Event is FINISHED

【SOLDOUT/完売】Antigraviton, Lovely Face-反重力子 花のかんばせ-

Description
Kyoto Butoh-kan
Antigraviton, Lovely Face

Performance by Fukurozaka Yasuo
Set design by Fukunishi Jiro
Mask created by Fukurozaka Yasuo
Running time: 45 minutes *Doors open 20min before curtain.
Price: General 3,800JPY Student 3,000JPY
*Student Discount
Students receive ¥800 refund at venue with i.d.
-----

上演作品について
「 反重力子 花のかんばせ」
出演/袋坂ヤスオ  美術/福西次郎  面製作/袋坂ヤスオ
上演時間:約45分※開場は開演の20分前
価格:一般3,800円 学生3,000円
*学生の方は3,000円でご入場いただけます。当日受付にて学生証提示ください。
受付にて800円キャッシュバックいたします。

-----

From elemental physics we know the concept of antimatter, where electrons are equivalent to positrons, and neutrons are equivalent to antineutrons. When matter and antimatter meet, they each spark brilliantly then vanish.


When thinking of electrons or positrons, I can picture a little “particle” in my head. However, when it comes to gravitons or antigravitons—the theoretical particles of gravity—I can’t picture anything like this.


Something odd always appears if I try to materialize what transcends the limits of mental representation. This is even more the case when the body is involved. This particular oddness has no place in the world and only a fleeting [non]existence, and could even be said to be a form of “antimatter” itself.


If so, then isn’t it [un]reasonable that its encounter with “matter” would yield a glinting beam of light?


[from a drunken Journal entry]


Fukurozaka Yasuo


What is Butoh

Butoh is an avant-garde dance that was born in Japan in the 1950s.
Expressing a Japanese physicality and spirituality, the unique style of Butoh was a fresh challenge to the dance aesthetics of the time, undermining them from the ground up. Since then, Butoh has had a lasting impact on the world of dance.
Even now, Butoh enjoys especially high recognition abroad, but within Japan, information relating to Butoh is hard to come by, and the fact is that there are few venues where one can experience Butoh.
Art Complex has revived an ancient Japanese storehouse—an intimate space limited to eight seats—which will be devoted to ongoing Butoh performances, so that Kyoto becomes “the place” to see Butoh dance.

Fukurozaka Yasuo Profile
Butoh artist. Born in Hokkaido in 1971. Started learning Noh theatre in Kyoto at the age of 18, and began a life on the stage in 1996. Since then has collaborated with metal percussionist Ota Hiro, and also worked with various musicians in improvisatory performances. His Butoh piece, The Decay of the Angel (2014) established him a high reputation for his distinctive use of Noh masks. In 2016, he created and is now active with the Butoh group “Hifū”. August 2017 saw him invited to perform in China for the symposium “Origin & Grow : Choreographic Dialogue among East Asian Dancers”.


About the Space
This historic building is in use via the cooperation of Mr. Ukifune Kunihiko, chairperson of the Jikkei Group of Colleges.
A valuable cultural resource, it is a “kura,” or earthenware storehouse that was built in the latter-half of the Edo Period (1603-1868). It managed to escape the riots of the Hamaguri Rebellion of 1864, in which rebels and shogunate forces collided and set fire to the city.
Within the earthen walls of this Kyoto treasure, the resonant sounds of Japanese shamisen blend with visceral dance, and we hope you encounter the rich world of Butoh.

Inquiries

Kyoto Butoh-kan Office
Coordinator: Ms. Takabatake
1928 Bldg. Third Floor
On the southeast corner of Sanjo St. and Gokomachi St.
ART COMPLEX Group
Hours 10:00-19:00
Tel: 075-254-6520

-----

素粒子の世界では反物質というものが知られていて、電子に対しては陽電子、中性子には対しては反中性子というのがそれである。反物質とその対の物質とが出会うと両者は光を放って消滅する。

電子や陽電子を考えるときには何らかの「粒」を頭に思い描けばよい。しかし重力子、さらにはその反物質たる反重力子となると、もはや私にはそれらを表象できない。

表象の限界を超えたものを敢えて形象化しようとするときにはいつも何かいかがわしいものが現れるものである。ましてや肉体が関わるときにはなおさらのことである。この類のいかがわしさはこの世に確たる居場所をもたない儚い(非)存在であり、いわばそれ自体が「反物質」なのかもしれない。

そうならばそれを何らかの「物質」と出会わしめることによって光芒一閃を得ることができるという(屁)理屈が十分に成り立つのではないか。

(酩酊時に書かれた日記より)


袋坂ヤスオ

--------

舞踏とは
1950年代末に、日本でうまれた前衛的な身体表現である。日本人の身体性と精神性が表出したその独自のスタイルは、それまでのダンス美学の常識を根底から覆す新たな挑戦であり、後のダンス界に大きな衝撃と影響を与えることとなった。現在でも、海外においては特に高く評価されている。しかしその一方で、日本国内で舞踏に関する情報を得たり、また実際に観られるできる環境が極めて少ないのも事実である。
ART COMPLEXグループでは、日本国内における舞踏の鑑賞機会の創出を目的とした活動を計画。その活動の一端を担う役割として、歴史的な「蔵」を再生した限定8席の濃密な空間を常設劇場とし、ロングラン公演を実施することで「京都に行けば舞踏が観られる」という状況を生み出すことを目指しています。


袋坂ヤスオプロフィール
舞踏家。1971年北海道に生まれる。18歳で京都に出て能楽を学び、1996年より舞台の道に入る。以来、太田ひろ(メタルパーカッション)をはじめ、様々な音楽家との即興的なコラボレーションを重ね、2014年に舞踏作品「天人五衰」を発表する。その作品では自作の能面を使用した独特の表現法を確立し、好評を得る。2016年、舞踏ユニット「非風」を結成、活動を展開中


京都舞踏館について
この舞台となる会場は、江戸時代後期に建造され、蛤御門の変の災禍をかいくぐったという歴史的にも貴重な逸話を持つ土蔵。滋慶学園グループ総長・浮舟邦彦氏の協力を得てこの場所での企画が実現。京都ならではの濃密な空間で三味線の美しい音色とともに体感する舞踏の世界をご堪能ください。

[お問合せ]
『KYOTO舞踏館』事務局(担当:高畠)
京都市中京区三条通御幸町東南角 1928ビル3階
ART COMPLEX 1928内(通常営業時間 10:00-19:00)
電話 075-254-6520

Updates
  • タイトル は 【SOLDOUT/完売】Antigraviton, Lovely Face-反重力子 花のかんばせ- に変更されました。 Orig#290362 2017-10-27 11:20:18
More updates
Sat Oct 28, 2017
6:00 PM - 6:50 PM JST
Add to Calendar
Venue
Kyoto Butoh-kan
Tickets
General/一般 SOLD OUT ¥3,800
Venue Address
京都市中京区突抜町123 Japan
Directions
Just north of the intersection of Koromonotana St. and Sanjo St. : Nakagyo-ku, Kyoto 604-8202 / 京都市営地下鉄 烏丸線 「烏丸御池」駅 6 番出口より徒歩 5 分
Organizer
Fukurozaka Yasuo "Antigraviton, Lovely Face" 袋坂ヤスオ『反重力子 花のかんばせ』
33 Followers