Event is FINISHED

ライティングと人間中心設計 (人間中心設計推進機構 関西支部主催)

Description

使う人のことを考えてモノづくりを行う人間中心設計ですが、本講座では、読む人のことを考えたライティングについて考えてみたいと思います。

取扱説明書や仕様書などを制作するために必要な、事実を正確に伝える「テクニカルライティング」、コラムや小説などの創造物を生み出すために必要な、知性やオリジナリティが求められる「クリエイティブライティング」。それぞれ役割は異なりますが、読む人に伝えるという目的は変わらないと思います。

そのためには、ターゲットを決めて読む人のことを想像しながら書くのか。どうすれば想いが文章に表れるのか。どういったコンピタンスが求められるのか。読まれる文章を書くにはどうすれば良いのか。

写真週刊誌の記者、コラムニスト、小説家・・・さまざまな顔をお持ちで、いずれのフィールドでも多彩な才能を発揮されている勝谷誠彦氏をお呼びして、ことばが持つとは、そして、それをどのように伝えるのか、読む人のことを考えたライティングについて語っていただきます。


スケジュール
17:0017:30 受付
17:3018:45 講演会
18:4519:00 質疑応答

Fri Oct 13, 2017
5:30 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル7F ナレッジサロン プレゼンラウンジ
Tickets
参加権(ナレッジサロン会員様) FULL
Venue Address
グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル7F Japan
Organizer
HCD-Net関西支部
122 Followers
Attendees
10