Event is FINISHED

『ディエゴ・リベラの時代』展を観てあーだこーだと語る会

Description



「あーだこーだの会」は、展覧会や舞台や映画などをじっくりと鑑賞して、ごはんやおやつを食べながら素朴な感想を自由に語り合う会です。
今回は、埼玉県立近代美術館で開催中の「ディエゴ・リベラの時代」展を取り上げます。

ディエゴ・リベラをフィーチャーしつつ、彼と関係のあった画家たちの作品も多数紹介し、メキシコ近代美術の歩みに光を当てる展覧会のようです。ディエゴ・リベラについては、フリーダ・カーロの夫で壁画作家で活動家として知られていますが、その作品を日本でまとめて目にする機会はなかなかありません。

今回は4人という少人数の良さを生かし、実際の作品を前に話す時間も少し持ち、より深く作品と対話できたらと思います。予習はするもよし、あえてしないもよしです。

「何を見たか、何を感じたか」を話すことで、絵画が語りかけてくる言葉を自分がどのように受け取ったのか知ってみたい。他の人の感想を聞くことで新たな角度から作品とのつながりを得て、鑑賞をより深い体験として持ち帰りたい。そんな方々とご一緒できたらうれしいです。

ご参加お待ちしております!
《主催者① せいこより》
「あーだこーだの会」をやっています。ポッドキャスト(つくるほう)に夢中です。
映画「フリーダ」を観て、なぜにフリーダがオッサンのディエゴにあそこまで惚れたのか、よくわからないでいました。今回はディエゴを知るまたとない機会。一旦フリーダの存在は置いておいて、彼自身の人生を作品を通してじっくりと発見してみたいと思います。また壁画がメインの作家の作品を、どのようにキュレーションしているのかも興味深いところです。
主催者② たいこより》
旅行で知ったことをその後の日常で掘り下げていくのが好きです。あーだこーだのファンでもある
ディエゴ・リベラの絵を「じっくり」みたいが私の参加動機です。今年のGWメキシコ旅行に行ったのですが、たまたま時間があってリベラの壁画を見たら、現実と幻想のミックス具合が魅力的だったんです。目的としていなかったから、余計印象に残っていて。なので、この面白い形式で展示がみられることにワクワクしています。
----【詳細】----
*日 時 2017年11月17日(金) 10:00-13:30
*会 場 埼玉県立近代美術館
     http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=25
     JR京浜東北線北浦和駅西口より徒歩3分(北浦和公園内)
     鑑賞後は美術館近くのカフェに移動します。
*定 員 4名(募集2名)
*参加費 1,000円(当日現金でお支払いください)
     チケット代、ランチ代は別途実費でご負担ください
*対 象 どなたでも。美術の専門知識・背景問わず。


Fri Nov 17, 2017
10:00 AM - 1:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
埼玉県立近代美術館
Tickets
当日現金にてお支払いください(¥1,000) FULL
Venue Address
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1 Japan
Directions
JR京浜東北線北浦和駅西口より徒歩3分(北浦和公園内)
Organizer
ヒトトビ 〜人と美の表現活動研究室
54 Followers
Attendees
2