Event is FINISHED

Fw:東北第8回共創イベント 『東北と世界の地域を観光で繋げたい! 双方向の交流の仕組みを考える』(11月24-25日 in 大阪)

Description

【概要】

果たして観光客を誘客することだけが、観光なのでしょうか。

日本政府観光局(JNTO)によれば、2016年のインバウンド(訪日外国人誘客)は前年比21.8%増の2,403万9千人と過去最高を記録しました。復興庁も、同年を「東北観光復興元年」と定め、東北観光復興対策交付金の創設など観光を通じた東北復興を後押して来ました。結果、東北6県では、台湾やタイ、オーストラリアと行った国・地域から震災前を大きく超える誘客を実現し、外国人述べ宿泊者数が64.1万人泊(震災前の1.3倍)に達するなど、明るい兆しも見え始めています。

しかし、観光客が増えて、単に消費すればいいのでしょうか。今回のニーズ(テーマ)提供団体・東北インアウトバウンド連合は疑問を投げかけます。東日本大震災発災以来、東北には日本各地・世界各地から様々な支援の手が差し伸べられました。インバウンド消費を一過性の特需とするのではなく、観光体験をキッカケとして相互に交流し続ける仕組みを創っていきたいと考えています。

今回で第8回を迎える共創イベントは、2年連続で客室稼働率が日本一で、2025年の万国博覧会招致を目指す大阪での開催です。インバウンド(東北を訪れてもらう)・アウトバウンド(東北からも訪れる)双方から、東北と世界を繋ぎ、相互交流を促進する東北インアウトバウンド連合の皆さんと一緒に、観光体験をキッカケとした双方向の交流の仕組みを皆さんも一緒に考えてみませんか?

東北から生まれた新たな観光の挑戦にご関心がある方はぜひご参加ください!

【日時】

2017年11月24日(金)・25日(土)

【場所】
530-0011 大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 タワーA 37F ヤフー株式会社

【参加対象/定員】
定員 30名
・観光や地域づくり、国際交流に関心のあるチーム/個人の方
※個人エントリーの方は参加当日までに事務局側でチームを組ませていただきます。

※申込締切:2017年11月22日(水)12:00

  ※定員に達し次第、早期に締め切る場合がございます。
  ※原則、個人での参加申込となります。ITサービスの試作が可能なエンジニア等の方はチームでの参加も可能です。
  ※申込者多数の場合は事務局で選考をさせていただきます。
  ※参加が決定した方には、別途事務局より当日プログラムの詳細をご連絡いたします。
  ※別紙「共創力で進む東北プロジェクト・共創イベント」参加同意書を記入の上、開催当日にお持ちいただくか、当日受付でもご用意しておりますので、その場でご記名下さい。
  (記載内容に同意いただけない方は、参加の申し込みをお控えください。Google Driveに格納されておりますので、Google Driveへのアクセスが可能な端末からご確認下さい。)


【参加メリット】

・訪日外国人観光客誘客や観光地域づくりに関する『最先端の動向』を知ることができる。

・訪日外国人観光客誘客や観光地域づくりに関心のある『共通の仲間』がみつかる。

・『専門家とのリレーション』を構築できる。

・主催団体と一緒に『新しいプロジェクト』ができる可能性がある。


【プログラム】
○テーマ(ニーズ):『東北と世界の地域を観光で繋げたい! 双方向の交流の仕組みを考える』
○ニーズ提供団体:一般社団法人 東北インアウトバウンド連合(東北広域)

西谷 雷佐(にしや らいすけ)
一般社団法人 東北インアウトバウンド連合 理事長 / たびすけ合同会社西谷 代表
プロフィール
青森県弘前市出身。高校卒業後、アメリカミネソタ州立大学で心理学とコミュニケーション学を学ぶ。大学卒業後、旅行代理店・専門学校講師を経て2011年に日本商工会議所青年部第8回全国ビジネスプランコンテストでグランプリ受賞。それをきっかけに着地型観光に特化した旅行会社たびすけを2012年に創業、現在に至る。「短命県体験ツアー青森県がお前をKILL」「津軽ひろさき雪かき検定」など地域の暮らしぶりに根差したツアーを多数実施。地域コンサルティングとして年80回程の講演活動も行っている。


櫻井 亮太郎(さくらい りょうたろう)
一般社団法人 東北インアウトバウンド連合 副理事長 / 株式会社ライフブリッジ代表取締役
プロフィール
宮城県仙台市出身。海外生活10年後、大手外資系企業に勤め、2006年に東北の魅力を海外に伝えるため株式会社ライフブリッジを設立。地方自治体主催や観光関係団体主催の観光関係施設に特化した接客英語やインバウンドの研修会には定評がある。Youtubeなどを活用した観光商品のPRも手掛ける。


後藤 光正(ごとう みつまさ)
一般社団法人 東北インアウトバウンド連合 専務理事 / アトラク東北株式会社代表取締役
プロフィール
宮城県出身。仙台生まれの仙台育ち。大学を卒業後、旅行会社にて企画営業として国内外をめぐる。その後広告企画会社にて観光業の経験を活かし地域活性化、地域キャラクター、商品プロモーション、販売促進など幅広く活動。のべ4000人以上が参加する地域コミュニティ「センダイ自由大学」をプロデュースするなど地域住民を巻き込んだ地域ブランディングが得意。2016年1月、東北インバウンド観光促進を通じた東北発展を目的に自身の観光業と広告業の経験を融合させ「東北の魅力(Attraction)を世界へガイドする」インバウンド観光プロデュース会社アトラク東北株式会社を設立。地元を自慢する人を増やし、自分たちのまちを自分たちで作る観光づくり・商品づくり・人づくりを支援する観光地域づくりを推進。


【審査員】
友巻 憲史郎(ともまき けんしろう)
ホリデー株式会社 代表取締役
2008年に関西大学経済学部に入学
大学を休学しWebサービスをつくり始めるも失敗。最後の挑戦として、自分自身が心から欲しいと思えるものをつくろうと決意し、「休日のおでかけを楽しくする」ことをコンセプトにHolidayの前身となるPicolaをリリース。その後同大学を中退し、2014年にPicolaをクックパッド株式会社へ事業譲渡およびチーム全員でジョインし、同サービスをHolidayとしてフルリニューアル。子会社化した後、昨年末にクックパッドからMBOし代表取締役に就任。


菅山 明美
プロジェクト・デザイナー 
NHKエンタープライズ 特別主幹 展開・戦略担当
麻布大学 教職課程 非常勤講師
神奈川県出身。テレビ番組のディレクター/プロデューサーとして、新規番組の企画・制作に携わっていたが、企画デザインの範囲を映像・イベントにまで広げ、プロジェクションマッピングなどのメガ映像を活かした地域活性事業を手がけている。福島県で行っている復興支援PM「はるか」は5年を越えて継続中。2004年 児童文化福祉賞奨励賞、2009年 環境省政策提言優秀賞、2013年 科学技術映像祭優秀賞、グッドデザイン賞、2015年VFX-JAPANアワード優秀賞などを受賞。


松濤 徹
株式会社エボラブルアジア 取締役 CMO
1972年生まれ。近畿日本ツーリストを経て、ヤフー株式会社にてYahoo!トラベルの事業責任者、Yahoo!地図や路線情報など地域サービスの事業責任者を歴任、グーグル株式会社にて広告営業統括部長として旅行事業大手各社のマーケティング活動を支援してきた経歴を有する。 2015年11月より、株式会社エボラブルアジアにて取締役CMOを務め、各部署のマーケティング業務を連携、統括することで、マーケティングが機能する仕組みをつくっている。


【パネリスト】
小松 はんな
台湾出身の人気ブロガーで、現在は日本在住。Facebook「漢娜在翻譯(はんな翻訳中)」のフォロワーは30万人に上る。現場の雰囲気を大切にしたライブ中継や、配信中に寄せられたコメントへの丁寧な受け答え等に定評がある。伝統文化や自然、食といった日本の魅力を中国語で紹介するブログ「漢娜的日本筆記(はんなのにほんひっき)」も好評。



○11月24日(1日目)19:00-21:00
18:30- 開場
19:00-19:05 開会挨拶
19:05-19:10 「共創力で進む東北プロジェクト」の紹介
19:10-19:40 インプットトーク
《ご登壇者》
 ・西谷 雷佐氏(一般社団法人東北インアウトバウンド連合 代表理事)
19:40-20:20 パネルディスカッション
 テーマ『観光を通じて実現する地域と地域の相互交流』(仮)
  《ご登壇者》
 ・西谷 雷佐氏(一般社団法人東北インアウトバウンド連合 理事長)
 ・櫻井 亮太郎氏(一般社団法人東北インアウトバウンド連合 副理事長)
 ・後藤 光正氏(一般社団法人東北インアウトバウンド連合 専務理事)
 ・小松 はんな氏(台湾出身ブロガー)
20:20-20:55 会場の皆様とのダイアログセッション
20:55-21:00 一日目のまとめ
※各関係者との協議及び参加者属性等により、変更の可能性があります。

○11月25日(2日目)10:00-17:00
09:30- 開場
10:00- オリエンテーション
10:15- アイデアソン
15:00- 成果発表会
16:00- 審査
16:30- 結果発表&講評
17:00 終了
※各関係者との協議及び参加者属性等により、変更の可能性があります。

【参加費】
無料 

【主催】
復興庁

【協力】
一般社団法人 東北インアウトバウンド連合



ヤフー株式会社 OsakaMixLeap運営チーム

【FAQ】
-------------------------------------------------------------------
Q:「Fw:東北」とはどのようなプロジェクトですか?
東北で、被災地復興及び地域課題の解決に取り組んでいるNPO、企業、自治体等が、自らの取組を加速・発展させるため、共創イベントを通じて、情報発信力の強化や新たなパートナーとのつながりを創出し、地域社会の課題解決を目指すプロジェクトです。

Q:テーマ提供者の「一般社団法人 東北インアウトバウンド連合」はどのような団体ですか?
東北インアウトバウンド連合とは. 東北6県の魅力を「人」と「暮らしぶり」で高め、民間主導にて「オール東北」をブランド化する事により、東北の観光と物産を世界展開し、東北経済の発展に寄与することを目的とした組織です。

Q:「共創イベント」とはどのようなイベントですか?
テーマに関心がある異なるスキルやバッグクラウンドを持つ方が、議論を深めながら目的が達成するためのプロジェクトを創出するアイデアワークショップです。

Q:開発ができなくても参加できますか?
A:もちろん大丈夫です。アイデア出しや仮説検証やプレゼン発表など貢献できる機会はあります。

Q:持ち物はなんですか?
A:筆記用具やメモ類、もし可能であればパソコンをご持参ください。


【お問い合わせ先】
事務局:NECソリューションイノベータ株式会社 
担当 江本、日比 fw_tohoku2017@nes.jp.nec.com
電話 03-5569-3300
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#295992 2017-11-17 05:30:50
More updates
Nov 24 - Nov 25, 2017
[ Fri ] - [ Sat ]
7:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 FULL
Venue Address
530-0011 大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 タワーA 37階 Japan
Directions
タワーAの1階または2階のシャトルエレベーターで9階オフィスロビーまで上がって下さい。 Dバンクのエレベーターで37階に上がり受付エリアまでお越しください。
Organizer
共創力で進む東北プロジェクト
317 Followers