Event is FINISHED

【増席しました!】popcornスクール〜映画を学ぶ編〜

Description

誰もが自分の映画館をつくることができるサービスpopcornが、映画業界について学べるスクールを開催します!映画の配給宣伝や劇場運営などあらゆる分野のプロから、基礎知識から実践的な手法までを学ぶことができます。映画業界で働いてみたい方はもちろん、自主上映会をこれから開きたいと考えている方に向けた、全5回の集中講座です。

ナビゲーターは、大高健志(MotionGallery / popcorn 代表)が務めます。


【概要】

■日程:11月18日(土) / 11月26日(日) / 12月3日(日) / 12月10日(日) / 12月17日(日)

■時間:17:00〜19:00、最終回のみ14:30〜19:00(途中休憩あり)

■場所:〒135-0022 東京都江東区三好1-7-14 リトルトーキョー

■定員:20名→30名(好評につき増席しました!)

■参加料:29,000円(税込)

※全5回、一部の回のみを申し込むことはできません。
※年齢や経験は問いません。映画業界、自主上映会に興味のある方ならどなたでもご参加いただけます。
※popcornスクールオープン記念特別価格となります。「チケットを申し込む」からお申込みいただいた方に、入金方法をご案内いたします。入金の確認が取れ次第、受講可能となります。


【このスクールで学べること】

・映画の歴史、基礎知識

・宣伝配給・劇場運営・批評家がどんな仕事なのか

・映画を分析的に(プロの目線で)見る方法や、その意義について

・どうやって映画をヒットさせるのか

・宣伝プランの組み方、ノウハウ

・映画館で上映する作品はどうやって選んでいるのか

・個性的な映画館に育てるために必要なこと

・自主上映会を行う方法

・ユニークな企画の立て方


【スクール詳細・ゲスト講師ご紹介】

◆第一回:11/18 映画を自主上映する(初級)

雑貨店やカフェ、無人島など、全国のあらゆる空間で映画を上映する移動映画館「キノ・ イグルー」や、ドライブ・イン・シアターを手がける「Do it Theater」など、各地にユニークな形で広がっている自主上映会。様々な好事例を見ながら、これからの映画上映について、popcorn共同代表の大高健志とナカムラケンタと一緒に考えましょう。popcornを利用した上映会の開き方もご紹介します。


ナカムラケンタ(なかむら・けんた) 明治大学大学院建築学専攻卒業。生きるように働く人の求人サイト「日本仕事百貨」を企画運営。グッドデザイ ン賞審査員・シゴトヒト文庫ディレクター・シブヤ大学 しごと課ディレクターなどを務める。そのほか「リトルトーキョー」や「しごとバー」の企画・デザインを監修。著書「シゴトとヒトの間を考える(シゴトヒト文庫)」。

大高健志(おおたか・たけし) 早稲田大学政治経済学部卒業後、外資系コンサルティングファームに入社、戦略コンサルタントとして、主に通信・メディア業界において、事業戦略立案、新規事業立ち上げ支援等のプロジェクトに携わる。 その後、東京藝術大学大学院に進学し映画製作を学ぶ中で、クリエィティブと資金とのより良い関係性の構築の必要性を感じ、2011年にMotionGalleryを立ち上げ。


◆第二回:11/26 映画を分析する

映画業界で仕事をするには、プロの目線で映画を考えることが重要です。作品がどのような背景・映画史の上に成り立っているのかを知り、体系的な視点で捉えてこそ、適切な方法で作品を取り扱うことができます。第三回の講師は、映画評論家の松崎健夫さん。分析する力を養い、プロとして映画を見る力を高めましょう。


©IKKI OGATA

松崎健夫(まつざき・たけお) 映画評論家。東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻修了。テレビ・映画の撮影現場を経て、映画専門の執筆業に転向。『WOWOWぷらすと』(WOWOW)、『ZIP!』(日本テレビ)、『japanぐる〜ヴ』(BS朝日)などテレビ・ラジオ番組に出演中。『キネマ旬報』、『ELLE』、『SFマガジン』などに寄稿。共著『現代映画用語事典』(キネマ旬報社)ほか。

◆第三回:12/3 映画館を運営する

映画館の激戦区・新宿で、個性的な劇場としてファンに愛され続けている新宿武蔵野館。第四回は、新宿武蔵野館他でユニークで魅力的な劇場編成を長年担当されて来た小畑勝範さんを講師にお招きし、他の劇場と差別化するヒント、生き残りの厳しい映画館をどうやって育てていくべきか、作品選びの力について伺います。


小畑 勝範(おばた かつのり) 1965年生まれ 栃木県宇都宮市の映画館、今ななき オスカーシアター・アーバンシアターに 勤務し、25歳で2館の番組編成を担当。 当時県内で観る機会に恵まれなかった 都内ミニシアター系作品の定期上映を 企画。30歳を過ぎ一旦業界を離れ、 広告代理店に勤務、百貨店や催事場での 移動水族館や恐竜展などのイベントの 企画・運営に携わる。その後再び興行に 戻り、平成20年3月より9年間、 新宿武蔵野館&シネマカリテの番組編成を 担当し、短編作品『岸辺のふたり』の 毎朝10時1年間ロングラン上映、 DVDストレート劇場未公開作の リノベーション企画〈オト カリテ〉や、 熱血・沸騰・映画フェス〈カリコレ〉を 開催。興行(劇場)一筋、映画人生は延べ 25年に及ぶ。

◆第四回:12/10 映画を宣伝・配給する

映画業界の仕事の中でも人気の宣伝・配給。実際にどのような仕事をしているのでしょうか。第五回の講師は、メジャーからインディペンデントまでエッジの効いた作品の製作・宣伝・配給を手がける、株式会社エレファントハウスの増田英明さん。宣伝プランをどう組み立て作品をヒットさせるのか、実例を伺いながらノウハウを学びます。


増田英明(ますだ・ひであき)/エレファントハウス 岐阜出身、学生時代より岐阜PARCOと組んで自主映画祭“Gifu CinePark ”を開催していた。 そこでゲストのリクエストで「The Last Waltz」を当時上映権を持っていたギャガから借りて上映したのを機につながりを持ち、上京してギャガコミュニケーションズへ就職。その後、アスキー映画、20世紀フォックスを経て現在、エレファントハウス代表取締役。 エレファントハウスでは「あん」「淵に立つ」などの製作、配給を行なった。その他、「スプリングハズカム」「真白の恋」など小規模公開作品の可能性にチャレンジしている。

◆第五回:12/17 上映を一から立ち上げるワークショップ

第五回までの講義で得た知識を活かして、上映会を企画してみましょう!4〜5人でグループを組み、どの作品を上映するのか、どんなイベントにするのか、その宣伝方法は?など、戦略的に考えて形にします。各グループごとに発表を行い、大高が講評します。

その後、実際にpopcornが運営する自主上映専用シアター「PSD」にて、各チームで実際に上映会を開催する所までを行い、映画の上映にまつわる流れを実際に実体験して頂きます。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#284570 2017-10-07 04:27:47
More updates
Sat Nov 18, 2017
5:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
リトルトーキョー
Tickets
税込29,000円(申し込み後、別途ご案内) FULL
【増席】税込29,000円(申し込み後、別途ご案内) FULL
Venue Address
東京都江東区三好1-7-14リトルトーキョー Japan
Directions
清澄白河駅A3出口から徒歩2分
Organizer
popcorn
47 Followers