Event is FINISHED

【無料セミナー】実需者向け講習会 東北だからこそできる、オーガニック・エコの未来を考える

Description
オーガニック・エコ食材をより広く活用したいという方や、これから取り扱おうという方に向けた無料セミナーです

【日時】
2017年11月9日(木)14時〜17時(開場13:30)

【会場】
仙台市民活動サポートセンター(仙台オーガニックウィーク会場内)
地下鉄南北線「広瀬通駅」西5番出口すぐ
(宮城県仙台市青葉区一番町四丁目1-3)
http://sapo-sen.jp/

【定員】
90名(先着順)

【参加費】
無料(資料として事前キャンプ地マニュアル、ホストタウンに関する取材記事(※)を進呈)
(※)OVJ発刊「ORGANIC VISION」第6号/ホストタウン特集掲載


【内容・スケジュール(予定・合計180分)】

(1)実需者講習 その1(40分+質疑10分)
オーガニック・エコ農産物マッチングサイト「farmO(ファーモ)」
現在の展開と今後の展望、そして東北エリアにおける活用方法
https://www.farm-o.net/
(株式会社坂ノ途中 小野邦彦)

休憩(10分)

(2)実需者講習 その2(40分+質疑10分)
2020年東京オリパラ事前キャンプ、ホストタウンを
取材して見えてきた、オーガニック・エコ食材の真の可能
(一般社団法人OVJ 種藤 潤)

休憩(10分)

(3)実需者トークセッション(50分)
宮城、東北だからこそできる、
2020年に向けたオーガニック・エコ食材の価値創造を考える
(環境保全米ネットワーク高橋芳道/小野/種藤)
+会場の参加者

 <トークテーマ案>
 ・宮城、東北の現状
 (オーガニック・エコ食材/2020年に向けた事前キャンプ活動など)
 ・宮城、東北のオーガニック・エコ食材の強み、課題
 ・宮城、東北だからこそできる2020年に向けた地域活性の取り組み
 ・宮城、東北のオーガニック・エコ食材の価値創造の理想形、
  そのために2020年を起点としてできること など

(4)総評(10分)


【講師プロフィール】

小野 邦彦(株式会社坂ノ途中 代表取締役)

2007年京都大学総合人間学部卒。専攻は文化人類学。同年フランス系金融機関BNP Paribas入社。金融工学を用いた金融商品開発に従事。2009年株式会社坂ノ途中を設立、代表取締役に就任。元中小企業診断士。2016年より次代の農と食をつくる会として、マッチングサイト「farmO」立ち上げに参画。
http://www.on-the-slope.com/
https://www.farm-o.net/

種藤 潤(一般社団法人OVJ広報室)

2000年横浜国立大学教育学部卒。専攻は国語教育学。卒業後フリーとして活動をスタート。雑誌・ウェブ問わず食を中心としたライフスタイル全般の取材・編集・執筆を行う。OVJ法人設立準備期より参画。現在は広報および「ORGANIC VISION」副編集長。いち早く事前キャンプ、ホストタウンと食、地方創生に着目し、取材活動を重ねてきた。
http://ovj.jp/

高橋芳道(環境保全米ネットワーク)

プロフィール準備中
http://www.epfnetwork.org/okome/


本セミナーは、農林水産省 平成29年度事業オーガニック・エコ農産物安定供給体制構築事業/消費者・実需者等理解増進活動支援事業〜タッチ!オーガニックキャンペーン/オーガニック・エコ実需者講習会(全6回)〜 2017国産オーガニック・エコスペシャリスト育成プロジェクトの第3回として開催します。各回の詳細や最新情報は下記のリンクをご確認ください。
http://ovj.jp/2017jseminar

【主催】平成29年度 オーガニック・エコ農産物安定供給体制構築事業(次代の農と食をつくる会/株式会社JTBコーポレートセールス/一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン(OVJ))

Thu Nov 9, 2017
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加予約(無料・先着90名) FULL
Venue Address
宮城県仙台市青葉区一番町四丁目1-3 Japan
Directions
地下鉄南北線「広瀬通駅」西5番出口すぐ
Organizer
オーガニック・エコ実需者講習会
8 Followers