Event is FINISHED

二十四節気のごはんくらぶ「霜降」秋のシアワセ・栗づくし again

Description
時には自然を感じながら、心もカラダもリセットしよう!
ガンバっているカラダに、今日は少しだけやさしくなろう!
旬の食材を使って、”みんなでつくってみんなで食べる”ごはんくらぶ”♪
台風のため延期させていただいた同企画を、再度日程を変更して開催致します。
前回ご予定が合わなかった方も、よろしければどうぞご参加ください♪

鬼子母神参道の大ケヤキも、段々と色づく季節を迎えます。
深まる秋、様々な実りの季節…そして、栗好きにはたまらない季節です!
黄色いシアワセ栗ごはん、新栗の茶巾しぼり…でも、なかなかウチで作るのは手強いもの。
あの甘い実にたどり着くには、堅い堅い皮を剥かねばなりません。。。
そこで、みんなでつくればコワくない。疲れて手が痛くなる前に、さっさと交代!
何より手作りは、出来てすぐの一番美味しい時に食べられるコト♪

栗ごはんのお供には、やっぱり秋刀魚…?
それとも、肉厚の椎茸をさっと炙って、お醤油をかけていただくのも◎
魅惑の茶巾しぼりには、美味しいお茶を♪
季節ものは一度は食べたいと思っている方、手作りしたいと思っていてもなかなかできない方など、この機会に是非ご一緒に♪みんなでつくって食べましょう!

日時:11月3日(金・祝)10:30~13:30
場所:豊島区雑司が谷3-19-4-201 zoshigaya 景
参加費:¥2800 *当日払い
定員:4名
*栗は岐阜県の低温熟成し糖度の高い無燻蒸のものを使います。
*前回参加ご希望の方を優先しているため、今回の参加人数が少なくなっておりますので、お早めにお申し込みをお願いします。
主催:reLight お問い合わせ連絡先: info@relight.tokyo 大谷
   FBページ https://www.facebook.com/clubrelight/


「zoshigaya 景」は
暮らしの中に日本を残す「懐カシクテ新ラシイ暮ラシカタ」を提案するreLightのコンセプトハウスです。未来につなぐ和をテーマに、地球にやさしい暮らし方や、他ではあまり目にすることの少ない商品、オーダーの商品などを取り扱っています。また、「こどもの未来の記憶に残る住まい」をテーマにした空間づくりをしておりますので、小さいお子さま連れの方もどうぞお気軽にご参加ください。
鬼子母神の参道を入ってすぐ、かつて手塚治虫氏が住んでいた並木ハウスの向かいの一軒家、右手の階段を上がったところが入口です。

二十四節気とは…
春夏秋冬の季節を、さらに六つに分けて表したものが二十四節気。
霜降とは、朝夕の冷え込みが増して、霜が降りる頃のこと。
旧暦には、自然の移ろいを感じながら生きてきた先人の想いを感じます。
Fri Nov 3, 2017
10:30 AM - 1:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
zoshigaya 景
Tickets
参加費・・当日払い FULL
Venue Address
豊島区雑司が谷3-19-4-201 Japan
Directions
副都心線 雑司が谷駅 2番エレベーター出口から徒歩3分
Organizer
reLight / club reLight
50 Followers