Event is FINISHED

物語からはじまるまちづくり――デンマークの事例から/Tokyo Denmark Week 2017

Description

今年3回目を迎える「TOKYO × DENMARK WEEK」。2017年はデンマークから公共空間デザインを多数仕掛ける建築家チームを迎え、恵比寿amuを拠点にローカル課題をデザイン・シンキングから探るイベント、ワークショップを10月30日(月)〜11月10日(金)の10日間開催いたします。


コペンハーゲン市が取り壊しを進めている下町「スラクタゴーン」の再開発を仕掛けるPrimus Architechts(プリムス・アーキテクト)。住民が守ってきた文化と歴史の物語を活かし、経済的な効率と公共デザインでコペンハーゲンに新しい空間を生み出そうとしている建築家チーム(David Bülow / Primus Architects & Kato Hiroshi)が「物語からはじまる街づくり」についてトークセッションを繰り広げます。


デンマークのアーバンデザインの巨匠ヤン・ゲールの考えを受け継ぎながら、その時間その場所に住む人々と一緒に街を形にするクリエイションのプレゼン、そして恵比寿という街のポテンシャルについて会場の皆さまと考えたいと思います。


「TOKYO × DENMARK WEEK 2017」はコペンハーゲンを拠点に活動をするデザインコンサルタンシーのayanomimiのコーディネートによりConcent / amuとのコラボレーションにより開催されます。


ハッシュタグ:#TDW2017


Primus Architechts(プリムス・アーキテクト)について

建築設計、街づくり、アーバンデザイン、建築により生まれる人と人の出会いや繋がりを中心にして、考えを形にしてゆきます。プリムスではホリスティックなアプローチでプロジェクトに取り組みランドスケープアーキテクト、街づくりの専門家、アーバンニスタ、人類学者など、専門知識を取り入れながらプロジェクトを実践まで進めてゆきます。

「街とはいくつものレイヤーにより築き上げられているものです。複雑な条件や多様な要望に応える必要があります。プリムスではそんな複雑で多様である街のあり方を保ちつつ、その土地の特徴を生かした街づくりを提案してゆきます。東京のワーキングスパースをベースに、私たちの建築に対するアプローチが東京でどんな化学反応を起こすのか、どのように受け取ってもらえるのか、クリエイティブな力が集まるAMU とのコラボレーションを楽しみにしています。」

(チーフアーキテクト、David Bülow)




■プロフィール

David Bülow(デイビッド・ブロウ)、建築家、Primus Architects 共同代表

デンマーク王立アカデミーで建築を学び、ヘニングラーセン事務所などデンマークの建築事務所での経験に基づき2008年にPrimus Architects(プリムス・アーキテクト)を設立。コペンハーゲンの歴史と生活を中心に考えた街づくりを提案している。Primus Architectsでは、ホリスティックなアプローチでプロジェクトに取り組み、ランドスケープアーキテクト、街づくりの専門家、人類学者など、専門知識を取り入れながらプロジェクトを実践まで進めている。

primus.nu




加藤 比呂史

建築家

1981年東京生まれ。2004年武蔵工業大学(現・東京都市大学)卒業後、2004-2010年 藤本壮介建築設計事務所に勤務。2010年よりデンマーク、コペンハーゲンに渡りCOBE, KATOxVictoria, Rambøll, Tredje Naturなどで主にヨーロッパでの建築設計、公共空間のコンセプトディベロップメントに従事、現在に至る。計画地によって異なる、気候による習慣や人々の性格などに敬意を払いインスピレーションを受けると同時に、ある側面での「非常識」を提案することで、新たな建築空間や公共空間の提案をしたいと考えている。




企画コーディネート:Aya Okamura(岡村 彩)、企画プロデューサー、ayanomimi 代表

7歳の時からアルネヤコブセン設計の個人住宅に暮らす。 地元の幼稚園、学校に通いデンマークの教育を受けて育つ。幼い頃からクリエーターに接する機会に恵まれデザインビジネスに興味を持つようになる。コペンハーゲン商科大学大学院(慶應義塾大学大商学研究科)で経営学を先行。2009年にayanomimiを設立。日本とデンマークのポテンシャルを活かしたコンサルティングと新たなビジネスモデルの企画プロデュースを行っている。

www.ayanomimi.com


企画コーディネート:Concent Inc. / amu(株式会社コンセント / アム)

amuとは、情報・サービスデザイン会社コンセントが運営する恵比寿のコミュニケーションスペース。イベント、セミナー、ワークショップなど、参加型のコミュニケーションによって「未来を編む(amu) 」場を提供。コンセントがアプローチするアクティビティデザイン、エクスペリエンスデザイン、発想法、ビジュアライズ、情報設計などのデザインプロセスが、amuで実践されている。

https://www.concentinc.jp/

http://www.a-m-u.jp/


■期間中のイベント(予定)

  • 11/6 つかうまちからつくるまちへ――ベンチ編 http://ptix.at/CkQ5LW 

      田中 元子/大西正紀/デイビッド・ブロウ/加藤比呂史

  • 11/9  もしもコペンハーゲンが恵比寿にあったら http://ptix.at/hCvcfZ

     長谷川敦士/岡村彩/デイビッド・ブロウ/加藤比呂史


■TOKYO × DENMARK WEEK 2017 POP UP CO-CREATIVE WORKSPACE by amu について

デンマークの様々な公共空間デザインを仕掛ける建築家チームが来日。ローカルなデザイン・シンキングを学べるコークリエイティブスペースが恵比寿に10日間限定でオープン

2017年10月30日(月)〜11月10日(金)の10日間、デンマークから来日した建築家チームと共に、ローカルな課題解決を考え、ものづくりをする「東京デンマークウィーク」を開催します。イベント期間中、恵比寿amuでは10日間限定のポップアップ・コークリエイティブワークスペースを開設。普段はConcentのオフィスとして使われているamuをどなたでも自由に利用していただける場所として開放いたします。

詳細→ https://www.facebook.com/events/136814403623807

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#291065 2017-10-31 05:23:56
More updates
Thu Nov 2, 2017
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
amu
Tickets
参加(ソフトドリンク付き) SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
東京都渋谷区恵比寿西1-17-2 Japan
Organizer
amu
5,232 Followers