Event is FINISHED

土曜会 #8

Description
facebookイベントからも参加登録が可能です!
当日の飛び入りもOKです。

<土曜会とは?>

「土曜会」は、美術の理論と実践について探求したい人たちのコミュニティです。
勉強会などのイベントを開催しています。

美術作家としてより向上したい方が、問題意識を共有して一緒に考えたり、お互いの考えに触れて新しいことを発見したり、作家として生きて行くノウハウを共有しあったりできる場所にしたいと考えています。


<日程>
9月30日(土) 18:30〜21:00
※開場 18:00

※予約不要

<会場>
なかのZERO 学習室3(なかのZERO西館3F)
〒164-0001 東京都中野区中野2丁目9−9番7号
https://goo.gl/maps/4XQa2eSrXCq

<参加費>
500円(会場支払い)


<タイムスケジュール>

【プレゼンテーション1】
「「絵画」の「構図」を定義する」島袋八起(アーティスト/コレクター)

絵画から構図を見てとる時、私たちはどんな手順で画面から「構図」を抽出しているのでしょうか?
この疑問にこたえる手掛かりとして、イアン・ロバーツ『Mastering Composition』(North Light Books. 2008)を紹介します。

コントラスト
・異なる色どうしが隣接するとコントラストが生まれる
・コントラストは色の明度差または彩度差によって起こる
・コントラストが強いほど目は強く惹きつけられる(視線誘導)
フロウ
・支持体の縁(画面の四辺)は強いコントラストを持つ
・支持体の縁から画面の内部(つまり絵の焦点)へ視線を誘導するためにコントラストを使う
・視線誘導のための連続したコントラストがフロウである
構図とは、この視点誘導を連続して引き起こすコントラストのフロウのことである

【プレゼンテーション2】
インタビュー # 2 「中山いくみ(アーティスト)」(聞き手 カワムラ)

中山いくみ / NAKAYAMA Ikumi

1989年、広島県生まれ。尾道市立大学芸術文化学部美術学科油画コース卒業。ポストスーパーフラット・アートスクール卒業。ポストスーパーフラットにおける旧世代の象徴的な人物の肖像画や、水滴や反射をテーマに絵画おける実存性の可視化を試みるシリーズ等を制作。主な展覧会に、「不在の存在論」(広島県立美術館県民ギャラリー,2017 )、「HAL(L)O! HIROSHIMA」(ギャラリーG/広島,2015)、トーキョーワンダーウォール2011 『中山いくみ展 見えない壁ーInvisible wall』東京都庁(東京,2012)がある。

【ライトニングトーク】
来場者のなかから意欲があれば、5分以内程度で各々好きなテーマでプレゼンを行います。
自分の作品の紹介や、イベントの告知など、どんなことでも結構です。
飛び入りも参加可能です。
※スライド資料を用意いただければプロジェクタで写せます。資料は無くても問題ありません。

【打ち上げ・懇親会】※参加費別途
21:30から中野のどこかの飲み屋で懇親会を行います。
自由に歓談しましょう!

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#280397 2017-09-22 02:57:12
More updates
Sat Sep 30, 2017
6:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
なかのZERO 学習室2
Tickets
参加 FULL
Venue Address
東京都中野区中野2-9-7 Japan
Organizer
土曜会
104 Followers