Event is FINISHED

コミュニケーション・エクササイズVol.4 〜自分の表現を探求する〜

Description

コミュニケーション・エクササイズ~自分の表現を探求する~

音楽に合わせて、楽しみながら、自分を自由に表現するワークショップです。表現の仕方は自分の思うままに。自由に体を動かすことで、自分が開かれ、忘れていた自分を取り戻す瞬間を体験してみませんか?

こんな効果が期待できます。

40分かけて身体のあらゆる関節のストレッチによる健康増進。

正解を求められない自己表現による自己解放によるメンタルヘルス改善。

スモールステップで、チャレンジすることによる挑戦意欲増進。

各ステップでリフレクションと対話による内省と気づきのシェアによる自己と他者の受容力育成。

人材育成・教育・組織開発に興味がある方に特にオススメします。

ロバート・キーガンが「なぜ人と組織は変われないのか」の中で、目標を立てても固定観念を脅かされる不安から裏目標を立ててそれが阻害行動を引き起こす心の免疫システムについて解説しています。そうした固定観念を見直すためには、日常生活の中で、少しずつ固定観念の枠を広げることをテストしてみることがソリューションとして提案されています。

また、人材育成・組織開発のベースとされる経験学習モデルにおいても、具体的経験⇨省察⇨概念化した学びを能動的実験へ移行させることで初めて概念化が学びとしての意味を持つ、そこが不十分だと学習サイクルが機能しないと指摘されています。

では、心の免疫システムが働いてしまいがちな時、どのようにして能動的実験ができるようなれるのか?

その答えは、安心安全な場で、少しずつエクササイズしていくことだと思います。体を自由に解きほぐすことから、心を解きぐし、少しだけ自分を表現してみる。その経験が日常生活で少しだけチャレンジできる自分を作るのだと思います。そんなことをこのワークショプでは狙いとしています。

どなたでも、大丈夫です。

インストラクターは女性で、身体接触などはないため、女性の方も安心してご参加いただけます。

地域おこしのイベントでも開催。初心者の方でも無理なく参加いただけるよう配慮しています。

現役コンテンポラリーダンサー、ミュージシャンの本格的パフォーマンスも楽しめます。

参加された方々の感想

・体を伸ばすストレッチで体が柔らかくなり、自然と動き出したくなりました。

・一つ一つ丁寧にハードルを越えさせてくれるので、最初は自分にもできるか不安だったけど、最後は別人のようになりました。誘導のプロフェッショナルですね。

・非日常を味わいながら、自己を解放するいい機会になりました。

自分の体とのコミュニケーション、場とのコミュニケーションで感じる力が高まりました。

どなたでも、お気軽にご参加いただけます。動きやすい服装でご参加ください。

日時 1120日(月)1915分から2130

場所 銀座一丁目駅、宝町駅、京橋駅近く、お申し込みされた方にPeatixメッセージでお知らせします。

チケット 1回券 3,000円 2回券 5,000円 紹介者初回割引券 2,000円 


主催 Communication ex.lab.  https://www.facebook.com/CommuExLab/

ファシリテーター JOUじょう1966 -

日本の女性コンテンポラリーダンス作家、コンテンポラリーダンサー振付家Odorujou主宰。

アメリカ1990-1993年、 1997-1999年)、マレーシア1993-1995年)など海外でジョー高橋(Joe Takahashi)の名前で活動後、2000より日本を拠点とし、JOUに改名。 国内外で活動。2009年セッションハウス・レジデンスアーティスト。

  • 2001 ITIダッカ国際演劇祭に、長谷川六と参加
  • 2002ネクストネクスト3(セゾンシアタープログラム・パークタワーネクストダンスプレイベント)に康本雅子、遠田 誠、たかぎまゆ、丸山武彦、JOUによる恊働制作作品で参加
  • 2003-2004横浜ダンスコレクション ソロデュオ本選に選別され、出場
  • 2003文化庁の助成を受け、実験プログラム「ダンスなび」実施
  • 2005日韓ダンスコンタクトに独舞参加(青山円形劇場/平成17年度文化庁国際芸術交流支援事業)
  • 2006アサヒアートスクエア「稽古場カフェ」二代目店長を岩渕貞太とともに務める
  • 2007JCDN踊りに行くぜに、遠田誠との恊働制作作品で参加
  • 2008独舞作品「A la Padma」にて、2008 Seoul International Chorepgraphy Festival上演 外国人振付家特別賞受賞(The special Prize for foreign choreographer)
  • 2009セッションハウス レジデンスアーティスト
  • 2010東京都文化発信プロジェクト パフォーマンスキッズ・トーキョー 大島の派遣アーティスト
  • 2011東京都文化発信プロジェクト パフォーマンスキッズ・トーキョー派遣アーティスト
  • 2011IDILL2011に映像監督:原正之との共同作品「浅草ダンスビデオ」がノミネート
  • 2011荒川修作とマドリン・ギンズの三鷹天命反転住宅ARAKAWA + GINS Reversible Destinyのイベント「つづく。」にて、1週間の滞在を丸ごと流す24時間ustプロジェクト「project144」を開催
  • 2012鹿児島へ移住地域おこし協力隊として鹿児島県肝属郡肝付町にて、アートと地域の在り方を探るプロジェクト「セカンドホームタウン プロジェクト」を立ち上げ、その一環としておおすみ夏の芸術祭を鹿児島県大隅半島4市町で開催。
  • 2013スイス・ジュネーブにて国際コラボレーション舞台芸術プロジェクトPLAYを共同創作、スイス3都市で上演。
  • 201511月かごしま国民文化祭「おおすみ芸術祭」実行委員長就任
  • 2017年 「夫婦喧嘩ラプソディ」川中美幸座長公演 振付指導

Wikipediaより

Updates
  • 会場住所 は 中央区銀座一丁目付近 Peaxixメッセージでお知らせします に変更されました。 Orig#296367 2017-11-18 23:09:53
More updates
Mon Nov 20, 2017
7:15 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
京橋付近 別途Peatixメッセージでお知らせします。
Tickets
紹介初回割引 SOLD OUT ¥2,000
1回券 SOLD OUT ¥3,000
2回セット券 SOLD OUT ¥5,000
当日現金払い SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
中央区銀座一丁目付近 Peaxixメッセージでお知らせします Japan
Directions
銀座一丁目駅近く
Organizer
Communication Ex. Lab.
11 Followers