Event is FINISHED

【参加無料】発達障害支援から学ぶ人材マネジメント勉強会

Description

発達障がい、ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)、ADHD(注意欠如多動性障害)、LD(学習障害)という言葉を、近年よく耳にしないでしょうか?


こうした診断をくだされた子どもたちは、それぞれに苦手なこと・得意なことのばらつきが大きく、日常生活に支障をきたすことがあります。例えば、「相手との距離の取り方がわからない」「自分が伝えたいことがうまく伝えられない」「指示を聞いてもなかなか理解できない」「ケアレスミスばかりしてしまう」など。こうしたことが仕事をしている自分の身に起きた時、あなたはどう振舞うでしょうか?或いは、そんな人が職場に、同じチームにいたら?


こうした症状には軽重や自覚の有無があり、いわゆる普通の学校を卒業し、会社で働いている人も数多くいますが、周りの人の気づきや工夫である程度緩和させることができます。また、日常生活に支障をきたす症状ほどではない「特性」は、私たち誰もが持っており、これをよく知ることで社会の場で資質や能力を最大限に生かすことができるようになります。


今回の勉強会では、そうした子どもたちの支援プログラムから、大人の特性理解のための気づきを得て頂き、実際の業務やチームマネジメントに活かして頂くため、ワークショップ形式のプログラムをご用意しました。


●こんな方におすすめ

・人事担当者

・チームメンバーを率いるマネージャー、リーダー

・部下、同僚とのコミュニケーションに問題や悩みを抱えている方


●プログラム概要

1.アイスブレイク

 自分の認知特性を知るワーク

2.メインプログラム

(座学)

 ・いろいろな発達の障害や特性の特徴

 ・特別支援の中での対応

(ワークショップ)

 ・特性を体験する

 ・自分とは違う特性を知る

 ・個性をいかす働き方の工夫

 ・相手との関係づくり

3.振り返り、リフレクション、質疑応答


●持物

 ・筆記用具


●登壇者

森垣奈穂

中学生の頃から心理学に興味を持ち、早稲田大学で認知神経心理学を学ぶ。卒業後、言語聴覚士の養成校在学中に発達障がいの子どもたちに出会い、小児分野を中心に学びを深める。その後、現在に至るまで療育施設や訪問リハビリテーションの場で言語療法や保護者相談を行う。

療育を行う中で、発達に障がいや特性のあるこどもたちの力を伸ばすだけでなく、こどもたちがのびのびと成長できる環境をつくることの重要性を感じ、20164月に「のびのびと」を設立する。2016年度NPO法人ETIC.社会起業生。


●企画者

前田考歩

自動車メーカーの販売店支援兼グリーンツーリズム事業、、自治体の防災アプリ、保育園検索システム、魚の離乳食的通販事業、テレビCM制作会社の動画制作アプリ事業など、様々な業界と製品のプロジェクトマネジメントを行う。2011年と15年生まれの二児の父。子どものprimitiveな観察力、編集力、表現力を育むためのワークショップや執筆を行っている。

ものまねではない「原始的なイノベーション」は子どもに学べばいい http://www.sbbit.jp/article/cont1/33931


<個人情報の取扱いに関して>
お申込みいただきました個人情報は、下記の株式会社NTTドコモ・ベンチャーズのプライバシーポリシーに基づき、本セミナーの関連情報の提供に利用するとともに、株式会社NTTドコモ・ベンチャーズが今後主催・共催るイベント情報の提供に利用いたします。
なお、無断でその他の第三者に個人情報を提供することはございません。
個人情報に関する詳しい取り扱いについては、下記をご覧ください。


Tue Oct 3, 2017
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
NTTドコモ・ベンチャーズ ラウンジ
Tickets
無料 FULL
Venue Address
東京都港区赤坂一丁目12番32号 アーク森ビル31階 Japan
Organizer
ドコモ・イノベーションビレッジ
5,211 Followers