Dec 5, 2017
6:30 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京国際フォーラム ガラス楝会議室 4F G410
Tickets
早割参加費(11月19日まで) SOLD OUT ¥1,620
参加費 SOLD OUT ¥2,160
Venue Address
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号 Japan
Directions
有楽町駅より徒歩1分 東京駅より徒歩5分
Organizer
一般社団法人 コ・イノベーション研究所
196 Followers
Attendees
42