Event is FINISHED

11/25(土)米農家、麹屋、酒屋の娘。家業×〇〇で、私らしく生きる。【“秋田美人”な生き方を学ぶ会】

Description
肥沃な大地とたっぷりの雪解け水。
豊かな自然に育まれ、米どころとして知られる秋田県では、味噌や日本酒など、お米を使った発酵食品作りも盛んに行われてきました。

米農家、麹屋、酒屋…。
それらを家業とする家で生まれ育った、3人の女性たちがいます。

米農家をしながら自分のお店も始める人。
麹屋に生まれ、発酵バル付きのゲストハウスを始める人。
日本酒の海外展開や新しい商品開発に関わる人。

一度は地元を離れたり、ひいては日本を離れたり。様々な経験を経た上で新たに家業と向き合う彼女たちは、そこに新しいエッセンスを加えて、自分らしい働き方を実現しているようです。

私らしく、いきいきと生きる姿は美しいもの。

秋田で美しく生きる人たちこそが“秋田美人”なんだと思います。

そんな彼女たちを東京へお招きし、“秋田美人”な働き方・暮らし方を学ぶ会を開きます。

単に家業を継ぐだけではない彼女たちの働き方には、「好き」を仕事にしながら生きるヒントがあるはず。

(※写真はイメージです  Photo by Oscar Söderlund on Unsplash)

また、秋田の日本酒とドライフルーツを使った日本酒カクテル作りのワークショップと、秋田暮らしのマネープランを学べるセミナーも同時開催。

美の国秋田からおいしい「食」もご用意しています。


楽しく、美味しく、そして賢く。

“秋田美人”な生き方に、一歩近づけるような時間をお届けいたします!


/////////////

ゲスト

◯阿部 円香さん(横手市)

ゲストハウスCAMOSIBAオーナー

秋田県横手市で100年続く麹屋に生まれる。

大学進学と同時に上京するが、休学してバックパッカーとして約30カ国を巡る。帰国後Uターンを決め、自身のルーツと旅での経験を軸に、自分の好きなものを詰め込んだ空間を追求した結果、地元でのゲストハウス開業を志す。昨年夏より知人を巻き込みDIYでの改装を開始、今年4月に発酵バルを併設したHostel&Bar CAMOSIBA(かもしば)をオープンさせる。現在24ヶ国の外国人観光客のほか、地域住民も集う交流拠点としての役割を担う。


秋元結さん(大仙市)

アキモト酒店 / SAKE47日本酒担当

学生時代の留学経験から日本の文化に興味を持つ。新卒で地酒屋に就職し、その後ワインのインポーターで仕入れの担当を経験。2016年に無計画Uターンをし、実家である酒屋で地酒の販売を行う。その傍ら、フリーランスとして地元の企業との仕事も行なっている。「好きなことを仕事にする」をテーマに、秋田での生活を満喫している。


坂本 寿美子さん(鹿角市)

米農家

兼業農家の三姉妹の末っ子として育ち、長女の結婚を機に農家を継ぐ事を決意したものの、様々な仕事を経て、決心から20数年後に就農。現在は丁寧に作られた「あきたこまち」の販路を拡大すべく日々奔走中。副業で、タイ古式マッサージ師としても活躍する。


▽詳細はこちら

https://www.turns.jp/start/14688

Sat Nov 25, 2017
1:30 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥500
Venue Address
〒104-0061 東京都中央区銀座3丁目11-3 Japan
Directions
東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5分 都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2分
Organizer
TURNS編集部
1,005 Followers