Event is FINISHED

Fw: 東北Weekly「スポーツを通じて、ダイバーシティを実現するまちづくり」【第6回共創イベントin神戸 プレイベント】

Description

アンプティサッカーをご存知でしょうか。まだ聞いたことないという方がほとんどかもしれませんが、病気や事故で手足を切断した選手が松葉杖をついてサッカーをする、障がい者スポーツのひとつです。

https://www.youtube.com/watch?v=WhKeaX3UQ-w&t=109s

アンプティサッカーが大切にしていることは、「ない機能を嘆くのではなく、今ある機能を最大限に発揮すること」。手足を失って下を向いて生きてきた人たちが、アンプティサッカーを通じて自信をもって生きられるようになっています。現在ではW杯や健常者も一緒にプレーする大会が開催されています。

アンプティサッカーには国境や年齢や性別、そして障がいという枠を越えるポテンシャルがあります。同じように誰もが快適に過ごせるまちづくりを目指している岩手県陸前高田市、日本アンプティサッカー協会と一緒に、『スポーツを通じて、ダイバーシティを実現するまちづくり』について議論を深めていきます。

※本イベントは、 10月28日(土)、29日(日)の両日開催されるFw:東北 第6回共創イベント in 神戸「スポーツを通じて、ダイバーシティを実現するまちづくり」(参加申込はこちら→http://ptix.at/4VojS7のプレイベントとなります。

▼日時:2017年10月12日(木) 19:00-21:00(開場18:30)

▼会場:Yahoo! LODGE

 (東京都 千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 ヤフー株式会社)

※アクセス https://lodge.yahoo.co.jp/access_pc.html

※18階の専用受付でイベント担当者がお待ちしていますので氏名を伝えて入館ください。

▼定員:30名(要事前申込)

▼参加費:無料

▼参加対象者

・障がい者スポーツに関心のある方

まちづくりに関心のある方

東北復興や地方創生に関心のある方

▼プログラム(予定)

19:00-19:05 開会挨拶

19:05-19:10 「共創力で進む東北プロジェクト」の紹介

19:10-19:25 マルゴト陸前高田・大久保代表理事プレゼンテーション

 テーマ『陸前高田とゼロからのまちづくり

19:25-19:40 日本アンプティサッカー協会・セルジオ越後最高顧問プレゼンテーション

 テーマ『アンプティサッカーの魅力や可能性について』(予定)

19:40-20:20 パネルディスカッション

 テーマ『スポーツを通じて、ダイバーシティを実現するまちづくり』(予定)

20:20-20:25 Q&A

20:35-20:45 まとめ、共創イベント開催のご案内

20:45-21:00 懇親会

▼ご登壇者(予定)

セルジオ越後氏(特定非営利活動法人 日本アンプティサッカー協会 最高顧問)

1945年ブラジル・サンパウロ生まれ。元プロサッカー選手(ブラジル・コリンチャンス)、指導者・解説者。1972年に来日後、日本サッカーリーグ(JSL)1部の藤和不動産サッカー部(現湘南ベルマーレ)に加入。1974年に現役引退後も、1978年からは日本サッカー協会公認のサッカー教室を全国各地で開催、これまでに指導した少年少女は延べ50万人以上に上る。長年に渡る日本におけるサッカー普及への多大なる貢献から、2006年文部科学省生涯スポーツ功労者表彰、2013年外務大臣表彰等、受賞歴多数。

(参考:http://www.sergio-echigo.com/profile

○大久保光男氏(一般社団法人マルゴト陸前高田 代表理事)

 1957年生まれ。東京都出身。立教大学法学部政治学専攻。広告制作会社、衛星放送会社勤務を経て、2005年宣伝・プロモーションを手掛ける株式会社ピュアハンドを設立。震災後、復興業務への関わりを心に秘めながら、陸前高田の交流人口拡大事業への参画のチャンスを得て2016年春より一般社団法人マルゴト陸前高田の代表理事に就任。現在、生まれて初めての一人暮らしを仮設住宅で体験中。

○伊藤雅人氏(一般社団法人マルゴト陸前高田 理事)

 陸前高田市米崎町出身。震災以前は陸前高田で介護職に就いていた。2011年3月11日、東日本大震災により職を失った後、陸前高田市災害ボランティアセンターでボランティアとニーズのマッチングに従事。同年7月に子ども支援の任意団体P@CT(2012年NPO法人化)を立ち上げ、災害ボランティアセンター閉所を受け、新たな窓口「陸前高田市復興サポートステーション」事業、廃校になった校舎を改装した簡易宿泊所「二又復興交流センター」事業を市から受託する。2014年7月、陸前高田市の交流人口拡大を目的とした組織、まるごとりくぜんたかた協議会(2016年一般社団法人化)を立ち上げている。

○一般社団法人マルゴト陸前高田

 東日本大震災により、中心市街地が壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市において、交流人口拡大を使命として市内の資源を最大限活用した民泊事業等を立ち上げ、修学旅行や大学研究者合宿、企業研修の誘致を進めている。今般はそれらに加え、アンプティサッカーのワールドカップを陸前高田に招致し、その開催を通じて、陸前高田市の掲げる「ノーマライゼーションという言葉のいらないまちづくり」(年を重ねて身体機能や認知機能が低下しても、障がいを持つことになったとしても安心して暮らせる社会、男女が共に協力し合い安心して妊娠、出産、子育てができる社会、困っている人がいたら助けることが当たり前のまちをつくる)を担う市民の意識醸成や、地域内外の企業連携等、産官学の協力体制の構築をめざしている。

(参考:http://marugoto-rikuzentakata.com    

主催:復興庁

協力:一般社団法人マルゴト陸前高田

   特定非営利活動法人 日本アンプティサッカー協会

▼企画運営:NECソリューションイノベータ株式会社(受託事業者)

※「共創力で進む東北プロジェクト」について

復興庁では、今年度「共創イベントを通じた情報発信ソリューション構築事業」として、東北から10件の地域課題のニーズを募り、それぞれに対し、アイデアソン・ハッカソンなどの共創イベントを全国で展開し、多様な地域・分野の人々との共創による課題解決のモデルづくりを進めます。「共創力で進む東北プロジェクト」は、それらの活動の通称となります。

※「Fw:東北Weekly」について

「共創力で進む東北プロジェクト」では、東北で様々なテーマを掲げて行われている活動や、それらに取り組む人々にフォーカスを当て、認知向上や共創の輪を広げる活動として、「Fw:東北Weekly」と称した各種イベントを、東京で多数展開(年間30本程度を予定)します。

Thu Oct 12, 2017
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Yahoo! LODGE
Tickets
参加登録フォーム FULL
Venue Address
東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 ヤフー株式会社 Japan
Directions
https://lodge.yahoo.co.jp/access_pc.html ※18階の専用受付でイベント担当者がお待ちしていますので、氏名を伝えて入館下さい。
Organizer
共創力で進む東北プロジェクト
318 Followers
Attendees
14